« 【観戦記】16年第13節:浦和L 3-0 湯郷 | トップページ | 肉汁麺ススム@末広町 »

2016.09.19

時茂 川口店@西川口 ~ 鶏白湯塩

001

 西川口駅東口を出て線路沿いに北へ進んですぐ。"The Terrace"という飲食店集合施設の最奥部に店を構えており、入口に看板が出ていますが、他の店は昼間営業していないので奥で営業していること自体判りにくいかと。草加の人気店の支店で、草加には4年以上前に一度行ったきり。

 店内の券売機で「鶏白湯塩(850円)」を注文。他に「鶏白湯塩つけ麺」があるのみ。ランチサービスなし。ビル入口に置かれた看板には「鶏白湯醤油」が掲げられていますが券売機ボタンには×が点灯。帰りに店主に尋ねたところ、まだ提供できる目処が立っていない様子でした。

 店内は縦長L字型カウンター9席。水セルフ。厨房内には店主とアシスタントといった風。ラーメンより先に半熟卵が別皿で出てきました。

003

 レモン付きで登場。うーん、丼の口が窄まり気味で、しかも丼の大きさに比べてスープが少なくて食いづらいんだよなぁ・・・この手のこけおどしは勘弁してもらいたいもの。ただ表面の半分以上をサニーレタスが覆うというラーメン離れしたビジュアルは印象的。レタスにスープをかけて食べてくれとのこと。

 スープはとろみが強くて味も濃い目。「濃かったら割りスープを出します」と言っていたのも納得。ただ鶏の旨みがぎゅっと凝縮されていて、決してしょっぱくはないのでスープ割りを頼むには至らず。また濃くて飽きが来てしまいそうなところにサニーレタスが絶好の箸休めとして機能。

 麺は細めの緩い縮れ入り。細めでも濃厚スープに全然負けていない上に、意外にしっかりした噛み応えがあり、つるつるとした食感も心地よくて気に入りました。

 鶏チャーシューは超あっさりした味わいゆえ、濃厚スープの中で存在感を見いだせず。提供前に選手がせっせと鶏チャーシューを炙っていましたが、あんまり意味があるとも思えず。

 終盤にレモンを絞ってみたところ、確かに味は激変して良くも悪くも鶏臭さが大きく後退。しかし、味が濃くて飽きやすいという点にはなんら変化なくて、さっぱりした味わいになるわけでもないので、レモン投入が良かったかどうか微妙。

 草加の本店は出来てまもない頃に往訪したせいかイマイチだった記憶しかありませんが、4年の時を経て大きく前進した模様。濃厚鶏白湯といっても「またお前か」なレベルとは完全に一線を画していて悪くはありませんが如何せん高い。西川口の店であることを忘れているのではないかと訝しくなるほど。半熟卵要らないから100円安くしてほしいもの。とはいえ、醤油が出来たら再訪してみたいと思います。

|

« 【観戦記】16年第13節:浦和L 3-0 湯郷 | トップページ | 肉汁麺ススム@末広町 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/63790874

この記事へのトラックバック一覧です: 時茂 川口店@西川口 ~ 鶏白湯塩:

« 【観戦記】16年第13節:浦和L 3-0 湯郷 | トップページ | 肉汁麺ススム@末広町 »