« GACHI@曙橋 | トップページ | 丸亀製麺@川口 ~ 肉玉あんかけうどん »

2015.12.20

【TV短感】15年皇后杯準々決勝:仙台L 0-0(PK5-3) 浦和L

・内容は悪くないどころか良い試合でしたが、優勢だった後半半ばまでに何度かあった決定機を逃しまくったのが全て。逆にセットプレーであわやという場面が2度あり、オフサイドに救われた場面も2度あったので、勝てた試合と言い切れるほど内容に差があったわけでもありません。そして今年は仙台と4回対戦してとうとう一回も勝てず。

・仙台はカウンターが鋭く、浦和はCB高畑のスピード不足もあって高い最終ラインの裏を突かれがち。吉田監督就任以来仙台に勝ったことがないそうですが、この日浦和は攻守を素早く切り替え、高い位置で仙台のボールを出し手を潰すことでカウンターを防いでなんとか対応。自陣でのボールロストによる大ピンチはオフサイドに救われましたが、それ以外は流れの中で決定的に崩されることはなく、守備は上出来だったと思います。枠内シュートもGK池田が落ち着いて悉くセーブ。

・問題は依然として攻撃。「守れるが点は取れない」のはリーグ優勝した昨年ですら同じで、今年は守りも怪しくなって中下位に低迷。

・吉良が仙台左SBの裏へ流れたり、柴田が中へ絞って空いたスペースに乗松が攻撃参加したりして浦和は前半から右サイドから何度も攻撃の形を作りましたが、とにかく1点が遠い。

・手数をかけている間に仙台に守備ブロックを整えられると、浦和はたちまち手詰まり。特に吉良がサイドに流れてしまうとチャンスにはなるがフィニッシャーがいなくなってしまいます。浦和のMF陣は揃いも揃ってフィニッシュに難があり、特にシュートレンジが狭いので、相手に引かれてしまうとなかなか打開できない。好機にあと一歩のところでシュートブロックされる場面が目立ちました。

・それだけに前半の乗松→長野、後半の吉良→猶本の絶好機は是非とも決めてほしかったのですが。

・後半も半ばを過ぎると浦和のほうが先に足が止まって防戦一方。ボールを前に進めることもままならなくなり、たまに訪れたチャンスも吉良の足がもう一歩出なくてシュートを撃ちきれず。清家が大怪我で離脱中なので延長戦になっても信頼できる攻め駒がおらず、延長戦まで闘って選手交代はたった1名。

・おまけに加藤まで負傷したのか、左SHには長野を起用。さすがに臼井との連携はメロメロで左サイド攻撃は終始沈黙気味。終盤は攻めるどころか浦和左サイドから2、3度高精度のクロスを上げられて苦戦。

・なんとかPK戦に持ち込んだものの、残念ながら猶本が止められて敗戦。猶本号泣でシーズンが終わってしまう「絵になる」結末でしたが、浦和はPKでも概してシュートスピードがなく、よくそれが入ったなぁと思うようなものもあってPK戦負けもくじ運で片づけられないような気も。

・若い選手だらけで、ボールは保持するもののフィニッシュに難があり、おまけにカウンターに脆いという実にフィンケサッカーっぽい浦女の一年も終わり。長船が長期離脱から復帰して守備が安定し戦績が良くなるかと思いきや、それも一時的で結局昨年からの上積みはさして見受けられず、来年はどうするんだろう???

---後藤--吉良---
長野--------柴田
---岸川--猶本---
臼井-高畑--長船-乗松
-----池田-----

91分 岸川→栗島

|

« GACHI@曙橋 | トップページ | 丸亀製麺@川口 ~ 肉玉あんかけうどん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/62903023

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】15年皇后杯準々決勝:仙台L 0-0(PK5-3) 浦和L:

« GACHI@曙橋 | トップページ | 丸亀製麺@川口 ~ 肉玉あんかけうどん »