« 裏ぶれん@竹ノ塚 | トップページ | ど・みそ@西新井 »

2015.04.13

【TV観戦記】15年第5節:川崎 1-1 浦和

・ミシャが過去ズタボロに負けに負けまくった等々力。さすがに対浦和仕様の3バックで待ち構える川﨑に対して正面攻撃を仕掛け続ける愚をミシャなりに悟ったのか、自陣に引いてのカウンター狙いに戦術転換。

・その狙い自体は妥当だと思いましたが、その甲斐もなく前半で失点してプランは瓦解。攻撃はサイド一辺倒かつ決定機らしい決定機はほとんど掴めないまま試合を終えようとしていたところ、最後の最後でセットプレーが炸裂して何とかドロー。

・試合内容は負けと言って差し支えないと思いますが、それでも超苦手の等々力で勝ち点1を掴んだのは実に有意義。内容の良くない試合でも勝ち点を掴み取る。先制されてもいたずらに焦ることなく、リスクをコントロールしながら前に出て勝機を模索する。昨年までならいったん先制されると慌ててしまい、さらにカウンターを喰らって失点を重ねる試合が少なくありませんでしたが、その愚を犯さなかっただけでも評価に値する試合でしょう。

・「展望」で「スコアレスのまま終盤まで勝負をもつれ込みさえすればセットプレー一発で勝機を見出しうる」と記しましたが、ミシャの狙いはそれに合致したもの。前半は5-4-1で自陣に守備ブロックを形成し、川崎の攻撃を中盤で寸断&リスクをかけずに少人数で縦に速い攻めを仕掛けるミシャの意図が明白でした。

・ただそういう戦術を取るならなんで右WBは守備が心もとない関根だったのか。そしてボランチが柏木なのか。平川や啓太がベンチにも入らないのを見るとこのスタメンは致し方ない選択なのかもしれませんが、戦術とスタメンが合致していないのもこれまた明白。

・失点は案の定関根が対面の車屋にぶち抜かれたところから。その前にも1度車屋にフリーでクロスを入れられてしまうピンチがありましたから、起こるべきして起こった失点だったと思います。

・ミシャはそのリスクを冒してまで関根の攻撃力に賭けたのでしょうし、実際関根が可能性のあるクロスを上げた場面もありましたが、上げた先でズラタンはがっちりマークされてシュートに持ち込めず。

・浦和の攻撃は前後半ともサイド一辺倒。ぞれ以外の流れの中からの攻撃でチャンスになりかかったのは前半柏木のロングパスでズタランが川崎最終ライン裏に飛び出した場面だけかな?ズラタンに縦パスを当てて前三人で中央突破を図るといったミシャらしい攻撃なんて全くと言っていいほど見受けられず。

・それは前三人のコンビネーションが壊滅的なのでできないのか、コンビネーションが不完全な中で無理に中央突破を図るとカウンターを喰らうリスクが高いだけなので敢えて封印したのかは判りません。

・ただ概して1トップと2シャドーの位置が遠く、2シャドーはズラタンとの連携を放棄してWBとの連携を重視したポジションを取っている、あるいは独力でサイド突破を図ろうとしているように見えるのは気になりました。

・また極端にいえば「前三人は各自で頑張ってくれ!」みたいな割り切りをするならばコンビネーションによる打開が持ち味の石原よりも独力突破が期待できる武藤や梅崎のほうが妥当にも思えます。そして全く良いところがなかった石原は不運にも故障退場。

・失点して前に出ざるを得なくなった後半も高木→ズタランのチャンスがあったくらい。関根は消耗して沈黙を強いられ、左サイドで槙野が孤軍奮闘するも決定的なチャンスを作り出せず。武藤&梅崎投入後も戦局に大きな変化なし。

・点が入る感じはほとんどしませんでしたが、それでも先述のように焦りまくって傷口を広げるという浦和にありがちな失態を犯さなかったのは評価されてしかるべき。板子一枚で防いでいるみたいな、一歩間違えれば大決壊しかねない不安定極まりない形ではありましたが、素早い攻守の切り替え&中盤での激しい潰しでなんとか川﨑の反転攻勢を防ぎきりました。また試合終盤では運動量で川崎を凌ぎ、玉際で競り勝ち、セカンドボールを浦和が拾う場面が目立ちました。

・流れの中から点が入る気配はほとんどありませんでしたが、最後の最後で川崎の泣きどころ(=セットプレーの守備)を突いて浦和同点。前半にも柏木CK→槙野ヘッドで惜しい場面があり、普段のスタイルを捨ててセットプレー一発に賭けたのは間違いではなかったことを敵地での勝ち点1という形で実証。興梠復帰まで前三人のコンビネーションはズタボロなままでしょうから、こんな試合が増えるのかもしれません。

-----ズラタン-----
--高木----石原--
宇賀神-阿部-柏木-関根
-槙野--那須--森脇-
-----西川-----

得点:89分 ズラタン
 
62分 石原→武藤(負傷による交代)
68分 高木→梅崎
88分 関根→李

・最後の最後でようやくヘッドが炸裂したズタラン。それまでは相手の厳しいマークでシュートを撃ちきれない、あるいはなんとかシュートに持ち込んでも枠を捉えられない場面だらけで正直失望しかかりましたが、FWは1点決めれば全くの無問題。そもそもズラタンがいなかったら執拗なサイドからのハイクロス攻撃なんて成立しなかったのですから、興梠不在の中でよく頑張ってくれたと思います。

--レナト--大久保--
-----森谷-----
車屋-中村-大島-エウシーニョ
-谷口--角田--武岡-
-----西部-----

得点:35分 森谷

86分 森谷→山本

|

« 裏ぶれん@竹ノ塚 | トップページ | ど・みそ@西新井 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61431947

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】15年第5節:川崎 1-1 浦和:

« 裏ぶれん@竹ノ塚 | トップページ | ど・みそ@西新井 »