« KaneKichen Noodles@東長崎 ~ 醤油らぁめん | トップページ | ぼっけもん@幡ヶ谷 ~ にんにくラーメン »

2017.03.16

【TV観戦記】ACL2017・F組第3節:上海上港 3-2 浦和 ~ 事故と凡ミスとフッキ

・3点ビハインドから終盤持ち直し、アウェーゴールを2つ奪っての1点差負け。負けは負けですが、ホームで直接対決の成績を逆転できる可能性を十分残しての敗戦なので許容範囲内の負けでしょう。ただ内容は良くなかった。前半の浦和はいかにもへっぴり腰。それでも事故っぽい1失点で済むかと思われたところ、2点目の失い方が悪すぎて自分で試合を難しくしてしまい、後半反撃に転じたところでフッキの洗礼。その後も4点目を取られて事実上試合終了になりかねない大ピンチが3度もありました。

・終盤持ち直したとはいえ浦和の決定機らしい決定機は多いとは言えないどころか攻撃をシュートで終えた場面自体が少なく、2点返せたこと自体が奇跡的な気もしますが、全くどうにもならない相手ではなかったのもまた事実。上海が終盤失速気味なのは明らかに付け目。相手との力関係・距離感・手口がそれなりに掴め、十分に通用した部分、どうにもならなかった部分がおぼろげながら判った上で迎えるホームでの一戦が楽しみになりました。

----------------------------------

・ミシャは甲府戦からラファエル→ズラタン、武藤→李、関根→駒井と3人変更。武藤がベンチスタートでKLMのセットではなかったことと関根が帯同すらしなかったのは意外でしたが、続くアウェーG大阪戦までを見据えてのローテーションをミシャなりに考えた結果なのでしょう。

・しかし、結果は凶。浦和の試合の入りはかなり慎重というか守備的に過ぎるというか、ボールを前に運ぶことさえ怖がっているように伺えました。そして10分に早々と失点。上海FKを難なく阿部がクリアしたものの、クリアボールが27番(シークー)に当たってしまうというなんとも不運なもの。

・早い時間帯に失点したことで浦和も多少ボールを前に運ぶ意欲が生まれました。上海は4-3-3の布陣でエウケソン・フッキ・7番(ウーレイ)の3トップ、さらにオスカルをも加えて前から厳しくプレッシャーをかけてきましたが後続がなく、その4人を交わしてしまえばビルドアップ自体は特に問題はないように見受けられました。ただ最終ラインや両ボランチにプレッシャーをかけられ続きのせいか、浦和らしいワイドな展開は全く見られず、パスは各駅停車の連続。

・さらに1トップがポストプレーの苦手なズラタンで、しかも2シャドーは守備に奔走しがちなせいもあってか、カウンターを喰らいやすい中央への縦パスはほとんど入れられず、前半は専らサイドというか駒井を軸に攻撃。しかし駒井が単騎で仕掛けるだけなのでクロスは簡単に跳ね返され、ズラタンの裏狙いはオフサイドにかかりまくりで全く点が入る感じはせず。

・さはさりながら多少なりとも浦和のリズムになりかかったところで前半終了と思ったら、浦和CKからカウンターを浴び、オスカルからのロングボールは西川が飛び出してクリアしたところまでは良かったのですが、そのクリアが直接相手に渡る大失態。西川が必死にゴールへ戻るも間に合わず、エウケソンに正確にぶちこまれてしまいました。今年になって西川のキック精度が著しく劣化しているのが気になっていましたが、それが大一番で失点に直結。先制点を取られた後も劣勢とはいえ相手に決定機を与えていたわけではなく、反撃の糸口を掴む途上にあっただけにこの失点は痛恨極まりないものでした。

・ミシャはやむにやまれず後半頭からズラタン→ラファエル、青木→柏木と2人交代。この交代の効果が表れないうちに3失点目を献上。、上海のゴールキックがフッキに収まり、そこからフッキが個人技で仕掛けるという単純極まりない攻撃でしたが、森脇・遠藤・駒井と3人がかりで対応するもどうにもならず、最後は西川が股下をぶち抜かれてしまいました。

・上海の攻撃は概してフッキを筆頭に個々人の力任せの攻撃を繰り返すだけで、浦和守備陣がボールホルダーにワラワラ集まってきた逆を取るようなパス展開をしてこないので、浦和守備陣が凡ミスさえしなければ問題なかろうと思っていたのですが、この場面だけは全くどうにもなりませんでした。フッキのような重戦車相手だと遠藤CBではお話にならず、屈強なガチムチ系CBが必須ということなのかもしれません。

・その後も大ピンチが連続。61分には遠藤の緩いパスをオスカルに掻っ攫われたのを契機にフッキ→オスカルで最終ラインを破られ、70分にはオスカルのスルーパスでウーレイに裏抜けされる場面がありましたが、共に西川が好守。77分には攻撃参加した槙野の不用意極まりないボールロストからカウンターを喰らい、オフサイドに救われる一幕も。

・ミシャは65分に早くも3人目の交代(李→武藤)。3点リードした上海に多少緩みが出たのが、あるいは柏木投入でパス展開が多少楽になったせいか、浦和は駒井偏重だった攻撃が修正されて左サイドからの攻撃も垣間見られるようになってきました。

・とはいえ、なんだかんだと言ってもこの日効いたのは駒井の仕掛け。ドリブルでエリア内に入ってもシュートを撃とうとする素振りさえ見せず、ミエミエの横パスばかり出すのはどうかと思いましたが、70分の大ピンチを凌いだ直後の反撃で結果的にPKを誘発。ラファエルが難なく決めてまずは1点。

・さらに85分浦和CKに対して上海GKが不用意に飛び出したのが仇となり、こぼれ玉を遠藤が押し込んで浦和2点目。遠藤はこれが浦和移籍後の初得点。

・これで浦和が押せ押せの雰囲気になりかかりましたが、AT突入直後に興梠が極めて危険な後方からのタックルで一発レッド。興梠はさしたる見せ場なく、守備に回る時間が多くてフラストレーションが溜まっていたのかもしれませんが、ベテランらしくないアホすぎるプレーで反撃ムードに水を差してそのまま試合終了。興梠退場の直前にも宇賀神がくだらないイエローをもらっており、左サイドの選手間で現地でしか判りにくいいざこざがあったのかもしれませんが。

-----ズラタン-----
--興梠-----李--
宇賀神-青木-阿部-駒井
-槙野--遠藤--森脇-
-----西川-----

(得点)

10分 シー クー
45+1分 エウケソン
52分 フッキ
73分 ラファエル(PK)
84分 遠藤:

(交代)

HT 青木→柏木
HT ズラタン→ラファエル
65分 李→武藤

・フッキは体型とは裏腹に終始表情は穏やか(但し森脇にだけは苛立ちを隠せない!)。フッキはJリーグが無理だっただけで、日本人選手に悪い印象は持っていないのだろうなと思いました。残念ながら日本語で談笑しているような場面は見られませんでしたが。

|

« KaneKichen Noodles@東長崎 ~ 醤油らぁめん | トップページ | ぼっけもん@幡ヶ谷 ~ にんにくラーメン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65021346

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】ACL2017・F組第3節:上海上港 3-2 浦和 ~ 事故と凡ミスとフッキ:

« KaneKichen Noodles@東長崎 ~ 醤油らぁめん | トップページ | ぼっけもん@幡ヶ谷 ~ にんにくラーメン »