« 博多長浜らーめん いっき@谷在家 | トップページ | あがら@戸田公園 ~ (和歌山風)豚骨中華そば »

2017.04.21

【展望】17年第8節札幌戦

・札幌と対戦するのは2012年第28節以来。既に降格が決まっている札幌にホーム埼スタでまさかの完敗を喫したあの試合以来の対戦です。

・札幌とは浦和J2時代から3年に渡って死闘を繰り広げたため、古参サポには「札幌=永遠のライバル」っぽい位置づけになっています。ひょっとするとゴール裏で「お前はもう死んでいる」のダンマクが掲げられるかもしれませんが、それはその頃の名残です。

・しかし、その後札幌は基本的にJ2で、たまにJ1に上がってまたすぐにJ2に沈む、エレベーターならぬ「サブマリンクラブ」になってしまったので直接対戦の機会は少なく、札幌戦を見るのは初めての方もいるかもしれません。基本オリンピック開催年に札幌が昇格する感じだったのですが、2016年リオ五輪には間に合いませんでした。

(成績)

・勝ち点8(2勝2分3敗)の15位。前回J1だった2012年は勝ち点わずか14で再降格の憂き目にあっており、7節消化時点では勝ち点1でしたから、その頃を考えれば長足の進歩。ホームで非常に強いのが特徴で、今年も広島やFC東京を下し、C大阪や川崎と引き分けて勝ち点を積み上げていますが、その一方アウェーは全敗。

(戦力)

 ・長らくJ2にいたチームなので顔なじみのある選手が少なく、補強も左WB田中雄(神戸)、CB横山(大宮)、MF兵藤(横浜M)、MFキム・ミンテ(仙台)、FW金園(仙台)、早坂(鳥栖)など前所属クラブで出番が減っていた選手がほとんど。J1昇格を祝うような目玉っぽい補強はなし。

・しかも昨年のレギュラー格に故障者が続出して苦しい陣容を強いられています。具体的にはFWヘイス、FW金園、MFジュリーニョ、CH深井、CH稲本、CB増川が故障離脱中。さらに前節川崎戦でMF内村が負傷退場。CB菊地も第1節に途中交代後出場していないので故障かもしれません。

・ところが、その穴を埋めるべく新戦力の横山・田中雄・兵藤・キムミンテががっちりスタメンを確保してそこそこの成績を残しているのにはびっくり。ただ右CBに入っているキム・ミンテは本職ではないので結構危ういプレーが散見されます。

・左CB福森はミシャがツバをつけている選手で、高精度のロングフィード&クロスを供給するだけでなく、セットプレーのキッカーも務めているので要注目。

(戦術)

 ・基本的に5バック3ボランチの5-3-2で耐える時間の長いチーム。ただ専ら自陣に引き籠るわけではなく、状況なり相手なりを考えて前から追ったり、一転して引きこもったりと柔軟に対応して来ます。ビルドアップが巧くないFC東京に対して序盤はかなり前からガツガツ行ったのが見事に奏功し、リードすると一転して自陣深く引き籠るという見事な闘いぶりで完勝しました。

・攻撃はほぼ「戦術は都倉」。極端に言えば、ボールを奪ったら手数をかけずに都倉目がけてロングボール。あとは都倉の落としたボールを相方FWなり荒野なりが拾っていきなりズドーーンとか、都倉のボールキープを信じて周囲が押し上げ、サイドからのクロスを再び都倉がドッカーン!とかそんな感じ。都倉のみならず長身かつフィジカルが強いが多いのでセットプレーも大きな武器になります。

・J1神戸在籍時の都倉はさっぱりだったので、「都倉はJ1では通用しない」「都倉戦術ではJ1ではだめだろう」という先入観を持っていましたが、J2無双で自信をつけたのが良かったのか、都倉は久しぶりのJ1でそれなりに活躍して既に4ゴール。ただ横浜Mや甲府には全く通用しなかった一方、広島やFC東京にはかなり効いて、都倉の効く効かないがそのまま勝敗に直結してしまうのが札幌の悩ましいところ。

・故障が癒えた伸二が試合展開次第では途中から出てくるかもしれません。こういう形で伸二と邂逅するとなると些か感慨深くなるでしょうが、伸二が出てくると「いきなり都倉」は影を潜め、自由に動く伸二にボールを預けて局面打開を図る「伸二王様スタイル」っぽい戦術に変わります。

(浦和の対応)

 ・ユンジョンファン時代の鳥栖が得意とした「豊田へのロングボール攻撃」を浦和は苦手としていただけに、札幌の「戦術は都倉」にも苦戦が予想されます。最終ラインを高く保てているうちは問題ありませんが、終盤疲れて中盤のプレッシャーが効かなくなり、最終ラインが下がってしまうと極めて危険。今週は週央の試合がありませんが、前節FC東京戦の出来を見ると浦和の各選手もかなり疲れているようで、そこら中で競り負け当たり負けが頻発して苦しい試合になってしまうかもしれません。

・スタメンは前節から菊池→関根と入れ替わるだけと思います。札幌戦からWSW、大宮、鹿島と中3~4日の4連戦となり、FC東京戦の出来を見ると浦和のコンディションは目に見えて低下しつつあるように伺えるだけに、ちびちびとしたローテーションは必須でしょう。

-----------------------------
<前節:札幌 1-1 川崎>

---都倉--内村---
--兵藤----荒野--
田中---宮澤---早坂
-福森--横山--キムミンテ-
-----クソンユン-----

(得点)82分 都倉

50分 内村→菅(負傷交代)
79分 田中→小野
90+3分 荒野→前

|

« 博多長浜らーめん いっき@谷在家 | トップページ | あがら@戸田公園 ~ (和歌山風)豚骨中華そば »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65177319

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】17年第8節札幌戦:

« 博多長浜らーめん いっき@谷在家 | トップページ | あがら@戸田公園 ~ (和歌山風)豚骨中華そば »