« 【展望】16年2nd第12節FC東京戦 | トップページ | とらちゃん@川口 »

2016.09.16

まるはな@池袋

001

 池袋東口から徒歩5分強。人気店「花田」の隣。「ひまわり」の跡地。先客、後客ともゼロ。外観通り、「花田」と同一経営で味噌ラーメン以外のものを試行錯誤している真っ最中と目されます。

 券売機を見るとメニューは「ラーメン」と「つけ麺」だけと極端に絞り込んでおり、「ラーメン(800円)」を注文。ライス無料サービス付き。

 店内は大幅に改装されていて、コの字型カウンター10席。卓上には酢とラー油があるだけで香辛料の類は無し。

 券売機ボタンには「ラーメン」とありましたが、店としては「タンメン」がウリの模様。もっともタンメンといっても、古典的な塩味あっさり系ではなく、「トナリ」に影響を受けたようなずっしりと重いこってり系でスープはそこそことろみがあります。

002

 鶏ガラや豚足をベースとした動物系出汁が効いてはいますが、かなりしょっぱいのが難。炒め物からくる脂も多いので、ちょっと飲んだだけでほとんど残しました。ウンチク書きには「かぶを中心にした野菜ペーストを合わせた」とあってとろみはそこから来ているのかもしれませんが、もともとが濃くてしょっぱすぎるので野菜を加えた意味はさほど感じられず。

 お好みで、とカットレモンが付いてきましたので、途中でちょっと試してみましたがこれまたほとんど効果なし。

 麺はラーメンにしてはかなり太く、緩い縮れ入り。「花田」と同じ麺かな? もっちりとした食感が心地よく、濃すぎるスープにも負けず、これはこれであり。ボリューム的にはご飯不要でした。

 麺の上にはもやし、きくらげ、にら、ひき肉、にんじん、キャベツなどの炒め物、さらにその上に白髪ネギが少々。チャーシューは脂身が多くて崩れやすいタイプで、全体のしつこさに拍車をかけているような。

 サービスで付いて来たライスは驚いたことに白ご飯ではなく、ピリ辛仕上げのひき肉入り。うーん、しょっぱいラーメンをご飯で中和しながら食べようと思ったのに、出てきたのはこれか・・・ どう考えても欲しているのは「お前じゃない」感ありあり。

 この方向のタンメンなら「トナリ」のほうが好み。でもその「トナリ」も池袋店はあっという間に閉店し、この手のタンメンの人気もピークアウトした感じ。

 「花田」は雨にも関わらず退店時には行列が出てきていましたが、こちらはさっばり。基本的に「花田」と同じいかにも体に悪そうな自殺系で、そういう意味で方向性が似ているものをわざわざ隣りで出さなくてもなぁ。たぶんこれも前店同様長続きしないかと。

|

« 【展望】16年2nd第12節FC東京戦 | トップページ | とらちゃん@川口 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/63945915

この記事へのトラックバック一覧です: まるはな@池袋:

« 【展望】16年2nd第12節FC東京戦 | トップページ | とらちゃん@川口 »