« 【展望】15年2nd第3節広島戦 | トップページ | 麵屋33@神保町(3) »

2015.07.18

【TV短感】AS埼玉 0-1 浦和L

・前半半ばくらいから決定機を随分作りましたが、フィニッシュの精度を欠いて1点止まり。守っては相変わらず最終ラインが不安定で埼玉の単純な攻めにヒヤッとさせられる場面が散見され、内容は今一つ二つといったところ。

・相手が前節の千葉Lより地力が格段に劣ることもあってか、前節全くと言っていいほど出来なかったビルドアップ自体はそれなりに出来て、サイドから相手の最終ラインとボランチの間にボールを入れる形が前後半を通じて何度も見られました。

・もともと得意とするサイド攻撃に加えて中からの打開を図ることで、サイドを封じられた場合のオプションを増やす、あるいは相手を中央に引き寄せてからサイドへ展開するといった相手の守備ブロックを揺さぶる意図があるのかもしれません。

・前後半ともその形を何度も作った割にはその後ほとんど何も起きなかったのもまた事実。中央でタメを作ってからパスワークで打開するなり、ドリブルで強引にぶち抜ければ理想的ですが、そこまで中央でのコンビネーションも出来てないし、本来ポスト役となるべき後藤が相変わらず不調で、半ば清家がその役を担っている始末だし。またボールをキープしていても後方から突っ込んでくるべき猶本や柴田との距離が往々にして遠いし。

・で、結局頼りはサイド攻撃。この日唯一の得点は和田のクロス→吉良のシュートをGKが弾いた先にいた清家がゴール!途中から柴田が随分中にポジションを取って和田を使いまくったのが目立ちました。

・サイドでチャンスメークして、FWや逆サイドのSHではなく、ボランチがフィニッシュに突っ込んでくる場面があったのは良かったかと。前半に和田クロス→猶本シュートを撃ちきれずとか、サイドで清家が裏抜け→長野が突っ込むもシュートはわずかに枠外とか。

・後半サイドで清家の裏抜け→柴田エリア内突入のビッグチャンスでは柴田のシュートがへなへなに。柴田はシュート精度で一皮剥けないとなぁ・・・

・ただサイドを攻撃の一翼を担うべき吉良がほとんど機能しておらず、前半再三攻め上がってきた北川を生かせていないのが気がかり。現状では吉良と後藤はポジションを入れ替えたほうがマシなような。

・守備は不安定さを隠し切れず。乗松故障の穴をこの試合では岸川で埋めましたが、岸川はCBとしては致命的にスピードがないので、相手の単純な縦ポン&スピード勝負では話にならず、ただでさえカウンターを喰らいやすい浦和のCBにはそもそも不向き。吉田監督もさすがにまずいと思ったのか、途中で臼井をCBに据えましたが、これまたATに薊への応対を誤ってヒヤリ。

---後藤--清家---
吉良--------柴田
---猶本--長野---
北川-高畑--岸川-和田
-----池田-----

64分 長野→臼井(臼井がCB、岸川がボランチへ)
75分 吉良→栗島
90分 和田→千葉

・GKがなぜか池田に代わって、平尾はベンチ外。

・そして高校生が二人学徒出陣か・・・

|

« 【展望】15年2nd第3節広島戦 | トップページ | 麵屋33@神保町(3) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61905689

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】AS埼玉 0-1 浦和L:

« 【展望】15年2nd第3節広島戦 | トップページ | 麵屋33@神保町(3) »