« 梅まつり@偕楽園 | トップページ | 海人のいえ@大山 ~ 沖縄そば&じゅーしー »

2017.03.05

【観戦記】17年第2節:浦和 3-1 C大阪 ~ 満開どころか枯れていた桜

・中2日or中3日での5連戦の最終戦。浦和はソウル戦から3人を入れ替えたとはいえ、宇賀神・青木・森脇・西川とフル稼働を余儀なくされている面子もいてコンディション面に不安を抱えていました。しかし、ふたを開けてみればそんな不安もなんのその。C大阪の出来の酷さにも助けられて、浦和は疲労が顕著になる前に事実上試合を決め、完封こそ逃したものの楽々ホーム開幕戦を勝利で飾りました。

・それにしてもC大阪は弱かった。清武が故障で浦和戦に間に合わず、キム・ジンヒョンも負傷欠場というハンデはありましたが、C大阪はコンディション面で浦和より圧倒的に有利で、準備期間もしっかり取れたはず。それでもC大阪は終盤浦和が疲労から大失速するまで全く手も足も出ず、ただ守っているだけなのに失点を重ねる惨状。

・これではユン監督が「前後半を通して、守備、攻撃の部分で、何一つちゃんとできた部分がなかった」と述懐するのは無理もありません。過去プレーオフ経由の昇格組はいずれも無残な形で再降格を余儀なくされていますが、現状ではC大阪もそのコースを辿るのは必定でしょう。開幕戦はこれまた酷い出来に終始した磐田相手にとんでもない塩試合を演じてスコアレスドローに終わりましたが、第2節にして「本当のJ1の壁」にぶち当たったようで。

・C大阪は判りやすい4-4-2で自陣でリトリート主体の守備。浦和の最終ラインには全くと言っていいほどプレッシャーをかけて来ず、ボランチに対するプレッシャーすら強くはなく、浦和が無理に攻めに出てくるところを引っかけてからのカウンター狙いみたいな格好。悪く言えば「うさぎぶつかれ、木の根っこ」状態。

・浦和もその狙いを見透かしたのか、ボールは支配するものの無理攻めはせず、双方とも何事も起こらないまま序盤が終わろうとしていましたが、結局のところC大阪は浦和の最終ラインに全くプレッシャーをかけないのが致命傷に。遠藤縦パス→興梠スルー→武藤が右へ動いてゴールとファーストシュートで先制点。武藤が「一人で出来た!」系のゴールと思ったら、興梠が左に走ってCBやボランチを釣っていたのが効いて、武藤がCBを楽々剥がせたようで。

・その前にも遠藤の縦パス一本で武藤が裏取りに成功しかかる場面がありました。先制される前にその予兆があったわけで、ユン監督がほとんど守備をしない杉本&柿谷を叱責しないのが不思議でなりませんでした。

006_2

・C大阪は2トップが前残り気味で、常に前がかりの浦和の最終ラインの裏を杉本キープ→柿谷裏抜けみたいな格好で2人だけで突破する算段だったのかもしれませんが、残念ながら杉本が何の役にも立たず。長身だが特にハイボールに強いわけではなく、浦和にいたら間違いなく「杉ツァ」と呼ばれていたであろう杉本にC大阪は性懲りもなくロングボールを放り込んでいましたが、杉本は遠藤に完封されるテイタラク。守備はしないわ、攻撃でも何の役にも立たないわと、この試合の負け選手といっても差し支えないかと。

・またC大阪が弱いと思ったのは、前から厳しくプレッシャーをかけてくる浦和の逆を取るような形でボールを前に運べなかったこと。なんとか浦和からボールを奪っても、すぐさま攻守を切り替える浦和のプレッシャーに抗しきれず、いとも簡単にボールロスト。自陣深い位置でボールを失おうものなら、一発で決定機を作られてしまうのは理の当然。浦和の2点目はボールコントロールに手間取った丸橋から武藤がボールを奪取したところから。

・浦和の3点目もショートカウンター。2点ビハインドになって前半よりはC大阪が前に出てきたところで、青木が山口のパスをカット&自分で持ち運んでラファエルへスルーパス→GKと一対一のラファエルが軽くボールを浮かせてGKを交わしてゴール。

・3点リードして事実上勝敗は決し、全く良いところがないC大阪を完封するのが残されたタスクといった流れでしたが、残念ながらまたしてもセットプレーで失点。ヨニッチには槙野が付いてはいましたが、完全に競り負けてニアで完璧に合わせられてしまいました。これが代表CBだから観戦中のハリルホジッチもさぞ頭が痛いでしょうなぁ・・・

・さらに李が投入された辺りから浦和はお疲れで大失速。パスミスやボールコントロールのミスが相次いで攻めに出てもことごとく無駄になり、前からのプレッシャーもかからなくなって、自陣に押し込められがちになってしまいました。C大阪もおそまきながらサイドからのハイクロスというユン監督がやりたかったであろう攻撃パターンが見られるようになりましたが時既に遅く、柿谷に多少惜しい場面があったくらいで試合終了。

C大阪の枠内シュートがほとんどないので「ナイスセーブ」が出せないのは仕方ないにしても、完封も出来なかったので「シャットアウト」も出せず、文化シヤツター様にとっては踏んだり蹴ったりな試合だったともいえ。

003

-----ラファエル-----
--興梠----武藤--
宇賀神-阿部-青木-関根
-槙野--遠藤--森脇-
-----西川-----

22分 武藤:遠藤→興梠スルー→武藤が右に持ち出してシュート
37分 興梠:武藤→ラファエルシュートのこぼれ玉を詰める
52分 ラファエル:青木のスルーパス→ラファエルが球を軽く浮かせてゴール

(交代)
68分 ラファエル→李(興梠が1トップ、李がシャドーへ)
79分 青木→那須
86分 興梠→ズラタン

・浦和はソウル戦から李→ラファエル、駒井→阿部、那須→遠藤と3人入れ替え。ソウル戦で温存した阿部・遠藤、後半途中からの投入だったラファエルのスタメン起用は予定通りでしょう。またラファエルの代わりにベンチスタートになったのがソウル戦で90分使った武藤ではなく李だったのがやや意外でしたが、その武藤が攻守にわたって大活躍。ミシャって選手のコンディションの見極めがいつから上手くなったのか???

・リーグ戦早くも3ゴールのラファエル。KLMと比べるとさすがに連携面では劣るものの、それを補って余りある決定力が魅力。何よりやや強引な格好でも枠内シュートが撃てる、撃ちに行く姿勢が原口離脱以降の浦和になったもの。本来はカウンター要員が最適なのでしょうが、加入後たった数試合でスタメンでも使えないことはないレベルに到達しました。

・ほぼフル稼働でヘロヘロ、連戦で失点に絡みまくりの森脇も前からプレッシャーがかかっているうちは裏を取られる心配がないせいか実にイキイキ。対面の関口に全く何もさせず、イライラした関口が思わずガラの悪さを披露して森脇に当たるという一幕も。だから関口は警察に職務質問される憂き目に合うんやって(苦笑)。

・同じくほぼフル稼働の青木はこの日も何の破綻もなく攻守に大活躍。3点目に直結したボールを奪って前に出るプレーは青木の真骨頂で、この出来なら故障欠場の柏木もおちおち凹んでいられないかと。無論青木と柏木は持ち味が全然違っていて、4バックの相手なのにピッチを広く使ってWBを軸にワイドに仕掛けるような攻めが少なかったのは柏木不在が影響したかも。その代わりショートカウンターが強烈でしたが。

001

---杉本--柿谷---
関口--------丸岡
---ソウザ--山口---
丸橋-山下--ヨニッチ-松田
-----丹野-----

59分 マテイ ヨニッチ:ソウザCK→ニアでヨニッチがヘッド

(交代)
61分 関口→清原(清原が右SH、丸岡は左SHへ)
73分 丸岡→山村
85分 松田→田中

・終盤山村を入れて杉本と並べてパワープレーを仕掛けるのかと思っていましたが、山村は最前線に張っているわけではなく、トップ下みたいなポジションをウロウロしている時間帯が長くてどうも趣旨が判然とせず。それでも山村の頭に合う場面が一度ありましたから、これがユン監督の勝負手だったのでしょう。

|

« 梅まつり@偕楽園 | トップページ | 海人のいえ@大山 ~ 沖縄そば&じゅーしー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/64973322

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】17年第2節:浦和 3-1 C大阪 ~ 満開どころか枯れていた桜:

« 梅まつり@偕楽園 | トップページ | 海人のいえ@大山 ~ 沖縄そば&じゅーしー »