« 羊山公園2015 | トップページ | マルキン本舗 大間野店@新越谷 »

2015.05.08

【展望】15年第11節仙台戦

・J1では全く勝ったことがないどころか引き分けすらないユアテックスタジアム。浦和J2時代に一度勝ったことがありますが、それもVゴールでの辛勝。昨年は集中を欠いたとしかいいようがない、しょーもない失点を重ね重ねての敗戦で、これも浦和が優勝を逃す一因になってしまいました。負け方の悪さでは、G大阪戦よりもはるかに悪質で、昨季最悪の試合だったと思います。

・今年の仙台は監督こそ代わっていませんが、前目を中心に大幅に選手が入れ替わりました。

・激しく入れ替わったのがFW。昨年の主力だった赤嶺と武藤が抜け、さらに控えの柳沢も引退。おまけにサイドアタッカーの太田まで抜けてしまいました。また守備的な選手ではCH角田とCB渡辺が移籍。

・代わってFWは金園(磐田)、CBは渡部(柏)を獲得しましたが、FW大量逸走の影響で攻撃面の駒不足は否めず。ウイルソンの相方に難儀しているようで、金園ないし長崎からレンタルバックの奥埜を主に起用しているものの、金園が1点取っただけ。

・また右SHにユース出身の茂木を抜擢したものの、さすがに太田の穴は隠し切れず、サイドアタックに迫力を欠いているように見受けられます。また攻撃以上に守備の穴で右SBに負担をかけているような気がしないでもなく。浦和から見れば武藤・宇賀神・槙野のコンビで仙台の右サイドをボコボコにできる予感ムンムン。

・選手層が薄い上にCB鎌田が故障して前節FC東京戦から離脱し、浦和戦は欠場見込み。

・得失点的にはこれといった特徴はなく、総得点(11)・総失点(14)とも良いわけではないが滅茶苦茶悪いわけでもありません。ただかつてのように「点は取れないがとにかく守備は堅い」というチームカラーからはだんだん離れているようで、ここまでリーグ戦で無失点はわずか2試合のみ。

・チーム状態は低下傾向で開幕当初こそ2勝3分けとまずまずでしたが第6節から5連敗、ナビスコ杯も含めて6連敗。昨年14位でかろうじて残留したチームから主力が逸走した以上苦戦は免れないというのが開幕前の予想でしたが、その予想に収斂してきたような戦績です。

・得点源は相変わらずセットプレー。リャン・ヨンギと野沢という優秀なプレースキッカーが揃っているので、自陣深い位置での不用意なファウルは命取り。

・守備はリトリート主体で前からはあまりプレッシャーをかけてきません。浦和戦でも特殊なことはやらず、4×2のブロックをスライドさせて浦和のサイド攻撃に対処するものと思われます。ただ広島戦では大きなサイドチェンジを多用されて苦戦した感も。

・さらに連敗中のチームにありがちなことですが、いったんビハインドになるとリスク管理が疎かになり、攻→守の切り替えも遅くなってスピードがある相手にやられがち。

・ボールを奪う位置は概して低いので、攻撃はロングカウンター主体。手数をかけず、縦に速い攻めを繰り出してきます。カウンターでサイドに基点を作って大きく逆サイドに展開し、逆サイドのSHなりSBなりが突っ込んでくるのが仙台の得意パターン。ファーで合わせられるのは浦和の典型的なやられパターンです。ただこの得意なサイド攻撃で太田がいなくなったのが仙台にとって痛恨の極み。点取り屋のウイルソンがサイドに流れてチャンスメークしているようではいかにもしんどい。

・試合に少なからず影響があると思われるのが両チームのコンディション。仙台は中3日ですがホームゲームの連続。浦和はブリスベンへの超長距離移動を挟む中4日ながら主力の半数以上(槙野、那須、阿部、柏木、関根、梅崎、ズラタン)が帯同せず、また主力でブリスベンに出場したのが武藤と宇賀神のみで、それも後半途中から。ただ移動するだけでしんどいでしょうから遠征組のコンディションはおしなべて不安。

・ブリスベン戦で興梠が復帰していきなり得点を上げましたが、90分できるかどうか不安は拭えないでしょうから仙台戦はベンチスタート。おそらくG大阪戦と全く同じスタメンだと思いますが。

・仙台はCB渡部が出場停止から戻ってくるのと、前節ベンチスタートだった金園あるいは故障明けのハモンロペスがスタメンに戻る可能性があるくらいで、こちらも面子に大きな変化はないでしょう。連戦にも関わらずベテランのリャンをリーグ戦全試合フル出場で酷使しているので、そこが穴になるかもしれません。前節FC東京戦では長考に沈むリャンが後方から戻ってきた武藤に全く気付かずにボールを奪われる場面も。

----------------------------------------
<前節:仙台 2-3 FC東京>

---奥埜--ウィルソン---
野沢--------茂木
---梁---富田---
二見-石川-多々良-菅井
-----六反-----

得点:88分 石川、90分 ハモンロペス

57分 茂木→ハモンロペス
70分 奥埜→金園
74分 二見→蜂須賀

・CB鎌田が負傷欠場、CB渡部が出場停止のため、通常左SBの石川がCBへ。多々良は松本から獲得した選手で、今季は主に右SBで出場していました。

・試合終了間際になぜか渡辺監督が退席処分!!!

|

« 羊山公園2015 | トップページ | マルキン本舗 大間野店@新越谷 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61553714

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】15年第11節仙台戦:

« 羊山公園2015 | トップページ | マルキン本舗 大間野店@新越谷 »