« 【TV観戦記】FUJI XEROX SUPER CUP 2017:鹿島 3-2 浦和 ~ ちょいと調整のつもりで飲んで、いつの間にやら大惨事 | トップページ | 【学生駅ハイ】三鷹発文豪達の散歩道 »

2017.02.19

【TV短感】PSM:山口 1-4 広島

・昨年山口は予想外の好成績を上げたのみならず、攻撃的で魅力的な試合内容が評価されたためか、主力選手をことごとくぶっこ抜かれ、ほぼ総とっかえに近い形で開幕を迎える羽目に。

・一方広島は柴崎・ロペス・林が小破して出場できず、ウタカの契約延長もこじれたままなので前目がごっそり入れ替わった陣容。しかも宮崎キャンプからいったん広島へ帰らずにそのまま山口入りしているので、コンディションも良くなかったかもしれません。

・双方それなりに難しい事情を抱えてはいましたが、力の差は歴然。特に山口は最終ラインを高く押し上げて細かくパスを繋ぐ攻撃的なスタイルを維持しているので、カウンターが得意な広島との相性は極めて悪く、立ち上がりから何度もカウンターを浴びてしまいました。また広島のストロングポイント=両WBの縦への突破は個人能力差がモロに出て防ぎきれず、後方からWBへの縦パス一本でいとも簡単に決定機を作られてしまいました。

・とはいえ、前半も半ばを過ぎると山口も広島のパススピードなり切り替えのスピードなりに慣れてきたせいか、高い位置でのボール奪取がしばしば見られるようになりました。この日唯一の得点は青山の縦パスをカットしてからのカウンターが決まったもの。この場面のみならず、広島のビルドアップは積極的に前に出てくる山口に対して怪しい場面が散見されました。特に塩谷が怪しかったような気が。

・もっとも山口が良かったのも前半半ばから前半終了まで。後半は広島お馴染みの○サッカー(引いて後ろに人数をかけて守って、淡々と跳ね返してはロングカウンターを狙う)に徹してきたため、山口は文字通り手も足も出ず。広島の守備ブロックの回りでボールを回すだけで決定機は作れず、ロングカウンターだけはしっかり喰らい続けました。広島がボールを奪い返す位置は深いのに、山口の中盤の守備が緩すぎて広島にいとも簡単にドリブルで持ち上がられるのはいただけません。

・メンバーほぼ総入れ替えでもやろうとしているサッカーは昨年同様。しかも広島相手に見せ場を作れるところまで行ったのだから、大敗したとはいえ山口としてはそんなに悪い試合ではなかったのかもしれません。

・広島の新戦力ではフェリペ・シウバが大当たりの気配。ボールを持てる上に切り返しが深くて山口DFレベルではどうにもならず。しかもある程度回りが使えるみたい。

・一方工藤は一応3点目に絡んだけれども自身の見せ場は全くなく、森保流を消化するだけで目一杯みたいな感じでした。

-----工藤-----
--フェリペ----森島--
柏--稲垣--青山-ミキッチ
-水本--千葉--塩谷-
-----廣永-----

(得点)
4分  塩谷:距離のある直接FKをずどーーん!
19分 フェリペ:塩谷→森島がスカスカの相手に長い距離を運んで、エリア内でフェリペがDFを交わして左足!
49分 柏:青山が持ち上がった後、フェリペ→工藤→フェリペ→柏とエリア内できっちり崩す
70分 茶島(PK):塩谷のパスを受けて茶島が長い距離を走り、エリア内で倒されてのPK

(交代)
65分 ミキッチ→清水
65分 フェリペ→茶島
80分 工藤→皆川
80分 青山→丸谷
83分 千葉→野上

|

« 【TV観戦記】FUJI XEROX SUPER CUP 2017:鹿島 3-2 浦和 ~ ちょいと調整のつもりで飲んで、いつの間にやら大惨事 | トップページ | 【学生駅ハイ】三鷹発文豪達の散歩道 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/64913732

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】PSM:山口 1-4 広島:

« 【TV観戦記】FUJI XEROX SUPER CUP 2017:鹿島 3-2 浦和 ~ ちょいと調整のつもりで飲んで、いつの間にやら大惨事 | トップページ | 【学生駅ハイ】三鷹発文豪達の散歩道 »