« なりたけ 池袋店@池袋 | トップページ | 裏ぶれん@竹ノ塚 »

2015.04.11

【展望】15年第5節川崎戦

・かつては等々力での対戦成績は良かったように記憶していますが、風間監督就任後等々力で全く勝てなくなったどころか、スコア・内容ともズタボロで負ける試合が目立つようになってしまいました。メインスタンドの大改修がそんな嫌な流れを断ち切ってくれるといいのですが。

・川﨑はオフにそこそこ選手の入れ替えがあり、主力級ではCBジェシ、SB田中裕、ベンチ級でGK杉山、CB中澤、MFパウリーニョ、金久保、稲本、FW森島がアウト。

・代わりにSB車屋(筑波大)・エウシーニョ、CB角田(仙台)、FW船山(松本)、杉本(C大阪)らが加わり、その結果最終ラインは谷口以外は全員新加入メンバーで構成。小宮山や登里、實藤、井川といった昨年まで最終ラインにいたはずの面々はカザフィ―大佐に粛清されたのか、今年はとんと見かけなくなりました。

・中盤より前目のスタメンは昨年からほとんど変わっていませんが、FW小林悠が故障したので第4節から杉本が出場中。しかしその杉本も水曜日のナビスコ杯清水戦で小破して船山に代えられたので、浦和戦での出場可否不明。

・川崎のフォーメーションは可変的というか風間監督がフォーメーションそのものにこだわりがないせいか、相手に応じて結構変えてきます。前目の配置はあまり細かく詮索しても仕方ありませんが4バック、3バック両方ありで、過去浦和戦では3-4-2-1でミラーゲームを挑んできたこともしばしば。

・川崎が浦和相手に3-4-2-1を敷いてきたのは昨年第19節@等々力(川崎2-1浦和)、一昨年第16節@等々力(川崎4-0浦和)、一昨年ナビスコ準決勝1st Leg@等々力(川崎3-2浦和)、さらにその前年第31節@等々力(川﨑4-2浦和)となぜかホームゲームに偏っていて、しかも全て完勝。

・しかも川崎は浦和戦にはいつもの「革命戦術」を半ば封印して、レナトを最大限生かすようなカウンターを主軸に据えてきました。

・これまで浦和戦で嵌りに嵌っている策を風間監督があえて変えるとは思えないのですが、川崎の出方は蓋を開けてみるまで判りません。

・川崎の弱点はセットプレーの守備。あんまりな失点の数々に業を煮やしてか、とうとうCKの守備をゾーンからマンツーマンに変えたようです。セットプレーが得意な浦和はスコアレスのまま終盤まで勝負をもつれ込みさえすればセットプレー一発で勝機を見出しうるかと。逆に言えば殴り合いになってしまうと攻撃力というか決定力の差が如実に出て不利は免れません。

・また川崎がカウンターに脆いのも相変わらず。ただ足元から足元へ繋ぎまくって、簡単にはボールを失わないチームなので、ボールの奪いどころをしっかり見極めないと単にボールを追い掛け回すだけになってしまいます。そして相手に食いつき過ぎて裏を取られるのが最悪パターン。

・ミシャがやり方を変えてくるとは想像できないのですが、毎度毎度同じような形でボコボコにやられる、特に森脇がレナトに徹底的にやられてしまうのはどうしたものでしょう。今度ばかりはWBの守備負担が極めて多いので関根のスタメン起用は難しいでしょうし、柏木ボランチなんて自殺行為以外の何ものでもありません。

・不用意に攻めに出るととんでもない目に遭うのが判り切っている相手なので、広島戦の後半みたいな塩試合でも大いに結構。とにかく終盤までロースコアで推移させるのが勝利の近道だと思います。

------------------------------
<前節:川崎 4-1 新潟>

レナト--大久保--杉本
-----森谷-----
---中村--大島---
車屋-谷口-角田-エウシーニョ
-----西部-----

得点:22分 杉本、58分 レナト、71分 大久保 87分 大久保

80分 レナト→小宮山
85分 森谷→武岡
90+2分 大久保→三好

・序盤は新潟のハイプレスが効いて川崎は全く何もできなかったが、マイケルの凡ミスに乗じて川崎が先制。その後は引いて守る川崎に新潟は手も足も出ず、逆に川崎がカウンターの好機を着実に決めて大勝。もっとも川崎に好機の数がそれほど多かったわけではなく、決定力の高さが目立った。

※続くナビスコ杯清水戦もスタメンは全く同じ。

|

« なりたけ 池袋店@池袋 | トップページ | 裏ぶれん@竹ノ塚 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61418291

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】15年第5節川崎戦:

« なりたけ 池袋店@池袋 | トップページ | 裏ぶれん@竹ノ塚 »