« 坂内食堂@喜多方 | トップページ | 【TV短感】PSM:大宮 2-1 山形 »

2016.02.13

大塚屋@市ヶ谷

01

 市ヶ谷駅から外堀通りを東へ。新見附橋のたもと付近。開店15分前に到着したところさすがに先客ゼロ(苦笑)。その後開店までに4人。ただその後が続かず、開店後は2人のみ。もともと「くるり」の市ヶ谷本店で、そのリニューアルだそうですが、「くるり」時代は未訪。

 店内の券売機を見ると、なんとメニューは「辛味噌ラーメン」と「辛味噌つけそば」のみ。ボタン先頭の「辛味噌ラーメン(750円)」を注文。

 店内はL字型カウンター7席のみ。椅子の間隔、カウンター背後のスペース共やや手狭。水セルフ。厨房内には店主と接客係のみ。

00

 スープは「くるり」との連続性を伺わせる超ドロドロ。しかもニンニクがめちゃ効いています。脂&塩分過多で飲むといかにも体に悪そうな自殺系の典型で、食べ始めは麺を引きずり出すのにも一苦労。辛さはほんのピリ辛程度で、辛さ耐性の低い私でも全く問題なく、辛さを求める向きには物足りないかと。

 麺は平打ちっぽい太目のほぼストレート。表面は柔らかくてもっちりしていますが、それでいて噛み応えは十分で、ドロドロスープをしっかりと受け止めています。麺は200gあるそうです(その割には大盛りを頼む客が多かった)が、白髪ネギが良い箸休めになるのか、ドロドロスープの割には案外食べやすい気がしました。もっとも食後はさすがにずっしりと胃にもたれますが。

 スープの中にはサイコロ状のチャーシューがゴロゴロ。そして炒めすぎでくったりしたモヤシやひき肉、ニラなどの炒め物が底のほうに沈殿。具をサルベージしながらご飯を食べるのも面白そうですが、麺の量が多い上にご飯を付けるとさすがに食い過ぎなので割愛。

 場所的にも、またラーメンの性格的にも近所の法政の学生さんだらけの店だと思っていたのですが、意外にもサラリーマン風の方がほとんど。でもニンニクが強烈なこれを昼に食って、その後問題ないのかなぁ???

|

« 坂内食堂@喜多方 | トップページ | 【TV短感】PSM:大宮 2-1 山形 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/62669436

この記事へのトラックバック一覧です: 大塚屋@市ヶ谷:

« 坂内食堂@喜多方 | トップページ | 【TV短感】PSM:大宮 2-1 山形 »