« 102@川口(4) | トップページ | ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約更新に想う »

2015.10.25

【TV観戦記】15年2nd第15節:FC東京 3-4 浦和 ~ 今日は勝ったな、風呂でも入るか・・・あれれ???(一応勝ったけど)

・FC東京(以下「瓦斯」)御自慢の堅守とやらは影も形もなく、序盤から浦和にやられ放題。槙野が4点目を奪った時点で今日は楽勝大勝、広島との得失点差を一気に詰めるボーナスステージ突入と思ったのですが、ミシャがなぜかズラタンを下げて李を入れた途端に戦局が暗転。

・浦和は前がかりになった瓦斯の攻勢を落ち着いてボールを繋いで交わすことができず、それまで全くいいところがなかった太田の躍動を許して1点差に詰め寄られるテイタラク。ATにはPKを取られてもおかしくない一幕もありました。同点に追いつかれようものならこの週末は巷でミシャ解任の嵐が吹き荒れてCSへの悪影響は免れなかったと思います。

・とはいえ、なんとかかんとか逃げ切りに成功して勝ち点3をゲット。リーグ戦も大詰めで勝ち点3が取れれば内容なんてどうでも良く、泥臭かろうが不格好だろうか、あるいは多少胡散臭かろうが勝ち点を取ったもの勝ち。

・利害関係のない全くの第3者にはエキサイティングな試合だったかもしれませんが、当事者としてはTVで見ているだけでへろへろに。現地ならさぞかし生きた心地がしなかったことでしょう。

・また興行的には面白いものの共に守備の拙さが目立ち、昨年の4-4の撃ち合いに続いて今年もJリーグのレベルってどうなのよ??? 共に日本代表のCBが出場していてこれなのか???と思わざるを得ない試合になってしまいました。

・フィッカデンティ監督は前回やり慣れない手を打って自爆したのを反省してか、今回は普段のフォーメーション(4-3-1-2)で浦和に臨んできましたが、どういうわけかこれが全く機能せず。というか、フォーメーション云々以前に基本方針がはっきりしていない上に、森重を筆頭に出来の悪い選手が多すぎるように見えました。

・浦和の最終ラインにプレッシャーをかけるでもなく、柏木を封じ込めるでもなく、徹底してスペースを埋めるわけでもない。コンパクトな陣形の中でボールを絡め獲ろうとしても浦和のパス回しに翻弄され、おまけに出足に鋭さを欠き、セカンドボールへの反応も遅い。普段だと瓦斯の前3人が下がって縦陣形を圧縮し、4+3の2ラインでボールホルダーを追い詰めてボールを取りに行く機能美が発揮されるところですが、そんな場面はほとんどなかったかと。

・フィッカデンティ監督は盛んにフォーメーションを変え、4-2-2-2にしてみたり、高橋を最終ラインに下げて5バック気味にしてみたりと工夫を凝らしていましたが、森重や丸山がポストプレーを簡単にやらせすぎ、太田の守備はどうにもならないといった個人レベルの劣勢、あるいは非常に狭い戦局での攻防での劣勢はフォーメーション変更ではどうにもならない様子。

・柏木の先制点は曽ケ端もびっくりポンなGKのナイスアシスト。関根の得点なんて関根のシュートがこぼれた位置は瓦斯のDF2人のほうがはるかに近かったのですが、二人がお見合いをしているうちに再度関根に拾われる大惨事。これじゃ監督はたまったものではありません。

・浦和にしてみれば無為無策で臨んできた相手と闘っているも同然。瓦斯がサイドでボールを取ろうとスライドしてきたところを逆用し、ワイドに展開して瓦斯の空いているサイドを徹底攻略。

・両WBが不調だとこんな4バック相手の常套手段も行き詰まり勝ちで、それが鳥栖戦やG大阪戦の不振の主因だと思いますが、この日は宇賀神も関根も前節とは見違えるような素晴らしい出来。柏木の先制点はGKが相当アレだったとはいえ、宇賀神が諦めずにボールを追ってクロスを上げてくれたからこそ。関根の得点は最近消え失せていた思い切りの良さが出たからこそ。

・瓦斯は両サイドをやられがちな上に、高橋の周辺というかバイタルエリアを浦和に好き放題に使われ、縦パスは通されるは簡単にカットインを許すわと目も当てられない状態。ルーズボールをどフリーの武藤に狙いすまして撃たれてとか、武藤&ズラタンに簡単にポストプレーを許した挙句に槙野に叩き込まれるとか、瓦斯の堅守とは何なのかと考えさせられる場面が続出。惜しくも絶好機を逃したものの、興梠が裏抜けに成功した場面も。

・一方瓦斯の攻撃は相変わらず単調。シュート精度に難がある東が珍しく西川のニアをぶち抜く素晴らしいゴールを決めて1点返したものの、前半はそれだけ。攻撃はほぼ前田へのロングボール頼みに終始し、那須と勝ったり負けたりを繰り返すものの、勝ったところでフォローがなくてフェードアウト。太田は守備に追われて(といっても何の役にも立っていないのですが)前に出てくることすらままならず。

・後半立ち上がりにロングカウンターで浦和ゴールを脅かし、その後もこの日好調の東が見せ場を作りはしましたが、それも散発的で攻撃に厚みなし。3点差つけば貧弱な瓦斯の攻撃なんて楽々凌げると思ったのですがねぇ・・・

・ミシャが何を思ったのかズラタンを下げて李を入れた途端、楽勝ムードは雲散霧消。太田のクロス→高橋ヘッドで1点返された後に両WBを相次いで代えましたがこれが、火に油を注ぐ結果になり、それまで槙野&森脇に多少胡散臭さはあったものの大過なく過ごして来た浦和の守備が一気に怪しくなってしまいました。

・2点リードしているのだから前がかりになった瓦斯の攻勢をゆったりボールを繋いで交わせばいいものを、むやみにボールを前に蹴りだすばかり。しかもそのボールを最前線で李がキープしてくれれば最終ラインを押し上げて一息つけるはずなのに李が全くボールを収められず。

・というか、李がそういうプレーを苦手なのは判り切っているので怪我明けで不安だとかなんらかの事情でズラタンを下げざるを得なかったのなら梅崎なり青木なりを入れて興梠を1トップに上げる策があったと思うのですが、なんで李だったのか???

・宇賀神が小破して梅崎を入れざるを得なかったのはミシャにとって誤算だと思いますが、その梅崎も攻守ともいいところなし。

・最大の誤算は守備に不安がある関根に代えて、守備だけは計算できる平川を入れたにも関わらず、その平川が太田を封じられずに易々とクロスを上げられまくったこと。もともと平川は間合いを開けすぎるきらいがある選手ですが、これは酷すぎました。西川のミスで1点差に迫られ、ATにはどう見ても槙野がPKを取られてもおかしくない一幕も。

・PKに相当する槙野の度重なるファウルを見逃したことで瓦斯サイドから佐藤主審への批判が強いようですが、逆に瓦斯の3点目は高橋のハンド臭く、さらに言えば森重や前田のラフプレーを流しまくった点で浦和サイドから見ても今日の主審は酷すぎました。

-----ズラタン-----
--武藤----興梠--
宇賀神-阿部-柏木-関根
-槙野--那須--森脇-
-----西川-----

得点:11分 柏木、14分 武藤、27分 関根、62分 槙野
 
71分 ズラタン→李
75分 宇賀神→梅崎
78分 関根→平川

・ここ数試合良いところがなかった宇賀神・関根・武藤が一転して大活躍。瓦斯CBのあんまりな出来でズラタンも1トップとして十二分な働きを見せ、興梠とのコンビネーションすら改善の兆しを見せるなどケチのつけようがなかった攻撃陣に引きかえ、守備陣は実にお粗末でした。勝つには勝ったが実に反省点の多い試合で、次節攻撃力のある川崎相手にまたしても乱打戦を演じそう。

・西川の絶不調は驚き。1失点目は東のクロスを予測していたところにニアをぶち抜かれ、3失点目は飛び出してクリアできず。ATに2本決定的なシュートを防いではくれましたが、そうなる以前になんとかならなかったかと。

・1失点目は西川よりもむしろ東に簡単に裏を取られた槙野のポジショニングのほうが問題あり。手癖の悪さも再発。

・手癖といえば槙野以上に酷いのが森脇。自陣深い位置で再三しょーもないファウルを連発し、とうとうイエローをもらって次節出場停止になってしまいましたが、この出来なら川崎戦は最初からいないほうが良かったかと。

---東---前田---
-----河野-----
-羽生--高橋--米本-
太田-丸山--森重-徳永
-----アブラモフ----

得点:16分 東、74分 高橋、84分 高橋

52分 河野→中島
60分 羽生→松田
82分 徳永→林

・森重の強行出場は完全に裏目。ズラタンに良いようにやられ、コンディション不調で想うように動けないせいか、こちらも悪癖だったラフプレーが再発。

|

« 102@川口(4) | トップページ | ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約更新に想う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/62544501

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】15年2nd第15節:FC東京 3-4 浦和 ~ 今日は勝ったな、風呂でも入るか・・・あれれ???(一応勝ったけど):

« 102@川口(4) | トップページ | ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約更新に想う »