« MENSHO TOKYO@後楽園 | トップページ | 【閉店】みちお食堂@新日本橋 ~ タンメン »

2017.02.23

【TV短感】ACL2017G組第1節:川崎 1-1 水原

・G組はイースタン(香港)がアウトサイダーで、広州恒大・水原・川崎の三つ巴と目されるグループ。従って、川崎は初戦のホームゲームで水原相手に是非とも勝ち点3を確保したかったはずですが、残念ながらドローに終わってしまいました。

・前半は川崎の攻撃が面白いように嵌り、というか水原の自陣深い位置でのミスが非常に多いことも相まって川崎が水原を圧倒。難なく先制点を奪い、やや不運な形でOGを献上して早い時間帯に同点に追いつかれたものの、川崎の優勢は変わらず。

・しかし、阿部が絶好機を決められなかったのを境に川崎の攻勢は尻すぼみになり、後半はやや水原に押され気味に。後半の川崎のチャンスは家長→小林にわずかに合わなかった場面だけ。逆に田坂がバックパスを水原に奪われる絶体絶命のピンチをGKチョン・ソンリョンが防ぐ一幕があり、90分を通じてみればドロー已む無しといった試合内容でした。

・川崎は大久保が移籍した他、エウシーニョが故障した影響で昨年から若干面子が入れ替わっています。

・監督が代わってもやっているサッカーには何の変りもありませんが、大久保がいなくなった影響は隠し切れない模様。端的にいえば2列目は点を取らせる人だらけで、点を取る人は1トップの小林しかおらず、決め手不足に陥っている感じがしました。家長は大宮時代同様1.5列目的な位置にうろうろしていましたが、自ら点を取りに行くタイプではないので、大久保の代わりにはならないかと。

・またエウシーニョがいないせいかサイドからの抉りは非常に少なく、また困った時の大久保のミドルシュートというオプションもないので、ただですら中央突破に固執しがちなチームがますます中央突破に頼りがちになっている気がしました。従って水原が序盤のドタバタから立ち直って、落ち着いて5-4-1っぽい守備ブロックを敷いて対応しだしてから川崎の攻勢は火を消したようなありさま。

・選手交代は何の効果もなく、鬼木新監督の手腕の見せ所はまだまだこれからといったところでしょうか。水原も致命傷になりかねない自陣でのミスが極めて多く、攻撃も結構雑でさほど強いようには見えなかったので、このグループはおそらく広州恒大がダントツになるのでしょう。

-----小林-----
中村---家長---阿部
---大島--ネット----
車屋-谷口-舞行龍-田坂
-----ソンリョン-----

(得点)
11分 小林:水原のミスを突いてのショートカウンターから中村→小林が胸で押し込む
23分 OG(谷口):右サイドを深々と破られ、クロスを谷口がクリアしきれず

(交代)
72分 阿部→奈良(田坂が右SH、舞行龍が右SBへ)
82分 大島→三好(中村がボランチに下がる)
85分 家長→ハイネル

|

« MENSHO TOKYO@後楽園 | トップページ | 【閉店】みちお食堂@新日本橋 ~ タンメン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/64928533

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】ACL2017G組第1節:川崎 1-1 水原:

« MENSHO TOKYO@後楽園 | トップページ | 【閉店】みちお食堂@新日本橋 ~ タンメン »