« 善龍@大山 ~ 烏賊煮干そば | トップページ | いとう@西川口 ~ 中華そば »

2016.10.13

音 別邸@北千住 ~ 生姜鶏白湯

005

 北千住駅西口を出て、駅前のアーケード街から北へ延びる「宿場町通り」を進む。ミニストップの先。開店数分前に到着したところすでに先客2。後客8で退店時には外待ちが発生。

 すぐ近くに「麺屋 音」があり、その2号店という位置づけ。「音」はいつの間にか人気店になったようで、帰り際に見たところこちらも外待ちが数人出来ていました。

 「別邸」のメニューは「生姜鶏白湯」「炙り濃厚味噌」「辛痺濃厚味噌」の3本立て。店内の券売機を見て、左側にあった「生姜鶏白湯(850円)」を注文。他の客の注文は「炙り濃厚味噌」のほうが目立ちました。ランチサービスは無し。

 店内はL字型カウンター8席で、人気店らしく奥から詰めて座らされました。カウンターにはマットと箸がセットされています。冷たいおしぼりを渡されましたが、なんか微妙にニンニク臭い・・・

 厨房内は店主と若い女性スタッフといった構成でしたが、かなりの工程を女性スタッフがこなしていて、店主は最後にちょこちょこっと手を加える程度。

004

 スープはとにかく生姜がめっちゃ強く効いています。逆にいえば鶏の味わいは完全にかき消された格好。ザラザラしてるのが生姜なのかな? とろみが強い上に表面に脂が多いこともあって、生姜をウリにするスープにありがちなすっきりした感じが全然しませんが、鶏出汁のベースが良くできているのか、あるいは大量に添えられた笹切りネギが良い箸休めになっているせいか、全然飽きも来ません。

 店では卓上の山椒を勧めているので途中で入れてみましたが、生姜の自己主張が強すぎてこれといった変化は感じられず。

 麺はやや太目の手もみ平打ち麺。若干固めの仕上がりでスープに埋没することなく、最後までしっかりした噛み応えを保っていました。

 チャーシューは冷えているので、しばらくスープ内に放置。でも総じてスープに気圧されてか、これといった印象は残らず。

 店ではスープに白飯を入れて雑炊っぽく仕上げるのを勧めていますが、生姜臭いご飯はちょっと食べる気にならんわ・・・

 かなり意欲的かつ個性的な一杯でマニア受けする一方、万人受けはしないかもしれません。でも「炙り濃厚味噌」で再訪の価値あり。

|

« 善龍@大山 ~ 烏賊煮干そば | トップページ | いとう@西川口 ~ 中華そば »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/63923038

この記事へのトラックバック一覧です: 音 別邸@北千住 ~ 生姜鶏白湯:

« 善龍@大山 ~ 烏賊煮干そば | トップページ | いとう@西川口 ~ 中華そば »