« 【閉店】辰盛 夢つなぎ@西台 | トップページ | めいげんそ@南越谷 »

2015.07.10

【展望】15年2nd第1節松本戦

・中1週空いてセカンドステージ開幕。いきなり中3日での3連戦、しかも遠方アウェーゲームが続く厳しい日程が待ち構えています。昇格組2つ+広島と序盤で当たるというのはファーストステージとそっくり。ちなみに神戸と最後のほうで当たるのもそっくり。

・前回の対戦ではエリア内にベタベタ人を貼り付けているだけの松本に随分手こずりましたが、終盤に森脇が豪快にミドルシュートを決めてしっかり勝ち点3を確保。

・松本のチャンスらしいチャンスは後半浦和最終ライン裏に抜け出しかかった池元がバー直撃のシュートを放った1回こっきりで、得意のセットプレーはその機会すらほとんどなく、最大限頑張ってスコアレスドローに持ち込むのがやっと。有体に言って「座して死を待つばかり」の試合内容。逆に言えば浦和が前半何度かあった決定機をきっちり決めていれば変にもつれる試合にはなりようがなかったかと思います。

・またこの試合では興梠が負傷欠場。かつ水曜日に必勝が求められる北京国安戦が控えていることもあってか、前3人はズラタン・高木・梅崎という組み合わせ。現時点ですら機能するかどうか疑わしい3人の組み合わせですから、コンビネーション確立に苦しんでいた当時なら松本相手に苦戦したのも道理といえば道理。

・現在松本は勝ち点15(4勝3分10敗)の15位で、しかも目下リーグ戦5連敗中。上位チームには全く勝てず、しかも2点、3点と複数失点を喰らって負ける試合が目立ち、総失点26は新潟・清水・鳥栖といった30超のチームよりはマシといった程度。また総得点17はこれまた甲府(12)や山形(14)よりはマシといった程度。

・シーズンオフ中に昨年の主力が大量流出し、それを補う選手補強を主にJ2クラブの主力をぶっこ抜く形で敢行。しかし選手(特に前目)の力不足は否めないことを痛感したためか、松本は夏の移籍期間で活発に動き、安藤(C大阪)、MF工藤(広島)、MFエンリケを補強。

・安藤は練習試合に出た日の夜に移籍が発表されたとか、工藤は今年広島に完全移籍したばかりなのに半年で放出されたとか、新戦力は共になかなかの曰くつき。新戦力がいきなり浦和戦で出場するのかどうかはなんとも言えませんが、松本は戦術的に難しいことは全くやらないスタイルなのでコンディションさえ万全なら出てきても不思議はないかと。

・1stステージを通じてスタメンはほぼ固定されており、前回対戦時と比較するとCB中央が故障した後藤に代わって大久保、さらにIH池元に代わってU22代表で売り出し中の前田がスタメン入りしたくらい。前田は東京Vユース出身らしい、松本らしくないスキルフルなアタッカーですが、松本だとやたら長い距離を走らないといけないのが辛そう。フィニッシュに絡む時点でヘロヘロになっているみたいな。

・松本の得点源は一にも二にもセットプレー。それ以外は何もないと言っても差し支えないくらい、得点を極端にセットプレーに依存しています。深い位置からのFKや岩上のロングスローはもちろんのこと、ハーフライン辺りからのFKでも放り込みで得点を狙ってきます。

・セットプレー以外は深い位置でボールを奪ってのロングカウンター。オビナ目がけて蹴り込むか、前田や岩上を相手最終ラインの裏へ走りこませるかといったくらいのバリエーションはあり、またオビナにボールが収まった時は思い切りよく人数をかけてきます。

・オビナはリーグ戦4得点を上げていますが、そのうち3点がPK。カウンター発動時の最初のボールの収めどころとしては実によく機能していますが、「収めて叩いて、さらに最前線でフィニッシュに顔を出す」ところまで求めるのは無理な様子。守備負担がでかいためフィニッシュに絡むところまで求めるのは酷なのかもしれませんが、かといってこれといって他に点が取れそうな選手がいるわけでもなく、カウンターでチャンスの形は作るもののフィニッシュが雑で点にならないみたいで。

・守備は結構前からプレッシャーをかけてきますが、パス回しの上手い相手にはこれが全然嵌らないせいか、5-4-1でリトリート主体に切替。しかし、そのブロックがタイトとは言い難いのは前回対戦で見た通り。

・また良く言えば積極果敢に玉際に鋭く詰め寄ってきますが、悪く言えば不用意にボールに食いつき過ぎる傾向が強いので、ボールホルダーにおもっきり交わされて自陣に大穴を開けてしまうこともしばしば。

・終盤までタイスコアでもつれこんで、クソ蒸し暑い環境下で松本に走り負けてしまうというか根負けしてしまってセットプレー一発でやられるというのが浦和が喰らいがちな敗戦コース。ただ同様にセットプレーが得意な鳥栖や仙台と比べると守備は格段に緩く、かつカウンターで失点する可能性が少なく、しかも同一フォーメーションでのガチンコ対決となる浦和にとってそれほど難しい相手ではないと思います。

------------------------------
<前節:松本 2-3 湘南>

-----オビナ-----
--前田----岩上--
飯尾-喜山--岩間-隼磨
-酒井-大久保--飯田-
-----村山-----

得点:53分 オビナ(PK)、87分 阿部

78分 飯尾→石原
78分 喜山→阿部
84分 前田→鐡戸

・エリア内にいるオビナへのロングボール→オビナが落としたところに阿部が突っ込んだ2点目は松本が本来やりたいであろう攻撃パターン。

・逆に右WB古林がカットインしてきたところに、2人が相次いで飛び込んでは交わされてぽっかりシュートコースを開けてしまった失点場面は、いかにも松本らしいやられっぷり。

<前回:浦和 1-0 松本>

-----オビナ-----
--池元----岩上--
岩沼-喜山--岩間-隼磨
-酒井--後藤--飯田-
-----村山-----

62分 池元→前田
87分 喜山→阿部
90+1分 オビナ→塩沢
 

|

« 【閉店】辰盛 夢つなぎ@西台 | トップページ | めいげんそ@南越谷 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61858145

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】15年2nd第1節松本戦:

« 【閉店】辰盛 夢つなぎ@西台 | トップページ | めいげんそ@南越谷 »