« 【メモ】浦和 1-0 松本 | トップページ | ナカジマ会館の駅そば復活 »

2015.04.05

【観戦記】15年第4節:浦和 1-0 松本

・エリア内にベタベタ人を貼り付けているだけの相手に随分手こずりましたが、終盤に森脇が豪快にミドルシュートを決めてしっかり勝ち点3を確保。

・松本のチャンスらしいチャンスは後半浦和最終ライン裏に抜け出しかかった池元がバー直撃のシュートを放った1回こっきりで、得意のセットプレーはその機会すらほとんどなく、最大限頑張ってスコアレスドローに持ち込むのがやっと。有体に言って「座して死を待つばかり」だったと思います。

・前節山形戦に続いて面白い試合ではありませんでしたが、守りを固めているだけでほとんど得点の可能性がないレベルの相手からちゃんと勝ち点3をもぎ取れたのは非常に喜ばしいこと。昨年超守備的な甲府に対して2試合ともスコアレスドローに終わったことを思えば、浦和も多少進歩しているのでしょう。もっともそれなりにカウンターの怖さがあった甲府に比べて、山形や松本は攻撃力が格段に落ちる相手だったのは割り引く必要があると思いますが。

04

・なお決勝点を決めた森脇は「まぐれ」と謙遜していましたが、あれはまぐれでもなんでもなくて、広島時代を含めて過去何回か目にしている森脇の得意パターン。逆にいえば森脇にあの得点能力がなかったらCBとしてあんまりな失態を繰り返してきた森脇をあえて使う意味なんて全然ないわけで。

・反町監督にしてみればJ2では喰らうはずがないシュートを決められたことになるのでしょうが、森脇からすれば必然のゴールとは言わないまでもそれなりに可能性のある選択をしたまで。

00

-----ズラタン-----
--高木----梅崎--
宇賀神-阿部-柏木-関根
-槙野--那須--森脇-
-----西川-----

得点:85分 森脇良太

57分 柏木→啓太
62分 梅崎→武藤
77分 高木→李

・興梠が負傷欠場。かつ水曜日に必勝が求められる北京国安戦が控えていることもあってか、前3人はズラタン・高木・梅崎という目新しすぎる組み合わせ。おまけに右WBに関根を起用。槙野を含めてドリブル大好きの選手だらけで、ミシャはドン引きの相手を強引にこじ開けるつもりだったのかもしれませんが、その結果はなんとも微妙。

・浦和にしては珍しくシュートを撃ちまくりはしましたが悉く枠外or相手を直撃。シュート数の割には決定機は多くはなく、前半3度あった決定機を決められずに次第に強引さだけが目立った印象。もっともその強引さがこれまでの浦和に欠けていただけに一概に悪いわけではないのでしょうが。

・きっちりと5-4-1の陣形で自陣深い位置に守備ブロックを組む山形と比べると、松本の守備はあまり組織性が感じられず。特に中盤がぐだぐだ。

・松本は前三人がしきりに浦和の最終ラインを追い掛け回すものの、その後ろが付いてこないので、中盤がスカスカになりがち。従って浦和はいとも簡単に松本のプレッシャーを交わしてビルドアップ。交わされた松本は中盤の選手が素早く帰陣するものの、なんとなくぐだぐだの布陣のままでエリア内をがちがちに固めるだけ。それでも守るには守れていましたが、これじゃ池元や岩上はヘロヘロになるばかりで点を取る力は残らないかと。

03

・そんな松本に対して浦和は序盤から大攻勢をかけたものの、どうにも決め手を欠き、そうこうしているうちに松本に「守り慣れ」の余裕を与えてしまいました。

・立ち上がりに梅崎ミドルシュートのこぼれ玉を高木が空振り&柏木のシュートは大きく枠を逸れたのがケチのつけ始め。前半のうちに関根→ズラタン、梅崎→高木と絶好機がありましたがいずれも決められず。

・この試合、久しぶりに右WBでスタメン起用された関根が何度も松本左サイドを蹂躙していましたが、関根が作ったチャンスをフィニッシュに結びつけられたのが先述のズラタンだけかなぁ? 終盤敵陣を深々と抉ってゴールに迫りながらも、クロスは誰にも合わずにファーへ転々。最後は関根が相手を二人引きつけたのが森脇のゴールの遠因になりはしましたが、なんだかんだといっても周囲との連携に難があったのかも。

・またズラタンはそれなりに最前線でボールを収めてくれるものの2シャドーとの連携がイマイチで、ズラタンが叩いたところに誰もいない場面がちらほら。2シャドーはボールを収められるタイプではなく、ズラタンのフォローのもとに前を向いてナンボのはずですが、前三人の連携で崩す場面はあまり見受けられず。ただ前半は松本の中盤がルーズだったので、それでもなんとかなりましたが、後半は松本の守備がややタイトになって梅崎も高木も窒息気味に。

・槙野を再三攻撃参加させても地上戦だけではどうにもならず、李を投入した時点でズラタン&李へのハイクロス攻撃のウェイトを増やすのかと思いきや、そのような気配もなし。松本の守備は両サイドを捨てたも同然なのでクロス攻撃はありだと思ったのですが・・・

・ただ松本は引き過ぎてバイタルエリアが空きがちになったのが最後は命取りに。

・浦和の守備はほぼ完璧。那須は松本の頼みの綱であるオビナに全く何もさせず。槙野も岩上の突破に良く食らいついていました。またそれ以前に敵陣でボールを失った後の攻守の切り替えが早く、松本に前線へ精度の高いボールを蹴りこませる余裕を与えていませんでした。

・松本にシュートはおろか、前線へボールを運ぶことすら許していない以上、松本得意のセットプレー&ロングスローの機会も限定的。従って1点しか取れませんでしたが、浦和完勝といって差し支えないでしょう。

02

-----オビナ-----
--池元----岩上--
岩沼-喜山--岩間-隼磨
-酒井--後藤--飯田-
-----村上-----

62分 池元→前田
87分 喜山→阿部
90+1分 オビナ→塩沢 勝吾

|

« 【メモ】浦和 1-0 松本 | トップページ | ナカジマ会館の駅そば復活 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61390523

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】15年第4節:浦和 1-0 松本:

« 【メモ】浦和 1-0 松本 | トップページ | ナカジマ会館の駅そば復活 »