« 勝本@水道橋 | トップページ | カラツケ グレ@五反野 »

2015.06.17

【TV短感】2018年W杯アジア2次予選E組第1戦:日本0―0シンガポール

・何かと難しいW杯予選初戦とはいえ、シンガポール相手にホームでまさかの引き分け。過去にも2次予選でドロー濃厚だったところをなんとか最後の最後で相手を振り切った試合があり、2次予選だからといって侮ってはいかんのですが、とうとうやってしまったか!という感は否めず。これで就任以来なぜか持ち上げられまくったハリルホジッチ監督とマスコミおよびその関係者とのハネムーンはあっけなく終了でしょうなぁ。

・まさかの引き分けに終わった主因は「ドン引き相手の対策不足」に尽きるかと思います。普段浦和がドン引きチーム相手に中から外、外から中、そして大きくサイドを変え、たまにはミドルシュートも撃ってみる等々、手を変え品を変えながら攻め立てるのを見慣れているだけに、日本代表の単調というか愚直というか、あんまりすぎる攻めには失笑を禁じえませんでした 。

・もっとも3年以上の月日をかけて熟成した浦和と比較するのは酷だとは思いますが、鋭いカウンターを有していないシンガポール相手に対してこの出来なら、今の日本代表レベルでは甲府、いや金沢とやっても負けたのではないでしょうか。

・4-1-4-1の布陣で自陣深く引きこもるシンガポールに対し、前半はなぜか縦に早い攻めでの中央突破に固執。たまに長谷部や柴崎が後方から乱入して攻撃を活性化させてはいましたが、概して前で選手が渋滞しがち。クロスが持ち味の両SBがほとんど使われず。

・後半になってようやくサイド攻撃を織り交ぜ始め、セットプレーを含めて決定機を何度も作りましたが、今度はシンガポールのGKが大当たり。バーやポストも大当たり。

・そして最後は監督自ら自爆ボタンをポチっとな。激しい渋滞を引き起こしていた香川を外してある程度ボールが持てる大迫を入れたのはまだしも、この試合最大の謎は柴崎→原口の交代。まさか原口をボランチに入れるとは・・・ 

・イラクとの親善試合でトップ下に入った時は親善試合ならではのテストだと軽く考えたのですが、本番でも原口をインサイドに入れるとはビックリ!! ハリルホジッチって普段試合全然見てない、いやFC東京の試合ばかり見ているからこうなってしまうのか(苦笑) そして案の定原口は何の仕事もできず、さらに前にやたら居並ぶアタッカーには後方から碌なボールが入らず。

・さらにスペースがないところに、何ももたらさないほうの武藤を入れたところで何も起こらず。終盤は散々無駄走りさせられた酒井がガス欠を起こしてワロスを連発。「吉田を前に上げるくらいなら豊田選んどけよ!!!」とどこかで聞いたことがある野次がこだまする中で試合終了。

・就任して日が浅いハリルホジッチ監督のアジアでの経験不足が如実に出た試合だとも思いますが、この試合を受けてドン引き相手が普通のアジア予選に臨むにあたって選手選考なり戦術なりに軌道修正を余儀なくされるでしょうなぁ。言い換えれば監督の引き出しが試されるところです。

-----岡崎-----
宇佐美--香川---本田
---柴崎-長谷部---
太田-槙野-吉田-酒井宏
-----川島-----

61分 香川→大迫
71分 柴崎→原口
78分 宇佐美→武藤

|

« 勝本@水道橋 | トップページ | カラツケ グレ@五反野 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61753937

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】2018年W杯アジア2次予選E組第1戦:日本0―0シンガポール:

« 勝本@水道橋 | トップページ | カラツケ グレ@五反野 »