« 鶏八朗@十条 | トップページ | 【TV短感】リオ五輪B組第1節:日本 4-5 ナイジェリア ~ 塩谷だ!室屋だ!藤春だ! 自爆ボタンの連打に次ぐ連打で壮絶に散るお笑いジャパン »

2016.08.05

【展望】16年2nd第7節湘南戦

(湘南の現状)

・勝ち点19(5勝4分14敗)で年間17位。1stステージは勝ち点16の16位で終えましたが、2ndステージに入ってもわずか1勝と勝ち点を伸ばせず、かつ目下4連敗中。

・常時前のめりっぽいチームスタイル上失点が多いのはある程度やむを得ません。しかし、昨年のリーグ戦総失点が44だったことを考えると、ここまでのリーグ総失点38はいくらなんでも増え過ぎ。オフに秋山・遠藤・永木と守備の柱をごっそり失い、さらに3月下旬にボランチ菊地が故障して長期離脱を余儀なくされている影響がモロに出ているのでしょう。

・また失点が多い割には点が取れず、総得点21は貧打に悩む鳥栖やFC東京と全く同じ。リスクを取っている割には全く報われない状態に陥っていて、これでは降格圏に沈むのも道理。

(戦力)

・降格圏に沈んでいる割には夏の補強は積極的とは言い難く、FWウェズレー(ブリーラムユナイテッド/ブラジル籍)、MF岡本知(鳥栖)を補強しただけ。しかもウェズレ―は未だ途中出場のみで、岡本知はベンチ入りもならず。

・また昨オフの大量流出の穴埋めとして補強したはずの選手が期待外れに終わっているのも辛いところ。最大の誤算はMFパウリーニョが全くフィットしなかったことで、6月半ばにして松本へレンタルの憂き目に。また3月になってから補強した長谷川もコンスタントにスタメンを確保するには至らず。前述のように菊地が長期離脱中なので、最近は石川&下田のセットでボランチを固定しています。

・遠藤に代わって右CBに入るはずの岡本拓は怪我が多いのが災いしてか、これまたスタメンをコンスタントに確保するには至らず、大ベテラン坪井の出番が増えているのも湘南の苦境を象徴している気が。

・さらに昨年湘南に復帰したキリノは今年もほとんど出番がなく、7月になって大分へレンタル。CF藤田祥も故障中なのか1st15節以降ベンチ入りすらなし。よって昨年来湘南の泣きどころだったCFの弱さは全く解消していません。最近はどう見てもWGタイプの端戸を1トップに起用中。

(戦術)

・結果は出てきませんが、やっていることにさほどブレは見受けられず。相変わらずフォーメーションは3-4-2-1。豊富すぎる運動量をベースに素早く攻守を切り替え、激しく積極的なプレッシングでボールを奪ったらスピーディーに前へ前へとボールを動かし、しかも後方から選手がわらわら湧き出るかのように攻め立てる、いわゆる「湘南スタイル」は健在。

・ただ残念ながらサイドを抉ってクロスを入れてもなかなか点が入らない。ボールをCFに集めて点を取ってもらうようなスタイルではありませんが、いくらチャンスを作っても点が入らないのは結局のところCFを中心とする前目のタレント不足によるところ大かと。もちろんそれ以前のクロスの精度にも問題があるのでしょうが。

・チームスタイルとは裏腹に、今年はセットプレーからの得点比率が多め。流れの中から点が取れないので、チョウ監督もセットプレーに力を入れざるを得なくなった結果なのかもしれません。川崎戦を見るとCKではショートコーナーあり、サインプレーありとあれこれ工夫していました。

(浦和の対応)

・前節甲府とフォーメーションこそ同じですが、ドン引きの甲府とは対照的にガンガン前に出てくる相手なので、とにかく当たられるのを嫌いがちな高木が再度スタメン起用される可能性は低いと思います。代わって入るのがこの2試合途中出場だった石原でも、また実績豊富な梅崎でも不思議はありません。

・最終ラインが高い湘南相手なので、裏抜けが上手い李の1トップ起用は間違いなく、ズラタンがスタメンで出る可能性は低いでしょう。よってスタメンは高木が入れ替わるだけで、それ以外は不動と予想。

・戦い方も前回対戦とほぼ同じ。浦和はGK、最終ライン、ボランチとパスを回し、かつピッチをワイドに使いながら湘南のプレッシャーを回避し、湘南のプレッシャーを単なる無駄走りに終わらせられれば浦和のペース。もちろん相手の出足の鋭さに恐れをなして逃げ腰にになってこわごわボールを回しているようでは話になりませんが、中盤でのボールの奪い合いになってしまうと湘南の思うつぼ。

・またパスを繋いでの中央突破にいたずらに拘らないのも大事。前回対戦でも序盤はロングボールを多用して湘南の高い最終ラインを下げるべく、早目にWBへ振って最終ライン裏にクロスを入れたり、あるいは単純に後方からフィードを繰り出して最終ライン裏を突く攻撃が目立ちました。

・前回対戦時はアウェー広州恒大戦から中3日で浦和にコンディション面の不利がありましたが、今回は全くの同条件。しかも湘南のスタイルには不向きな夏場の戦い。スコアレスのまま終盤に突入しても、浦和が自爆さえしなければ自ずから活路が開けるような気がします。

----------------------------------------

<前節:湘南 2-3 川崎>

-----端戸-----
--高山----大槻--
菊池-石川-下田-藤田征
-三竿--バイア--岡本-
-----村山-----

得点:63分 大竹、90分 バイア

55分 大槻→大竹
61分 藤田征→長谷川
68分 端戸→ウェズレ―

・右WB藤田征は対面の車屋に2度ぶっこ抜かれて共に失点に直結。当然ながら浦和にとっても狙い目で、ここで1対1が作れれば。

<前回:湘南 0-2 浦和>

----藤田祥-----
--高山----下田--
菊池-菊地-パウリ-藤田征
-三竿--バイア-岡本拓-
-----村山-----

70分 菊池→端戸
70分 パウリーニョ →石川
82分 藤田祥→神谷

|

« 鶏八朗@十条 | トップページ | 【TV短感】リオ五輪B組第1節:日本 4-5 ナイジェリア ~ 塩谷だ!室屋だ!藤春だ! 自爆ボタンの連打に次ぐ連打で壮絶に散るお笑いジャパン »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】16年2nd第7節湘南戦:

« 鶏八朗@十条 | トップページ | 【TV短感】リオ五輪B組第1節:日本 4-5 ナイジェリア ~ 塩谷だ!室屋だ!藤春だ! 自爆ボタンの連打に次ぐ連打で壮絶に散るお笑いジャパン »