« uma@蕨 | トップページ | ビストロ釧路@神田 ~ 釧路名物「スパかつ」 »

2015.12.30

【TV観戦記】15年天皇杯準決勝:浦和 1-0 柏

・序盤から浦和が優勢に試合を進めるものの柏の堅陣を破れずに決定機らしい決定機は僅少。スタメンに抜擢されたズラタンが機能しない上に、悪いことに全くと言っていいほど替えの効かない柏木が前半半ばすぎに故障して攻撃はほぼサイド一辺倒というか関根頼み。後半になってようやくズラタンに可能性のあるクロスが入り始めるも、ズラタンがそれを決めきれず。

・ただ柏の攻撃もカウンターを散発的に仕掛けるだけ。しかも、危ない場面は槙野が防ぎまくったため柏もこれといった決定機は掴めず。試合内容は正直低調で、第三者が見たら眠い試合だったかもしれません。

・延長に入ると頼みの関根も疲労困憊でどうにもならず、おまけにミシャの選手交代も不発でPK戦やむなしと思いきや、残り3分になったところで途中投入の李が梅崎のクロスを叩き込んで、これが決勝点に。

・柏木不在時の攻撃はいかにもバリエーション不足で手詰まり感が著しかったかと思いますが、それでも柏の攻撃がそれ以上にしょぼく、かつ槙野を筆頭に守備陣の奮戦もあってなんとか勝利を手繰り寄せて決勝進出&ACLストレートイン決定! 内容は良くなくともしっかり勝ちきる、勝ち続けることができれば浦和は久しぶりのタイトルに手が届くでしょう。

・この試合で驚いたのがミシャの采配。まずスタメンで興梠と李に代えてズラタンと梅崎を入れたこと。準々決勝から中2日であることを考慮したものでしょうし、それ以前に準々決勝で大差がついた後半にズラタンと梅崎を早々と試運転したのはこのスタメン抜擢を見据えてのものなのでしょう。

・ただこういうコンディションの良し悪しを見極めてのスタメン変更にミシャはこれまであまり積極的ではなく、それゆえか平日の試合を含む3連戦での取りこぼしが目立ちました。そうかと思えば入れ替える時は極端なまでに入れ替えて、当然のようにコンビネーション不足で惨敗を喫するのが常でしたし。

・しかも負けたら終わりのトーナメントで前の試合で大活躍を見せた興梠と李を外すなんてこれまでのミシャなら絶対に考えられない荒業。残念ながらスタメン起用したズラタンの出来は芳しくなく、縦パスが収まらないのはまだしもクロスのターゲット、あるいはフィニッシャーとしてもイマイチで、負けていたらこのスタメン起用がボロクソに叩かれていたでしょう。

・ただそこは勝てば官軍。続く決勝も中2日なので興梠と李を途中投入に留めたのが効いてくるかもしれません。

・さらに驚いたのは押しながら決め手を欠いたまま時間が経過しているのに、ミシャが延長戦突入まで交代カードを2枚残したこと。いつもなら早め早めにカードを切ってしまうミシャにしてはこれまた異例。

・延長戦があるCSで早めにカードを切り終えたのが仇になって、先に消耗した挙句G大阪のカウンターを喰らったのがよほど堪えたのかもしれません。また柏が準々決勝でPK戦までもつれ込んでいるので、延長戦に入れば柏が先に消耗するとの計算のもとに交代カードを温存したのかもしれません。いずれにしれも先に先にと仕掛けがちなミシャらしくない我慢の采配でした。

・もっとも交代カードを切った後の戦局は必ずしも好転しておらず、この我慢が正解だったかどうかは微妙。前2人を代えたものの、そこまでに至る組み立てがアバウトになっていましたし。それでも投入した李、そしてヘロヘロなのを承知であえて左WBに配転した梅崎が決勝点に絡んだのですからスポーツ紙的には「采配ズバリ!」になるのでしょう。

-----ズラタン-----
--武藤----梅崎--
宇賀神-阿部-柏木-関根
-槙野--那須--森脇-
-----西川-----

得点:117分 李

39分 柏木→青木
91分 ズラタン→興梠
91分 宇賀神→李

・この浦和の攻撃はほぼ関根頼み。関根は対面の輪湖に対して縦に仕掛けて良し、中に斬りこんで良しとまさに獅子奮迅の働き。それだけに前半の関根→武藤は決めてほしかった。延長になるとさすがに動けなくなりましたが、それでも足を攣ることなく走り切ったのですから見事なもの。

・逆に宇賀神の出来が芳しくなく、これも浦和の攻めが手詰まりになった一因。準々決勝で早めに代えてもらい、関根より休んでいるはずですが、肝心なところでワロス。ミシャが延長戦で梅崎ではなく宇賀神を代えたのもやむを得ないでしょう。

・守備陣では槙野の出来が出色。クリスティアーノと競り合う場面が多く、苦戦のあまりについ手を使ってしまう場面も散見されましたが、柏がフィニッシュにいたる寸前で槙野が再三ブロック。後半終了間際に右サイドを破られた大ピンチなど、とにかく危ない場面は槙野が防ぎまくったので枠内シュートを撃たれて西川がヒヤッとする場面はほとんどなかったような気も。

-----工藤-----
武富-大谷--茨田--クリス
-----中谷-----
輪湖-エドゥ--鈴木--金
-----菅野-----

106分 茨田→栗澤
108分 武富→大津
119分 中谷→太田

・柏は中谷が最終ラインに下がって5-4-1で自陣にブロックを形成し、リトリート主体の守備。リーグ戦前回対戦時と全く同じで、輪湖が関根にボコボコにされてはいたものの浦和に決定的には崩されておらず、守備はだいぶマシになっていました。

・ただボールを奪ってからの攻撃に厚みがない。工藤やクリスティアーノが最前線でボールをキープしても後続が薄くて終始孤立気味。最初からクリスティアーノのFK頼みだったのかなぁ??? というか、既に退任が決まっている吉田監督の最後の試合がこんな柏らしくない試合内容で良いのかなぁ、他人事ながら。

|

« uma@蕨 | トップページ | ビストロ釧路@神田 ~ 釧路名物「スパかつ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/62962316

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】15年天皇杯準決勝:浦和 1-0 柏:

« uma@蕨 | トップページ | ビストロ釧路@神田 ~ 釧路名物「スパかつ」 »