« らーめん一郎@銀座 | トップページ | 【展望】17年第3節甲府戦 »

2017.03.08

川むら@川口芝下 ~濃厚煮干しらーめん

003

 産業道路「芝宮根」交差点を東へ。丸源ラーメンの手前。一応蕨駅が最寄りになりますが、かなり距離があって電車でのアクセスは非現実的。「中華そば 葵」の定休日である水曜日に普段とはメニューを変えて濃厚煮干ラーメン専門店として営業しているもの。開店直前に到着したところ先客4、後客7。一時外待ちも発生するかど結構な人気。

 店内左奥の券売機で「限定C」のボタンを押して、「濃厚煮干らーめん(750円)」と「豚めし(100円)」を注文。中盛り・大盛りはやっておらず、和え玉で対応する旨の貼り紙があり、実際和え玉を頼む人が少なくありませんでした。

 店内は横長L字型カウンター10席ちょっと。水セルフ。厨房内には店主一人だけ。1ロット4杯ずつ作っていましたが、途中和え玉に対応するなどなんだかんだと手を取られて結構時間がかかり、出てきた時には最初のグループが食べ終わってしまう格好に。

001

 スープはドロドロとまではいかないもののかなりトロミが強め。ベースは鶏白湯&煮干のようですが、煮干がガツンと効いて、それでいて煮干し臭さや苦味、酸味も程よく抑えられています。ただ惜しむらくは非常にしょっぱくて飲むのは躊躇われるレベル。和え玉を前提に濃い目に作っているのかな?

 箸休めに刻みタマネギを添えてはいますが、その量は実に少ない。玉ねぎを有料トッピングにしているからかなぁ・・・

 麺は細麺ストレート。わずかにざらつきがあり、わずかにごわごわっとした食感の麺で、細麺なのに濃厚スープに全く負けず、美味しくいただけました。量が少なめなので「和え玉」なり「豚めし」なりを付ける人が多いのは納得。

 具は、崩れやすいバラ肉チャーシュー、メンマ、刻み玉ねぎ、青ねぎ。

002

 「豚めし」はご飯がごわついていたのが印象に残ったくらいで、スープの味が濃すぎて味のほどが良く判らず。正直白飯で十分かと。

 スープをほとんど飲まなくても麺に相当絡みついてくるためか、食後は渇水感が強くて結構難儀。うーん。

|

« らーめん一郎@銀座 | トップページ | 【展望】17年第3節甲府戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/64750014

この記事へのトラックバック一覧です: 川むら@川口芝下 ~濃厚煮干しらーめん:

« らーめん一郎@銀座 | トップページ | 【展望】17年第3節甲府戦 »