« 【TV観戦記】16年ACL H組第2節:浦項 1-0 浦和 | トップページ | 【展望】16年1st第2節磐田戦 »

2016.03.04

なんつっ亭@御徒町

02

 御徒町駅南口から南へ伸びるガード下「らーめん横丁」内。ほぼ1年ぶりの再訪。先客3、後客ゾロゾロ。客はいずれも通りすがりのサラリーマン風。

 前回は基本メニューの「らーめん(750円)」だったので、今回は御徒町店限定の「シビレ味噌らーめん(850円)」を注文。辛さのレベルを聞かれたので中級で注文。中級は「初級・中級・上級」3段階のまん中と思っていたのですが、貼り紙を良く見ると初級の前に「スタンダード」というのがあって4段階でした。

 他に「ガッツリ煮干」「濃厚黒マー油つけ麺」「あっさり魚介つけ麺」という御徒町店限定メニューも。

 店内は入口に向かってコの字型カウンター10席、右奥に4人掛けボックスシート3セット。

00

 もやしと豚バラ肉がやたら目立つ、思いのほか具沢山で登場。ただ甚だがっかりしたことに中級で頼んだにも関わらず、全然シビレが来ません。オーダーを間違えられたのでは???と訝しくなるくらいで、豚骨ベースの味噌ラーメンになんつっ亭名物の真っ黒なマー油を効かせただけじゃないかと・・・背脂もたっぷりでスープ自体はかなり重たい出来。

 食べ終わりが近づいた頃になってようらく花山椒らしいシビレが伝わってきましたが、時すでに遅し。どうもひき肉に花山椒をしのばせているものの、ひき肉があらかた丼の底に沈んでしまうのでスープ全体にシビレが来ないみたいで。

 よくかき混ぜて食べればそれなりのシビレ感が生まれるのかもしれませんが、作り方が良くないのか、そもそも完成度が低いのか、食べる側としては正直不満。

 麺はごく緩い縮れ入りの太めで、もっちりとした食感。普通の「らーめん」とは麺を変えているのかな? スープに合わせるにはもうちょっと堅めで仕上げてほしいところ。

 具沢山なのでライスサービスがあると良いのですが、ランチサービスはなし。でもシビレを求めさえしなければ値段相応で悪くない出来だとは思います。

|

« 【TV観戦記】16年ACL H組第2節:浦項 1-0 浦和 | トップページ | 【展望】16年1st第2節磐田戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/63020617

この記事へのトラックバック一覧です: なんつっ亭@御徒町:

« 【TV観戦記】16年ACL H組第2節:浦項 1-0 浦和 | トップページ | 【展望】16年1st第2節磐田戦 »