« 【TV観戦記】16年2nd第12節:FC東京 1-3 浦和 ~ 試合内容は芳しくなかったが、またしても相手監督の選手交代下手に助けられる! | トップページ | 時茂 川口店@西川口 ~ 鶏白湯塩 »

2016.09.19

【観戦記】16年第13節:浦和L 3-0 湯郷

・試合開始直前から雨が降り出し、その後も降ったり止んだり。最近は屋根なしスタジアムで観戦すること自体少なくなったためか、ポンチョを着ての観戦なんて超久しぶり。

・浦和は「なでしこ3弱」の争いでコノミヤ&湯郷に連勝。しかも得失点差を大きく稼いで一気に降格圏を抜け出し、結果は申し分ありません。リーグ戦も2/3を消化してなお残留争いに両足どっぷり嵌っている状態ですから、もはやなりふり構っていられず、結果が全て。

・よって内容にあれこれ難癖を付けること自体そもそも筋違いというか場違いなのかもしれません。ただ残り5試合全部自分より上位のチームとの対戦を制する上で、もうちょっと先々期待が持てる内容であって欲しかったかというのが正直なところ。

・前半湯郷のプレッシャーに苦しんで攻め倦みの様相を呈しながらもなんとかPKで先制点を取り、後半は左サイドからの攻撃が嵌りだして2点追加。守ってはGK池田が仕事らしい仕事をしたのが1回だけ。負ける要素は全くなく、勝つべくして勝った試合でしたが、如何せん相手が内紛で絶賛混乱中の湯郷。今後上・中位チームとの対戦を制するにはもう一回りも二回りもチーム力を上げてゆかないとしんどいだろうという印象が強く残りました。

Img_3588

・湯郷は攻撃時4-3-3、守備時4-1-4-1といった格好で高めの位置に守備ブロックを形成して浦和のボールホルダーに積極的にプレッシャーをかけてきました。

・浦和は試合開始から一方的に攻めてはいるものの、その割に決定機を作れないというもどかしい展開。絶えず狭いエリアでガチャガチャやりあって浦和が単なるパスミス、あるいは判断の遅さから自爆を繰り返している感じ。たまにサイドを変えても攻めが遅くてまた狭いところでガチャガチャ。小技に長ける選手は何人かいるものの、狭い局面でボールを失わないのが精一杯で相手の薄いところへ展開するには至らず、チームとしてはたいして強くはないという印象から一歩も抜けきれず。

・湯郷の高めの最終ラインの裏を白木や柴田に狙わせている風にも伺えましたが、中盤で落ち着いてボールを持てないので、なかなか良いタイミングで、かつ精度の高いボールを出せず。ただ白木のPK奪取に至ったのはその裏抜け狙いが実ったもの。

・試合開始直後に北川クロス→ファーで柴田折返し→白木詰めきれずという決定機があり、相手の守備網を広げる趣旨を兼ねてサイド攻撃を多用すればいいのに思いながら見ていましたが前半はなぜかそれっきりでフェードアウト。しかし、後半になって北川の縦への突破で湯郷の守備ブロックに穴を開ける場面が再三見られるようになり、ようやく2度、3度と枠内シュートで終わる場面が出てきました。

・2点目は左サイドからエリア内へ侵入した白木がシュートをチラつかせながら溜めを作ったのが効いたもの。横パスを柴田がゴール。

・残り10分強になった時点で白木に代えてエミリーを投入。エミリーはまだ体が重そうでしたし、そもそもエミリーが入った時の攻撃パターンが確立されていないようにも見受けられましたが、北川のハイクロス→エミリーが競り勝ったこぼれ球を柴田が蹴り込んでダメ押し。誰がどう見てもこれがエミリーの正しい使い方でしょうに。

・最後は柚歩投入でファンサービス。でも逆サイドのWBなので遠くて良く判らずじまい。しかも5バックのWBのはずなのにやたらポジションが高く、さらにドリブルへ中へ入ってしまって、エミリーがサイドに流れているというなんじゃそりゃ???みたいな一幕も。

・守備は前半栗島にちょっと怪しい場面があっただけで全く危なげなし。ビハインドになった湯郷が前に人数をかけてのカウンターを狙っているのは明白でしたが、浦和はボールを失った後の攻守の切り替えが早くて湯郷の前へのボール供給を許さず、またFWにボールが渡っても長船&乗松が無難に対応。

---後藤--白木---
加藤--------柴田
---猶本--筏井---
北川-長船--乗松-栗島
-----池田-----

得点:34分 後藤(PK)、66分 柴田、88分 柴田

79分 白木→エミリー
86分 加藤→高畑(5バックに)
89分 栗島→塩越

・個人的温泉賞は2得点に絡んだ白木。浦和の前目の選手の中では珍しく長身のせいか、大乃国ばりに懐が深いように見え、このレベル相手だとある程度スピードがあり、ある程度シュート力があり、ある程度ポストプレーもこなせるという万能型FWの片鱗を見せてくれます。全部「ある程度」で、清家のスピードみたいに突き抜けたものがないのが難ですが、清家&吉良が長期離脱中で出場機会を得ているうちにちびちび成長しているのが目に見えて判りました。

・また北川も高評価。橋本に似ていて、スピード任せではなく、緩急を付けながらヌルヌルっと相手を抜いてゆくタイプ。クロス精度も高ければ、隙あらば自らシュートを放つマインドをも持っています。

・乗松をCBに回して最終ラインが安定した反面、右SBの人材難は明々白々。一頃塩越の右SB転用を試みていましたが、この日は栗島を起用。栗島に大過はありませんでしたが、右サイドの攻撃はほとんど成り立たずじまい。

|

« 【TV観戦記】16年2nd第12節:FC東京 1-3 浦和 ~ 試合内容は芳しくなかったが、またしても相手監督の選手交代下手に助けられる! | トップページ | 時茂 川口店@西川口 ~ 鶏白湯塩 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/64224563

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】16年第13節:浦和L 3-0 湯郷:

« 【TV観戦記】16年2nd第12節:FC東京 1-3 浦和 ~ 試合内容は芳しくなかったが、またしても相手監督の選手交代下手に助けられる! | トップページ | 時茂 川口店@西川口 ~ 鶏白湯塩 »