« 新福菜館本店@京都 | トップページ | 伊藤@赤羽 »

2016.03.01

【TV短感】リオ五輪アジア最終予選第1節:日本女子 1-3 オーストラリア

・カナダW杯とほとんど変わらない陣容で、多少なりとも目新しい面子といえばFW横山のみ。もはや「マンネリジャパン」「出涸らしジャパン」としかいいようがなく、大崩れは無いだろうけれども、上積みはほとんど見込めません。

・カナダW杯では芳しくなかった前評判を覆して準優勝を勝ち取った点は大いに称えられて然るべきですが、内容が冴えなかったのは事実。米国はもはや背中が見えないくらいはるか前方に去ってしまい、他国との差は急速に縮まっていることを実感させられた大会でした。そしてこの最終予選はアジアレベルですら(といってもアジアレベルが世界レベルに近いのですが)日本の優位が急速に失われていることを確認する大会になってしまうのかもしれません。

・豪州戦では日本らしい軽快なパス回しができた時間帯は限られました。なにより衝撃的だったのはしょっちゅう球際で当たり負けする上に、豪州の足元が上手くなっているため、複数人で囲みに行ってもなかなかボールが奪えなくなったこと。おまけに前半は最終ラインと2列目の間がぽっかり空いてしまう目も当てられない惨状。良い形でボールが奪えなければ良い攻撃もできません。

・この日唯一の得点場面こそ有吉のエリア内突入を活かした日本らしいショートパスが繋がった見事な崩しでしたが、流れの中からの決定機は他に前半の鮫島→阪口くらい。あとはセットプレーからの流れとか、崩しきれる前にミドルシュートを放ってみるとか。

・日本ホームのセントラル開催という圧倒的な好条件にも関わらず、日本の動きが特に豪州に勝っていたようにも見えず。大野が何の役にもたたないまま前半終了を待たずに交代を命ぜられたのが象徴的ですが、一人気を吐いていた阪口を除けばベテラン勢は宮間を含めてことごとく不出来だったような。新顔横山の出来がまずまずだったことを思うと、ますます「出涸らしジャパン」感が・・・

・1失点目と3失点目はいずれも豪州らしいサイドからのハイクロス攻撃に屈したもの。しかもいずれも左サイドから。

・2失点目は阪口の横パスが主審に当たってカウンターを喰らうという不運極まりないものでしたが、GK山根の中途半端すぎる飛び出しも噴飯物。山根はDFとの連携ミスでヒヤッとしたり、足元が下手なのを見透かされて豪州に狙われたりと散々。このレベルのGKを起用しないといけないのは非常に辛いのでは?

・また結果論になるのでしょうが、佐々木監督が選手交代をためらっているうちに試合の流れを逆転させられたのも痛かったかと。前半終了間際に1点返し、さらに後半は陣形もぐっとコンパクトになって日本のペースになりかかったところで、豪州はサイモンを投入して再度攻勢に転じてそれが見事に奏功。佐々木監督は突き放される前に岩渕を用意していましたが、なぜか投入をためらっているうちに決定的な3点目を取られてしまいました。そして岩渕を入れてから阪口を前に残して力攻を仕掛けるちぐはぐさ。

・完全な力負けで初戦は勝ち点を一つも奪えず、おまけに得失点差で2点ビハインドを背負うという最悪の形に。まだ4戦も残っているので勝ち抜けが絶望的になったわけでもなんでもありませんが、マンネリジャパンが悪い流れを一変させられる何かを持っているのかなぁ・・・

---大儀見-大野---
中島--------川澄
---宮間--阪口---
鮫島-熊谷-岩清水-有吉
-----山根-----

得点:(日)45+2分 大儀見 (豪)25分 デバンナ、41分 ヘイマン、78分 カトリーナ

40分 大野→横山
84分 鮫島→岩渕(中島が左SBへ)
84分 川澄→川村

|

« 新福菜館本店@京都 | トップページ | 伊藤@赤羽 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/63283117

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】リオ五輪アジア最終予選第1節:日本女子 1-3 オーストラリア:

« 新福菜館本店@京都 | トップページ | 伊藤@赤羽 »