« なんきち@西早稲田 | トップページ | はるか@秋葉原 »

2015.09.10

【展望】15年2nd第10節柏戦

【不可解極まりない前倒し開催】

・次節ホーム柏戦は、他クラブが12日(土)開催にも関わらず、なぜか11日(金)に開催されます。おそらく柏が9/15(火)にACLアウェー広州恒大戦があることに配慮しての開催日前倒しと思われますが、下記理由から実に不可解極まりない前倒しと言わざるを得ません。

1.今年浦和はACLを睨んでの開催日調整を全くやらず、山形戦から中2日でアウェー北京国安戦、G大阪戦から中2日でアウェーブリスベン・ロアー戦をこなす強行日程さえ甘受しました。なぜ自クラブのためにはやらなかった日程調整を他クラブのためにやるのか?

2.ミシャはホーム北京国安戦の前日会見

「日本のチームでは、ガンバ大阪、柏レイソル、鹿島アントラーズと、リーグの試合を1日早く戦い、ACLに向けて1日多くスケジュールを取るクラブもありました。北京国安も、ACLの前の週の公式戦は、だいたい金曜日に開催しています。浦和は観客動員や収入面などもあり、なかなかそうしたスケジュールは組めないということもあります」

と述べています。浦和は収入における入場料収入のウェイトが高いので開催前倒しが難しいのだと納得していましたが、それならなぜ今回収入大幅減が確実視されるのに開催前倒しに踏み切ったのか?

3.9/8(火)にロシアW杯アジア2次予選・アウェーアフガニスタン戦がテヘランで開催されます(スロベニアも同日ユーロ予選・エストニア戦開催)。遠隔地での開催なので代表組はコンディションを考えると中2日では柏戦出場は難しいでしょう。コンスタントに代表を輩出している浦和は代表組不在になる可能性が高いにも関わらず、なぜ開催をあえて前倒しするのか? (しかも柏は代表選出ゼロなので、一層浦和の不利が際立つ!)

・前倒しの件についてクラブから何の説明もないのも誠に腹立たしい限り。

【前回対戦】

・浦和は梅崎のゴールで早々と先制したものの、西川や永田に致命的なミスが出て大苦戦。しかも前半半ばにしてズラタンが故障。前半はまだしも後半は攻守の切り替えが遅くなって柏に決定機を与えまくり、逆に浦和の決定機はことごとく菅野にセーブされて敗色濃厚でしたが、ATに武藤が劇的な同点ゴールを決めてなんとか勝ち点1をゲット。

【柏の現状】

・あっさりとACLグループステージを突破した一方、リーグ戦1stステージはは全く奮わず。一時は残留争いに足を突っ込みかけましたが、2ndステージになって急激に戦績が向上して6勝2敗1分(勝ち点19)の2ndステージ3位。

・1stステージはボールを支配する割には攻めきれずにカウンターを喰らいまくった印象がありましたが、2ndになって攻守のバランスが劇的に良くなったのか9試合中6試合が完封勝ち。

・また強烈なシュートを撃てども撃てども入らなかったクリスティアーノが2ndステージになって急に当たりだしたのも不気味。

・但し、柏がリーグ戦より重きを置いているACLは、準々決勝第1戦で広州恒大にホームで1-3と敗れて勝ち抜けに黄信号が点灯。

【戦力】

・大黒柱だったCFレアンドロが1stステージ終了と共に恩師ネルシーニョのもとへ去ったのが前回対戦時からの最大の変化。

・代わりにアトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)からエデルソンを獲得。ただ小柄のアタッカータイプでレアンドロとは全くタイプが異なり、しかもコンディションが不十分なのか90分出来ない模様。

・また大宮で出番を失っていた右SB今井を獲得しましたが、柏でもリーグ戦での出番は少なく、キムチャンスの控え扱い。

・長期離脱していた大津がようやく復帰。

・CB増嶋が依然長期離脱中。近藤は長期離脱から戻った後もベンチ要員止まりで、前回対戦時から最終ラインに目立った変化なし。

・ローテーション含みなのか、アンカーに茨田に代えて秋野を起用する試合が目立ってきました。代わってベテランの栗澤がフェードアウト中。

【戦術の特徴】

・前回対戦時、柏の攻撃時は通常通り4-1-4-1ですが、守備時は臨機応変にアンカー(茨田)とIH(大谷)がポジションを一つ下げて5-4-1にシフトし、超コンパクトな守備陣形を敷いて、浦和の前三人への縦パスを封じてきました。今回も同様の手で臨んでくると思われます。

・また徹底してショートパスを繋いでサイド攻撃ではなく、鈴木なりエドゥワルドなりから最前線へ縦パス一本で打開を図ったり、ロングカウンターを仕掛けたりと縦に速い攻めを繰り出す色合いが多少強まっている感じ。

・柏はアウェー広州恒大戦に全力を傾注すべく、浦和戦には多少メンバーを落としてくる可能性があります。

【浦和の予想】

・幸か不幸か故障で代表から離脱した槙野の出場は見込めるものの、ズラタンの出場は絶望的で、おそらく興梠も難しい。西川が強行出場できるかどうかといったところ。

・よって1トップは謎の大ブレイクを果たしたばかりの李に委ねられるのが確実。李はただの「一発屋」で終わってしまうのか、目に見えて調子を落としている興梠に代わって一気にスターダムにのし上がるのか?

・また先日披露した「なんちゃって4-1-4-1」をあえて継続採用する理由はなく、通常の3-4-2-1に戻ると思われます。ただ横浜M戦同様、中央を締めて縦パスを入れさせない手を打ってくる相手にミシャがどう対応するのかが見ものです。

-------------------------------------
<前節:柏 2-2 甲府>

-----工藤-----
エデルソン-秋野-武富--クリス
-----茨田-----
藤田-エドゥ--鈴木--金
-----菅野-----

得点:27分 クリスティアーノ、42分 工藤

66分 エデルソン→大津
69分 秋野→栗澤
87分 藤田→今井

・クリスティアーノは甲府からのレンタルなのに甲府戦に出られるのか!

※左SB輪湖とIH大谷が故障欠場。

<前回:柏 3-3 浦和>

-----レアンドロ----
工藤-大谷--太田--クリス
-----茨田-----
輪湖-中谷--鈴木-藤田
-----菅野-----

得点:6分 工藤、38分 レアンドロ、78分 レアンドロ

81分 太田→武富

|

« なんきち@西早稲田 | トップページ | はるか@秋葉原 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/62242831

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】15年2nd第10節柏戦:

« なんきち@西早稲田 | トップページ | はるか@秋葉原 »