« 【観戦記】15年2nd第3節:浦和 1-2 広島 | トップページ | 小島秀仁選手、愛媛FCへ完全移籍 »

2015.07.21

【観戦記】15年第12節:浦和L 0-1 新潟L

・酷暑にも関わらず中4日&中2日での3連戦。浦和は幸いにも移動がなかったのでまだマシですが、新潟は新潟→岡山→浦和と遠距離移動の連続。こんな日程で見応えのある試合なんて望むべくもなく、勝ちさえすれば無問題と思いながら見ていたのですが、結果は新潟にワンチャンスを決められてそのままなすすべなく敗戦という最悪のもの。

・しかも負けたこと以上に、後半の内容が支離滅裂だったのがショック。疲労と焦りからプレー精度が落ちてしまったのはまだしも、なんか自分たちがやりたいこと、あるべき戦術を放棄してバラバラに敵陣に突っ込み、ボールを放り込んでいるようにしか見えませんでした。吉良投入後の意図不明なポジション変更がそれを加速した感も否めませんが。

Dsc00396

・前半の内容は悪くはありませんでした。この日はほぼサイド攻撃オンリーで、たまに柴田が中へ入って中央突破を図った程度。最終ライン&ボランチで横にボールを動かしながら新潟の守備ブロックの空いているほうにSBを前進させ、ボランチから直接、あるいはSHや後藤経由でボールを展開。決定機に繋がったのは臼井→清家の一回だけでしたが、両SBからのクロス攻撃の形はできていました。

・また単に清家を縦に走らせて新潟最終ラインの裏を狙うオプションも。もっともボールを支配し、形を作っている割にはシュート数が少ないのは浦和の仕様通り。中で合わせる側の工夫不足。

・失点はセットプレーの流れから。不十分なクリアを上尾野辺にヘッドで叩き込まれたもの。疲労困憊の新潟はほとんど攻撃の形を作れていなかった(シュート数は得点に繋がる過程におけるわずか2本だけ!)だけに願ったりなかったりみたいな先制点。

・先制点を取られたとはいえ浦和は攻撃の形が出来ており、少なくとも同点にはなるだろうと思ったのですが・・・後半開始早々に北川が負傷退場したのがケチのつけはじめ。玉際での競り合い、あるいはそれ以前の出足で浦和が勝っているにも関わらず、後半になるとその後のボール展開が滅茶苦茶になり何をやりたいのか意図が伝わってきませんでした。

・加藤→吉良の交代は同ポジションの選手の入れ替えと思ったところ、なんと吉良と後藤の2トップ。そして柴田が左SH、清家が右SHという摩訶不思議なもの。3トップにしては清家の位置が低すぎ。ただでさえ絶賛混乱中だったのに、この選手交代&ポジション変更でチームはガタガタになったかと。

・最後は臼井→長野が学徒出陣。和田も高い位置を取りっぱなしで事実上2-4-4みたいな極端な前がかりにしてみたものの、やたら前が渋滞しただけで引いて守る新潟を崩す気配すらないまま試合終了。後半のチャンスらしいチャンスはCKで高畑に一回あっただけ。長野がダブルヘッダーにも関わらずやたら元気だったのが目につきました。

・この結果、この内容を受けて試合終了後の選手達はさすがにうつむき加減。トップチームでこんな試合だったらクソ味噌に野次られているだろうなぁ・・・

Dsc00393

---後藤--清家---
加藤--------柴田
---猶本--岸川---
北川-高畑--乗松-臼井
-----池田-----

49分 北川→和田(負傷交代)
66分 加藤→吉良
77分 臼井→長野

・故障離脱していた乗松がスタメンに復帰。さらに中2日を考慮してか、吉良に代わって久しぶりに加藤が左SHに復帰。さらに右SBになんと臼井を起用。

|

« 【観戦記】15年2nd第3節:浦和 1-2 広島 | トップページ | 小島秀仁選手、愛媛FCへ完全移籍 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61927396

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】15年第12節:浦和L 0-1 新潟L:

« 【観戦記】15年2nd第3節:浦和 1-2 広島 | トップページ | 小島秀仁選手、愛媛FCへ完全移籍 »