« たちばな@北新井 | トップページ | 【メモ】浦和 1-0 松本 »

2015.04.03

【展望】15年第4節松本戦

・前節から中1週空いてJリーグ再開。相手はJ1初昇格の松本山雅。浦和が往々にしてやらかしがちな「初昇格クラブへの初勝利プレゼント」は前節既に清水がやらかし済みなので、ある意味平常心で闘えます。

・松本初昇格であるだけではなく、オフに昨年の主力(船山・犬飼・山本・多々良・サビア)を含む大量の選手流出があり、それを補う大量の選手補強を主にJ2クラブの主力をぶっこ抜く形で敢行しているので、現在のレギュラークラスでJ1で長年活躍していた顔馴染みのある選手といえば田中隼磨しかいません。

・ただ松本は浦和とは対照的に難しいことは全くやらないスタイルなせいか、新加入選手がコンビネーションに難があってイマイチ機能しないなんてことはなく、新加入でスタメンで出ている池元(北九州)、酒井(京都)、後藤(岡山)あたりは実績相応・額面通りの働きをしていると思います。

・また新外国人選手オビナは今のところ当たりといって差し支えない出来で、昨年までの大黒柱だった船山離脱の穴を感じさせず。点取り屋としての能力はまだ何とも言えませんが、少なくとも前線でのボールの収め役として十二分に機能しており、また体型の割には運動量も豊富で守備もしっかりやっています。たださすがに終盤は息切れが著しいようですが。

・得点源は一にも二にもセットプレー。「崩された覚えは全くないのだが、気がつけばドサクサ紛れに点を取られている」という、いかにも浦和がやらかしそうな相手です。深い位置からのFKや岩上のロングスローはもちろんのこと、ハーフライン辺りからのFKでも放り込みで得点を狙ってきます。

・そして点になる可能性があるセットプレーなりスローインなりにたっぷりと時間をかけ、また自陣で無理に繋ごうとはせずに外に蹴りだしてしまうことが多いので、松本の試合はとにかく間延びしがち。この間延びが相手の集中力を殺ぐのかも・・・

・セットプレー以外は深い位置でボールを奪ってのロングカウンター。オビナ目がけて蹴り込むか、池元や岩上を相手最終ラインの裏へ走りこませるかといったくらいのバリエーションはあり、またオビナにボールが収まった時は思い切りよく人数をかけてきます。

・相手の最終ラインに前からプレッシャーをかけることもありますが、広島にはあっさりと交わされて徒労に終わったこともあってか、現時点では機を見て発動する程度でショートカウンターを積極的に狙っている様子はありません。基本的に5-4-1でのドン引き守備。

・しかも中央への縦パスにせよ、サイド攻撃にせよ、不用意に相手に食いつかず、徹底的にスペースを埋めて中央で跳ね返すみたいな感じ。変に食いついてしまうと1対1の能力差でやられてしまうので多少間をおいてスペースを埋めることに専念しているのかもしれません。従って攻めている側からすればある程度自由にやらせてもらっているように見えるけれども、最後の最後で弾きかえされてしまうようなもどかしい時間が長く続きがち。

・松本のスタメンは今のところリーグ戦では完全固定。この辺は選手の大量入れ替えの影響かと。

・浦和は久しぶりにまとまった休みが取れましたが、その間興梠が故障で代表から離脱。3/27に流通経済大とのTMには武藤と宇賀神、平川が出ていないので、この辺の状態も気がかり。

・ドン引きの相手をいかに崩すかが課題になる試合になるのは明々白々なので、ミシャはまたしても柏木ボランチで臨むのでしょうなぁ。

------------------------------
<前節:清水 0-1 松本>

-----オビナ-----
--池元----岩上--
岩沼-喜山--岩間-隼磨
-酒井--後藤--飯田-
-----村上-----

得点:19分飯田

62分 池元→石原
86分 オビナ→塩沢

※続くナビスコ杯FC東京戦でも全く同じスタメン。

|

« たちばな@北新井 | トップページ | 【メモ】浦和 1-0 松本 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61371861

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】15年第4節松本戦:

« たちばな@北新井 | トップページ | 【メモ】浦和 1-0 松本 »