« 【観戦記】17年第5節:神戸 1-3 浦和 ~ ネルシーニョが憑依したかのように冴えわたるミシャ采配! | トップページ | 椎茸めし@宮崎・宮崎駅弁当 »

2017.04.03

【観戦記】17年第2節:浦和L 3-2 千葉L

・正直内容は前節長野戦より後退。特に前半は目を覆いたくなるような惨状でしたが、そんな試合でも菅澤の2ゴールが効いて今季初勝利。チーム完成には道半ばどころか距離感すら掴めない状態ですが、そんな中でも早めに勝ち点3を積み上げられてひと安心。また残留争いにどっぷり浸かってしまうとチーム作りもへったくれもなくなってしまいますから序盤の勝ち点3は実に貴重。

・ついに駒場でスタメン出場の菅澤。いやはや全く格が違いました。前節対戦した横山もそうですが、やっぱり代表クラスのCFは別格の存在。ここ数年浦和と千葉の実力は似たり寄ったりで、菅澤がいるかいないかで勝敗が分かれてしまう。昨年までは結局菅澤にやられる試合の連続だったような気がしますが、今年はそれが逆に。

・最初の得点なんて垂涎モノ。長船のロングフィードを一発でトラップしてすぐさまシュートなんてなかなかでけへんやん!!菅澤ハンパない!! さすが浦和歌劇団紅組のトップスター!! そのうち背中にヒラヒラ羽根つけて埼スタの大階段で踊ってくれることでしょうヽ(^o^)丿

・菅澤は点が取れるだけでなく、ポストプレーも確実にこなせる。これだけ別格の選手がいると他の選手はどうしても菅澤を頼ってしまいがちになり、それが前節長野戦と比べて試合内容が後退した一因なのかもしれない。チーム作りの難しさをまざまざと見せつけられたような試合だったような気もします。

・前半の試合内容はとにかくお粗末。千葉の前からのプレッシャーが厳しいこともあってビルドアップがほとんど成り立たず、一度自陣深くまで攻め込まれるとなかなか押し戻せない。ボールを奪っても確実に前に繋げず、プレッシャーを受けてはびびってタッチに逃げてしまうの繰り返し。おまけに自陣深い位置でくだらないファウルを犯してしまう。30分くらいまではとりあえず菅澤に当てるくらいしか戦術らしきものは見出せませんでした。

・ところが千葉も千葉で、押し込んでいる割には決定機は掴めず。山のように得たFKもどれ一つとして決定機に至らず。千葉はなんだかんだと前半シュートゼロ。

・そんなしょっぱい試合展開の中で先制したのは浦和。筏井が直接FKをゴール左上隅に決めて先制。塩浦和も30分を過ぎると千葉のプレッシャーにも慣れたのか多少ボールが繋げるようになり、33分には左SB木崎クロス→菅澤の決定機。そして41分に菅澤の妙技が炸裂! 菅澤頼みの○サッカーもここまで見事に決まると実に痛快(苦笑)。

・千葉の攻撃がしょっぱすぎるので2点リードなら楽勝だろうと思ったのですが、後半立ち上がりに落とし穴。ロングボールへの対応を高畑が誤ったのが契機となり、いきなり小林にミドルシュートをぶちこまれて失点。GK池田はシュートを撃たれる可能性を予知してなかったかな?

・さらに53分には浦和右サイドからのハイクロスをクリアできず、ファーで深澤に合されて同点にされてしまいました。浦和は低迷期に入ってハイボールへの対応にずっと問題を抱えたままなのかも。

・後半すぐに同点に追いつかれるとは予想だにしない展開になってしまいましたが、試合内容自体は前半よりは幾分改善。長野戦前半で見られたような細かいパス回しが復活。また菅澤のポストプレーが安定していてボールが捌きやすいためか、中央突破とSBを加えたサイド攻撃のバランスが改善したあたりは長野戦より良かった気もします。特に80分くらいに木崎がエリア内突入&シュートで終わった場面は痺れました。

・といっても、全般に低調な試合の中での良かった探しに過ぎません。決定機は少なく、長野戦のようにシュートを撃ちまくる素振りもありませんでした。シュート数は8本で内5本が菅澤という判りやすい○サッカー(苦笑)。

・そして決勝点になったのは千葉の珍プレー。緩いバックパスに対してGK山根が飛び出しを躊躇。菅澤が難なく掻っ攫ってゴールというマヌケなもの。

・その直後に石原監督は加藤に代えて白木を入れ、そのまま本職FWの白木を左SHに配するという不思議な交代をしましたが、高さのある白木を入れてセットプレーに備える以上の意味はなかったのかも。千葉は終盤ロングボールをバンバン蹴ってきましたが、浦和も大過なく対応してそのまま逃げ切り。千葉のシュートはたった3本で、2点取れたのが奇跡というかなんというか。

---塩越--菅澤---
-加藤------柴田-
---猶本--筏井---
木崎-高畑--長船-三谷
-----池田-----

(得点):16分 筏井、41分 菅澤、48分 小林(千葉)、53分 深澤(千葉)、72分 菅澤

63分 筏井→水谷
73分 加藤→白木
90+2分 菅澤→吉良

・前節右SBに入っていた栗島が故障したのかベンチにもおらず、右SBに三谷を抜擢。三谷は作陽高校から2014年加入で今年4年目になりますが、スタメン出場が初めてどころか、これまでベンチにかろうじて入れるかどうかといった選手。そんな選手でも監督が代わってひょんなことから出場機会を得るというのもよくある話ですが、結果は正直厳しかった。安全運転優先で、失点に直結する決定的なミスを犯さなかったのが救いなくらい。後半いくぶん持ち直してクロスを上げる余裕もでてきましたが。

・似たような立場の左SB木崎はスタメン2試合目のせいかかなり場馴れしたみたいで。多少一対一の対応が怪しげでしたが、総じて可もなく不可もなし。どうでもいい話ですが、歳の差だと筏井と木崎より、柳田コーチと筏井のほうがはるかに近いのか・・・

・石原監督は長野戦に続いて途中から水谷を投入。筑波大所属の特別指定選手として昨年も浦和に在籍していたそうですが、昨年はベンチ入りもなし。ところが監督が代わったら一転して切り札扱い。そのあおりで、昨年ユースと掛け持ちで酷使された長野風花が目先出番を失った格好に。まぁいかにもカウンターに脆そうなチームスタイルですからボランチで猶本と風花の併用はないでしょうけど。

・【今日のゆずほ】菅澤との組み合わせだと純然たる2トップに近く、塩越だけが中盤に下がる風ではなし。相変わらずボールキープは巧みですが、FWでシュートゼロはチト寂しい。仕上げは菅澤にお任せよーーん、なのか?

|

« 【観戦記】17年第5節:神戸 1-3 浦和 ~ ネルシーニョが憑依したかのように冴えわたるミシャ采配! | トップページ | 椎茸めし@宮崎・宮崎駅弁当 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65102042

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】17年第2節:浦和L 3-2 千葉L:

« 【観戦記】17年第5節:神戸 1-3 浦和 ~ ネルシーニョが憑依したかのように冴えわたるミシャ采配! | トップページ | 椎茸めし@宮崎・宮崎駅弁当 »