« ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約更新に想う | トップページ | 福井県立恐竜博物館はハンパなかった! »

2015.10.26

有彩@西川口(2)

02

 西川口駅西口を出て北側にある「西川口一番街」内。半年ぶりの再訪で先客ゼロ、後客2。かつては風俗店が密集していた一帯にあって、この店が入っているビルも昔はそうだったんじゃないかなぁという気配が濃厚(苦笑)

 前回は「鶏だし醤油らぁめん」だったので、今回は「「豚骨鶏魚介醤油らぁめん(700円)」を注文。並盛(150g)、中盛(200g)同値段なので中盛にしてもらいました。他に「魚介鶏だし塩らぁめん」「豚骨鶏魚介つけめん」など。総じて値段は安めに設定。

 店内のレイアウトが非常に珍妙で手前ほぼ半分がぽっかりと空いており、店奥に縦長カウンター4席+2席、4人掛けテーブル1卓。接客係のオバハンを雇ったみたいですが、珍妙なレイアウトや素寒貧とした内装は相変わらず。一杯一杯丁寧に作っているので、混んでいると随分待たされそう。

00

 スープは外観からなんとなく想像がつくような動物系が心持ち強めに出た味わいで、魚粉はさほど目立たず。若干とろみがあるもののざらざら感は皆無。ややしょっぱめで終盤は若干くどいかなぁ・・・ 

 麺は自家製の太麺ストレート。いかにも麺の密度が高そうな、しっかりした噛み応えがあり、スープとの相性、絡み具合も言うことなし。

 前回はチャーシューが秀逸と思ったのですが、今回はさほどでもなく。他に白髪ネギ、青菜、メンマ、海苔。

 「こってり」系だと残念ながら「またお前か」の域を出ておらず、悪くはないのですがわざわざここで食べなくてもという気が。あえて「こってり」なら麺が美味いので「つけ麺」のほうが良いかも。次は「魚介鶏だし塩らぁめん」を試してみます。

|

« ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約更新に想う | トップページ | 福井県立恐竜博物館はハンパなかった! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/62126453

この記事へのトラックバック一覧です: 有彩@西川口(2):

« ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約更新に想う | トップページ | 福井県立恐竜博物館はハンパなかった! »