« 【TV観戦記】15年2nd第14節:G大阪 2-1 浦和 ~ 繰り返す「試合勘がー」、この試合はまるで浦和だね | トップページ | 安土@高田馬場(2) »

2015.10.19

【TV短感】15年ES第2節:浦和L 2-1 日テレ

・吉田監督の強気の選手交代が奏功して日テレに逆転勝ち!! 前節新潟に大敗し、今年はとうとう上位陣には全く勝てないまま終わってしまうのかとしょんぼりしていただけに一際嬉しい勝利でした。

・前回の日テレ戦は前半前からのプレッシャーが良く効いてしっかり守れているものの、後半になると終始押し込まれ、なんとかスコアレスで凌いだという内容。

・この試合も前回同様前からのプレッシャーが良く効いて守備はほぼ完璧。セットプレーのピンチも含め、押し込まれる時間帯も最終ラインで何とか凌ぎ、それなりにシュートを撃たれているものの完全に崩された場面はほとんどありませんでした。サイドを抉られたり、バイタルエリアがぽっかり空いたりしてヒヤリとした場面も散見されましたが。、守備陣の奮戦が逆転劇を引き寄せたといって差し支えないでしょう。

・ただ総じて守備は頑張っているのに田中の個人技で先制点を許したのは残念。長船&高畑の二人が付いていながら田中にぶち抜かれるとは。

・問題は依然として攻撃にあって、前半2度あった決定機を吉良も加藤も決められず。前半は後藤がサイドに流れて攻撃の基点を作ろうとし、それが吉良の決定機に繋がりはしたものの攻めの手数は少なく、しかも数少ない決定機は決められないという浦女あるあるな試合内容。ゆえに先制点を取られた時点でこの試合の勝利は難しいだろうと思いました。

・しかし吉田監督が後半頭から岸川→長野、さらに55分に加藤→清家(後藤が左SHへ)という強気の選手交代を早々に繰り出し、「大敗してもいいから」と思い切って攻めさせたのが見事に奏功。

・後半立ち上がりこそ押し込まれる時間帯が続きましたが、それを凌ぐと浦和は前への推進力を取り戻して反撃。CKからエリア内で清家が倒れながら粘ったのが効いて、長船ゴールで同点。

・その後清家のスピード頼みの単調な攻撃が続き、攻めている割にはフィニッシュに結びつかない戦局にモヤモヤさせられましたが、結果的には縦に速い攻めが嵌り、右サイドから吉良→清家で逆転。その前にもFK→清家ヘッドがバーを叩く一幕もありました。

・内容は悪くなく、面白い試合をしてはいるが勝てない、勝ちきれない試合が多い今年の浦女が強敵を下したことで一皮むけてくれるといいのですが。

 

|

« 【TV観戦記】15年2nd第14節:G大阪 2-1 浦和 ~ 繰り返す「試合勘がー」、この試合はまるで浦和だね | トップページ | 安土@高田馬場(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/62499707

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】15年ES第2節:浦和L 2-1 日テレ:

« 【TV観戦記】15年2nd第14節:G大阪 2-1 浦和 ~ 繰り返す「試合勘がー」、この試合はまるで浦和だね | トップページ | 安土@高田馬場(2) »