« 伊藤@川口芝高木 ~ 佐野系らーめん | トップページ | 黒蠍@四谷3丁目 ~ 汁なし黒胡麻担々麺 »

2017.01.22

きち@竹ノ塚 ~ だし醤油らーめん

004

 竹ノ塚駅南側の大踏切の通りを南側へ渡り、セブンイレブンのある角を左へ入る。先客1、後客3。竹ノ塚駅近くへ移転したと聞いて再訪。

 移転後は若干店が大きくなって券売機も設置。前回は「白きちラ―メン」だったので、今回は「だし醤油らーめん(750円)を注文。ここは量が少な目なので「小ライス(50円)」も追加。他に日替わりがあり、この日は「赤きち」。日替わりは他に「特濃」「味噌」がローテーション入り

 店内はL字型カウンター10席。水セルフで入口近くに給水器を設置。以前は店主一人で切り盛りしていましたが、移転後は女性アシスタントが付いていました。

003

 相変わらずかなり深い丼で登場。スープは焼あごの煮干の和風出汁と澄んだ鶏がらスープを合わせたものだそうですが、煮干が少々苦味を感じるくらいに効きまくっています。刻みタマネギは多少魚臭さを消すのを意識してのことかな? また縁にうっすら魚粉が付いていますがスープ自体にざらつきを感じるわけではなく、若干底に溜まっている程度。

 ただちょっとかえしがきつくてしょっぱめ。また表面の脂もそこそこあって、絶対レベルで見れば「あっさり系」と称するのは違和感あり。「白きち」に比べればあっさりですが。

 麺は浅草開化楼の細麺ほぼストレート。心なしかぼそぼそとした食感ですが、スープによく合っています。ただいかにものびるのが早そうで、「白きち」と違って「大盛」を受け付けていないのも納得。

 チャーシューは炙り入りで、しかも適度に脂がさしてまずまず。小ライスのおかずにもぴったり。他にメンマ、海苔、刻みネギ。

 どちらかといえば「白きち」のほうが好みですが、「だし醤油」の出来も悪くありません。次は「日替わり」で。

|

« 伊藤@川口芝高木 ~ 佐野系らーめん | トップページ | 黒蠍@四谷3丁目 ~ 汁なし黒胡麻担々麺 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/64532286

この記事へのトラックバック一覧です: きち@竹ノ塚 ~ だし醤油らーめん:

« 伊藤@川口芝高木 ~ 佐野系らーめん | トップページ | 黒蠍@四谷3丁目 ~ 汁なし黒胡麻担々麺 »