« 【観戦記】17年第8節:浦和 3-2 札幌 ~ 言えなかった「札幌お前はもう死んでいる」 | トップページ | 【閉店】ミライゑ@志茂 ~ TOKYO醤油ラーメン »

2017.04.24

【観戦記】17年第4節:浦和L 0-3 日テレ

・試合内容は勝った千葉戦よりはるかに良かったどころか、前半は日テレを圧倒。しかし、長野戦同様優勢な時間帯に一点も取れなかったのが敗因。逆に連携ミスからひょっこり先制点を喫し、その後は全く良いところなく立て続けに失点。3失点目なんてキックオフ直後にボールを失ってそのまま植木一人にやられるという、気持ちが切れているどころか負け癖が付いているとしか言いようがない甚だ情けない失点でした。

・善戦はしたが終わってみればボロ負け。こうなると前半の優勢も単に日テレが浦和の疲弊を待っていただけ、言い換えれば日テレの掌の上で踊らされていただけという見方もできなくはありません。といってもアホほど決定機を与えて文字通り力負けという試合内容でもなく、せめてウノゼロの負けで先々希望を持たせるような結果に収められなかったかと悔やまれます。

・繰り返しになりますが、この試合の前半は浦和は日テレを圧倒していました。浦和はいつもどおり最終ラインを高く押しあげて、果敢に日テレに前からプレッシャー。概して球際での競り合いにも優勢で浦和が徐々に中盤で優位に立ち、必然的にボール支配でも優位に。

・ボールが繋げない日テレは最終ラインからの縦ポンで浦和の高い最終ラインの裏狙いを執拗に狙うだけというしょーもない攻撃に終始。それでも田中が一回だけ裏抜けに成功しましたが、そこは池田が難なくセーブ。

・ただ前半のシュート数7対3というスタッツほど浦和が押していたかとなるとそうとも言えず、その辺がこの試合の評価の難しいところ。中盤で劣勢であっても日テレの最終ラインは固く、浦和はその最終ラインを崩しきれずに菅澤なり加藤なりがミドルレンジからシュートを放つ場面が目立ちました。シュートは枠内に飛び、GKがなんとか弾いて難を逃れる場面もあったので悪い選択ではありませんが、日テレから見れば「撃ってくれてありがとう!」とも言えるかと。

・エリア内からの決定機で最も惜しかったのは栗島のクロスがフリーの吉良に渡った場面。しかし、吉良のシュートは枠外。続いて加藤→吉良のチャンスもありましたが、角度がなくてシュートは枠外。

・後半になると日テレがいきなりギアアップしたのか、単に浦和の運動量が落ちたのか、浦和は中盤の優位を失って形勢は五分五分に転じましたが、最初に決定機を掴んだのは浦和。ロングフィードを菅澤ポスト→猶本という絶好機を得ましたが、猶本のシュートは惜しくもパアーーーンと派手にポストを叩いて先制ならず。終わってみればこの絶好機を活かせなかったのが勝ち点1すら奪えない主因になってしまいました。

・逆に69分ハイボールに対して浦和CBと池田の連携が怪しくなり、池田が中途半端に前に出たところを籾木にループで抜かれて失点。後半サイド攻撃を喰らっても決定機は与えずに堪えていただけに、あっけないというかなんというか、狐につままれたような失点でした。もっとも千葉戦でも高畑がハイボールの処理を誤ったことから失点しており、浦和の課題がまたしても顔をのぞかせただけかのかも。

・さらに76分日テレCKをクリアしきれず、田中に鮮やかにバイシクルで決められて失点。セットプレーでの失点が多いのはここ数年なんら修正できず。これで集中が切れたのか、77分植木が「一人で出来た!」。

・石原監督は先制点を取られる直前に吉良→清家と代えたのを皮切りに次々と3選手を投入しましたが、敗色濃厚な戦局に波乱を巻き起こす予兆すらなく、ATにCKから菅澤に決定機があったくらいでそのまま試合終了。

・長野・神戸・日テレと昨年の上位陣から一つも勝ち点が奪えず。成熟に時間がかかる難しいサッカーをやっているので、序盤は苦戦するだろうという予想通りの展開になり、続く仙台にも負けてしまうと今年も残留争い行きが濃厚になってしまいます。それにしても決定機を決めないとトンネルから抜け出すのは難しいわなぁ・・・

---吉良--菅澤---
-加藤------柴田-
---猶本--筏井---
木崎-高畑--長船-栗島
-----池田-----

得点:69分 籾木(日テレ)、76分 田中(日テレ)、77分 植木(日テレ)

68分 吉良→清家
72分 筏井→水谷
81分 加藤→塩越(柴田が左SH、清家が右SHへ)

・カップ戦で良かった白木が不運に野前節神戸戦で負傷してしまい、この日の菅澤の相方は吉良。吉良は2トップの一角として攻守ともになかなかの働き。吉良が好調だと「菅澤頼みの○サッカー」に陥らず、浦和の攻撃も多少バリエーションが増えてきます。それだけ吉良にはなんとか決定機をものにしてもらいたかったのですが。

・その吉良に代えて投入された貴子様ですが、こちらは全く良いところなくシュートも撃てず。大怪我から一応試合に出られるまで回復はしたが試合勘がないのか、キレが戻っていないのか、あるいは周囲が貴子様の使い方を忘れてしまったのか?塩越投入後、貴子様が右SHに下がったのは全くの謎。

・【今日のゆずほ】前節神戸戦に続いてベンチスタート。残り10分くらいで1.5列目的に起用されましたが、1、2本スルーパスを通したくらいでさしたる見せ場なし。今日の吉良の出来だと次節もスタメンは無理そう。

|

« 【観戦記】17年第8節:浦和 3-2 札幌 ~ 言えなかった「札幌お前はもう死んでいる」 | トップページ | 【閉店】ミライゑ@志茂 ~ TOKYO醤油ラーメン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65190228

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】17年第4節:浦和L 0-3 日テレ:

« 【観戦記】17年第8節:浦和 3-2 札幌 ~ 言えなかった「札幌お前はもう死んでいる」 | トップページ | 【閉店】ミライゑ@志茂 ~ TOKYO醤油ラーメン »