« はるか@秋葉原 | トップページ | 藤原@北与野 »

2015.09.12

【観戦記】15年2nd第10節:浦和 1-0 柏 ~ お待たせしました、土壇場で高木1号!

・立ち上がりから前半一杯決定機を山のように作りながらGK菅野の好守に阻まれというかシュートコースが甘くて1点が遠く、逆にセットプレーや連携ミスでヒヤリとした場面もありましたが、終盤に投入された高木が浦和移籍後初ゴールを決めてなんとか勝ち点3をゲット。

・前半の柏の出来は信じがたいほど酷く、それに乗じて浦和は決定機を作りまくって前半で事実上勝負がついてもなんら不思議はない試合。ところが浦和も前目の選手で明らかに調子が良さそうなのは梅崎だけで、あと概してプレーに今一つ切れがなく、ここぞというところでシュートやクロスに精度を欠いて苦戦。

・従ってチャンスの数の割にはとにかく1点が遠く、見かけに相反して先行き楽観視できるような試合ではなかったと思います。ただ詰めを欠いたとしても前半は攻守の切り替えの早さや出足の鋭さ、そしてパスの出し手&受け手のコンビネーションの完成度で柏を優に上回り、これでもかこれでもかと決定機を作りに作ったのもまた事実。

23

・しかし、試合を決めたのは綺麗に崩したゴールではなく、それどころか半ば運に恵まれたものだったのだから世の中判らない。槙野の強引なドリブル突破&パスを受けてエリア内でボールを拾った高木がこれまた強引に仕掛けてシュート。シュートは緩く菅野が楽々処理するかと思ったところ、荒れたピッチが幸いして変に高くバウンドしたのか、菅野がボールに触れられずにゴール!

・高木は何度となくチャンスを与えられながらそのシュートはことごとくバーやポストに嫌われ、大差がついた試合で味方にお膳立てしてもらったようなチャンスも決められず、それどころか広島戦では先制のチャンスでPKを外したのが契機となって敗戦。もはや若くはない選手なので、この出来ではいつミシャに見限られても不思議はなかったかと思います。

・ただ多少運が味方したとはいえゴールはゴール。前目の選手で期待されて浦和に加入しながら1点も取れずに浦和を去る選手なんてゴロゴロいる中でようやく掴み取ったゴール! 結果は出なくともひたむきにやっているのが誰しもの心を打つのか、喜び方を忘れたような本人を尻目にチームメイトの喜びようが凄まじく、ゴール直後には近くにいる槙野や宇賀神どころかはるか遠くの西川すら駆け寄ってくる始末(笑)

・ケチャップドバドバの例え通り、ゴールが一つ決まれば二つ三つと立て続けに決まりだすのもよくある話。高木が疲労の色が濃いレギュラー陣に代わって試合を決めるゴールを連発してほしいものです。

07

-----興梠-----
--武藤----梅崎--
宇賀神-阿部-柏木-関根
-槙野--那須--森脇-
-----西川-----

得点:88分 高木

73分 興梠→李
79分 武藤→青木(柏木がシャドーに)
84分 関根→高木(梅崎が右WBに)

・柏は前回対戦時と同様に、守備時はアンカー茨田が最終ラインに下がって5-2-3、さらにWGも下がって5-4-1の格好で高めの守備ブロックを形成してのカウンター狙い。前回はそれが奏功して浦和に勝利寸前までいったのですが、甚だ不思議なことに今回は同じ策が全く嵌りませんでした。

・狙いは前回と同じでも連戦で相当お疲れなのか、前半の柏は攻守の切り替えの早さや出足の鋭さで浦和に完敗して、やるべきことを頭で判っていても足がついてこなかったのかも。

・試合開始早々に最終ライン裏に飛び出した梅崎がヘッドを撃ったのを皮切りに浦和は柏の高い最終ラインの裏を取りまくり。柏は肝心の柏木への対応が甘々で、5バックで浦和の5トップに頭数を合わせたところであまり意味はありませんでした。

・また柏は少し引いてボールを受ける2シャドー、特に梅崎への対応もルーズで、浦和は梅崎・関根・森脇のコンビネーションで何度となく柏左サイドを蹂躙。

・ところが、これでもかこれでもかとチャンスを作る浦和もあと一押しが足りない。興梠が20分過ぎに2度決定機を外したのがその象徴。最初は武藤→興梠で裏抜けに成功し、2度目は梅崎→関根のパスを受けてDFを交わすところまで行きながらいずれもシュートコースが甘くて菅野セーブ。

・興梠はアウェー・アフガニスタン戦で出番はありませんでしたが、遠路テヘランから戻って中2日での強行出場。その割には出来は悪くはなかったものの、東アジア選手権で酷使されて以降調子は下降気味で何度も決定機を外しており、この日もまたしても決定機逸。

・また宇賀神の出来が相変わらず低調で、武藤も調子を落としているせいか、左サイド攻撃は終始沈黙気味でほぼ槙野頼み。逆に右サイドはアホほどチャンスを作っているものの関根のドリブルに一時ほどの切れはなく、またパスやクロスの精度を欠いてフィニッシュに持って行けない場面も少なからず。40分くらいの梅崎→宇賀神が最も惜しかったと思いますが、これも菅野の正面。

・一方守備はほぼ完璧。横浜M戦とは打って変わって前からの潰しがよく嵌り、再三柏のパスミスをも誘発して流れの中では柏に何もやらせませんでしたが、それでもCKからエドゥワルドやキム・チャンスのヘッドでヒヤリ。

15

・後半柏は茨田が小破して近藤を投入して本格的な5バックにしたのが多少奏功したのか、浦和の攻勢は徐々に尻すぼみに。阿部→柏木が最前線に飛び出す決定機がありましたが、柏木のシュートは右足で菅野の正面。

・浦和は前半やや飛ばし過ぎたのか次第に攻守の切り替えなり判断スピードなりが遅くなり、さらに不用意なボールロストも目立つようになって柏の反撃を許しがちに。関根の消耗が著しく守備に戻れない姿もちらほら。

・浦和最大のピンチは森脇と西川の連係ミスから。ただ森脇の中途半端すぎるクリアボールを拾った工藤のシュートはポストを直撃して命拾い。こんなので負けたら目も当てられなかったでしょうが・・・

・攻め手が乏しくなりだしたところで、ミシャは疲労困憊の興梠・武藤・関根を順次下げて李・青木・高木を順次投入してしばし我慢。前目で唯一好調だった梅崎を低い位置(右WB)に下げざるを得なくなったため、浦和の得点は遠のいたと思ったのですが、最後に投入した高木が大仕事をやってのけてなんとか勝ち点3を奪取。

01

-----工藤-----
エデルソン-大谷-武富--クリス
-----茨田-----
山中-エドゥ--鈴木--金
-----菅野-----

54分 エデルソン→太田
59分 茨田→近藤(負傷による交代)
87分 武富→小林

・浦和に日程変更を強いて、中3日でアウェー広州恒大戦に臨む柏はメンバーを多少落としてくると思ったのですが、なんとフルメンバー! 勝ち抜けが難しい状況なので、広州恒大戦でメンバーを落とすというわけではないのでしょうが・・・

・エデルソンを生で見るのは初めてですが、前半終了間際にショートコーナーで高精度のクロスをキム・チャンスに入れた他は何の印象にも残らず。しかも90分使えないとあっては吉田監督も頭が痛いかと。

・クリスティアーノも後半開始早々に浦和右サイドを突破した場面(シュートは仕様通り枠外)と、強烈なFKで見せ場があっただけ。

・吉田監督は前半途中でクリスティアーノが左、工藤が右、エデルソンが1トップへと配転しましたが、何の効果もなし。

|

« はるか@秋葉原 | トップページ | 藤原@北与野 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/62265285

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】15年2nd第10節:浦和 1-0 柏 ~ お待たせしました、土壇場で高木1号!:

« はるか@秋葉原 | トップページ | 藤原@北与野 »