« 女川温泉ゆぽっぽ & 仙石東北ライン試乗 | トップページ | ジャンクガレッジ@北浦和 »

2015.07.06

【TV短感】女子W杯決勝:日本 2-5 アメリカ

・試合開始からわずか16分で4失点。前大会同様、終盤まで僅差で耐えてスタミナ勝負に持ち込めばなんとか勝ち目はあったかもしれない日本ですが、早々と大量失点を喫しての大敗。大量失点を喫して佐々木監督は次々と選手を代えて反撃を試みましたが、リスクをかけた割にはさしたる決定機は作れず、一応試合として見れる状態に持って行くのが精一杯。実力差をまざまざと見せつけられての大敗でした。

・セットプレーでハイボールで競り負けて失点ならともかく、米国が低いボールを入れてくるとは全く予想していなかったのかなぁ? 奇襲攻撃を喰らったような格好で3分、5分と立ち上がりにいきなり2失点。

・今大会得点力に乏しい日本は2点ビハインドだけでもしんどく、その思いが選手達の焦りを誘ったのか、さらに立て続けにミス絡みで2失点。クリアミスを拾われてシュートをぶち込まれた岩清水、不用意すぎるポジショニングで頭上をぶち抜かれた海堀。この2失点で事実上試合は終わってしまいました。

・高瀬と安藤を故障で欠いて前目のタレントに乏しく、しかも大儀見が今大会不調で得点力に乏しい日本は先制されただけでも苦しいのに4点ものビハインドは辛すぎました。今大会はほとんど出番がなく、チームの精神的支柱として専らまとめ役を任せていると思われた澤を佐々木監督は前半30分過ぎに早々と投入せざるを得なくなりましたが、これは苦渋の選択以上の何ものでもなかったかと。交代を命ぜられたCB岩清水はベンチで号泣。

・前大会も米国にでPK勝ちはしたものの、前半を中心に危ない場面の連続で一歩間違えれば大敗していた試合内容。そして今大会は文字通り大敗。従って最もアメリカとの実力差が縮まったのは、敗れはしたけれどもロンドン五輪の決勝であり、そこからまた大差がついてしまったような気がします。

・もともと今大会の日本は戦前の戦績が芳しくなく、ファイナル進出も多分に組み合わせに恵まれた側面は否めないので、決勝で米国相手に大敗を喫してしまったのも道理といえば道理。ただ最後は大敗であったとしても、最善を尽くして2大会連続のファイナル進出を手繰り寄せ、見事準優勝を掴み取ったなでしこは大いに称えられてしかるべきであり、何一つ恥じる結果ではないと思います。

・だからといって、米国に実力差通りの大敗を喫した事実から目をそむけてはいけません。この大敗を受けて日本は今大会先送りされてきた感のある世代交代に着手せざるを得ないでしょうし、先送りされた分だけ世代交代は長く辛い道のりになるでしょう。いきなりリオ五輪予選がその成果を試される場になるのでしょうが。

---大儀見-大野---
宮間--------川澄
---宇津木-阪口---
鮫島-熊谷-岩清水-有吉
-----海堀-----

得点:27分 大儀見 優季、52分 ジョンストン(OG)

33分 岩清水→澤(阪口がCBに下がる)
39分 川澄→菅澤(大野がSHへ)
60分 大野→岩渕

|

« 女川温泉ゆぽっぽ & 仙石東北ライン試乗 | トップページ | ジャンクガレッジ@北浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61845800

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】女子W杯決勝:日本 2-5 アメリカ:

« 女川温泉ゆぽっぽ & 仙石東北ライン試乗 | トップページ | ジャンクガレッジ@北浦和 »