« 【展望】17年第4節G大阪戦 | トップページ | 八千代@阿波池田 ~ うどん定食 »

2017.03.19

たかの@浦和

001

 産業道路沿い、大田窪交差点の南。老舗の人気店で、先客9、後客ぞろぞろと相変わらず盛況。駒場への行き帰りにアホほどその横を通っていますが、なんと10年ぶりの再訪でした。わざわざ車でやってくる客もいれば、近所で働いている人も連れ立って三々五々やってきます。

 店内のメニューを見て、ラーメンに炙りチャーシュー丼が付いた「Dセット(830円)」を注文。ラーメン単品だと630円と格安ですが、ほとんどの客が何らかのセット物を頼んでいました。

 なおこの店でラーメンといえば「塩」を指します。醤油味は「中華そば」と呼ばれており、しかもラーメンより70円高いというちょっと変わった価格体系。よってセット物を頼んだ時は「塩でいいですか?」と念を押されました。

 店内は縦長カウンター10席と小上がりに4人掛けテーブルが4卓。カウンターの席間が狭いのでとてもくつろぐ気になれません。逆に小上がりにいる客はかなりまったりした雰囲気が流れていて好対照。

007

 最初に炙りチャーシュー丼が出て来てほどなくラーメンも登場。

 この店は「佐野ラーメン」であることが売り物でとにかく麺が美味い。手打ちの幅広麺はつるつる、もちもちっとした食感。そこそこ歯ごたえ、コシがあり、しかも縮れ入りの麺がスープと良く絡みます。

 透明感あふれるスープは動物系に魚介系を若干あわせたような感じで、妙な癖のが一切ないあっさり味。ただ食べ進むとやや単調な気がしているので、途中で胡椒をちょっと加えたり、チャーシューを齧って旨味を加えたりと。

 チャーシューは若干脂身交じり。小さめながらも柔らかくてトロっとしています。メンマ、ノリ、刻みネギ。

006

 炙りチャーシュー丼は炙りを入れたがためにチャーシューの脂が目立つこってり味。あっさり味のラーメンとは対照的で、このコントラストを面白いと取るか、ラーメンと方向性が違いすぎて違和感があると見るか微妙なところ。個人的にはちょっとくどい気がしたので、チャーハン付の「Aセット(850円)」が正解かも。

 なお前回往訪時は場所の割には店内にレッズ色が見られなかったのに驚きましたが、10年ぶりに来たらレッズ色丸出しの「浦和区」の旗とレッズレディースのポスターが貼ってありました。でもトップチームのがないのは依然気になります。駒場で試合やらなくなったのがモロに響いているんだろうなぁ・・・

|

« 【展望】17年第4節G大阪戦 | トップページ | 八千代@阿波池田 ~ うどん定食 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/64782710

この記事へのトラックバック一覧です: たかの@浦和:

« 【展望】17年第4節G大阪戦 | トップページ | 八千代@阿波池田 ~ うどん定食 »