« 櫻坂@渋谷 ~ 魚出汁正油 | トップページ | 都内のお花見2017 »

2017.04.08

【観戦記】17年第6節:浦和 7-0 仙台 ~ 生兵法は怪我の元どころか爆死

・極端に相性が良い仙台相手のホームゲーム。今年もまた仙台を血祭りに。前半だけで興梠がハットトリックを達成しただけでなく久しぶりにKLMが揃い踏み。最後は柏木がケーキにイチゴを乗せ、さらに今季リーグ戦初の完封勝ちのおまけつきで文化シヤツター様も大満足。いやはや全くケチのつけようがない爆勝でした。

・それにしても毎回毎回渡邉監督は浦和とのアウェーゲームでやり慣れない策を弄して、その度に惨殺されるのか不思議でなりません。わざわざ伝統の4-4-2を放棄して、今年3-4-2-1に取り組み始めたばかりというだけでもかなりのハンデと目されるのに、この試合ではその3-4-2-1すら放棄してなぜか5-3-2を採用して案の定全く機能せず。

・おまけに過密日程でも何でもないのに、前節川崎戦からスタメンを3人も入れ替え。新戦術定着を最優先にここまでリーグ戦5試合とも同一スタメンでやっていたと目されるのに、なんでここでわざわざスタメンを弄るのか??? しかも抜擢した3人(藤村・蜂須賀・増嶋)が揃いも揃って何の役にも立たないありさま。普段やってないフォーメーションを採用し、しかもスタメンまで弄ってチーム熟成が進んだ浦和に対峙するなんて愚の骨頂。7-0の大差は起こるべくして起こったような気がします。

026

・浦和からレンタル中の石原がこの試合は契約上出場できず、これも仙台が壮絶な戦死を遂げる一因になったのかも。今年の仙台の試合をみているとビルドアップというか縦パスの受け手として石原が文字通り孤軍奮闘中。この試合はその石原不在が響いてか、ボールを奪ってもボールの預けどころがなく、迷っているうちに、あるいは無理に繋ごうとして浦和にボールを奪回される場面が頻発。

・試合開始早々に浦和の縦パスを奪ってからリャン→奥埜で素早く攻め切った場面がありましたが、あれが2トップ採用で渡邉監督が本来やりたかったことなのでしょう。しかし、そのような形はその後全く再現できず。もっとも攻撃の形がほとんど出来ないのは今年ずっとそんな感じなので、5-3-2採用はあまり関係ないと思いますが。

・悲惨だったのは守備。立ち上がりに一発喰らいかかったのが浦和の引き締めに役だったのか、浦和は安易に縦パスを入れずにサイド主体、あるいは仙台最終ラインを脅かすような攻撃を繰り返して早々に仙台を自陣に押し込んでしまいました。仙台2トップがたいして浦和最終ラインにプレッシャーをかけてこないので、浦和はさほどビルドアップに呻吟することなく、森脇を高い位置に押し出すのに成功。そしてこれが後々効いてきます。

・仙台は川崎戦で同じような形(左サイド奥深くで石川直が小林悠に抉られ、中で合される)で2失点しましたが、この試合の失点も仙台左サイドから。左WB永戸を高い位置に出してからのクロスが仙台の数少ない攻め手になっているので、それを逆用されて永戸の裏を突かれると非常に脆い。また5-4-1ならSHがある程度サイドの面倒を見られますが、5-3-2でボランチにサイドの面倒を見させるのは、サイドチェンジを多用して3ボランチを振り回す浦和相手にはかなり辛いかと。

013

・先制点は前に出てきた森脇を気にした永戸が結果的に何の役にも立たないポジションにいて、本来永戸が見るべき関根に三田が対応する羽目になったのも珍妙ですが、クロスを上げた先で興梠のマークがずれていて、慌ててなぜか蜂須賀が競る羽目になっているのが実に珍妙。ミラーシステムを採用してマンツーマンっぽく守っていればこうはならんだろうという爆笑モノ。

・2点目は関根→森脇→関根で永戸の裏を取った時点で勝負あり。柏木ならともかく、森脇から高精度の縦パスが出てくるなんて仙台は予想だにしなかったのかもしれませんが、それにしても森脇を自由にやらせすぎ。そしてたぶんこの攻撃はミシャが川崎戦を参考にして仕込んだような。

・3点目は仙台のビルドアップの迷いから来たもの。GKからのスローを受けて持ち上がった富田がボールを出す先に迷っているうちに後ろから興梠に突かれてボールロスト。おまけに富田は全力で戻らないので最終ラインの前がぽっかり空いていしまい、武藤が無人の荒野を突き進んで豪快ミドル!! 武藤はこの決定力をもっと競った試合で活かしてほしいんですが(´・ω・`)

・4点目はCB平岡がエリア内で宇賀神に後方から危険なタックルでPK。村上主審はこの試合仙台の後方からの危険なタックルに甘いように見受けられ、この場面もイエローが出なかったのが不思議。キッカーはハットトリック狙いで阿部が興梠に譲ったみたいで、興梠がGKを良く見てしっかり逆を突きました。

・前半だけで4点もの大量失点を喫した仙台は後半頭から新外国人クリスランを投入し、前がかりで絶望的な反撃を試みるも、それが奏功する前に浦和のカウンターを浴びてまたしても失点。仙台は前がかりで守備陣形が崩れに崩れているので宇賀神→武藤→李という単純極まりない攻撃でも浦和は点が取れてしまう。GKと一対一になった李が冷静に股抜き。

・6点目はなんとCKから。およそ点が入る気がしない浦和のセットプレーですが、なんか潮目が変わったのか神戸戦に続いての得点。柏木CK→阿部がすらしたボールを大岩がクリアできなかったというラッキーなゴールですが、点が入る時はこんなものなのでしょう。

・6点目を奪った後も浦和は手を緩めず、途中投入の駒井を酷使しながら何度もカウンター攻撃。仙台は前半から防戦一方で随分走らされており、しかもカウンターを喰らって自陣へ向かって逆走する場面だらけなので早々にヘロヘロになってしまい、終盤はもう戻る足が残っていません。従って浦和は二けた得点を取る可能性すらありましたが、浦和も浦和でラストパスなりシュートなりが雑になって7点目がなかなか取れず。槙野・興梠・柏木と決定機がありましたが、いずれも決まらず。

・7点目が入ったのはATになってから。途中投入の菊池が切り返してクロス→柏木ヘッド。柏木も、さらにその奥にいる武藤へのマークも外れていて、もうこの時間帯の仙台はやる気ゼロかなぁ?

・結局仙台の決定機は立ち上がりの奥埜と終了間際のクリスラン→リャン、それと57分に仙台左サイドからのクロスがエリア内でリャンに渡った場面だけかな?リャンが好調なら1点は取れたと思いますが、今年のリャンは絶不調で助かりました。

009

-----興梠-----
--武藤----李---
宇賀神-阿部-柏木-関根
-槙野--遠藤--森脇-
-----西川-----

(得点)
20分 興梠(関根クロス→興梠ヘッド)
27分 興梠(関根横パス→興梠押し込む)
29分 武藤(カウンターから豪快ミドル)
45+2分 興梠(PK)
47分 李(カウンターからGK股抜き)
65分 OWN GOAL(柏木CK→阿部すらし→大岩あわわ)
90+2分 柏木(菊池クロス→柏木ヘッド)

(交代)
42分 関根→駒井(負傷による交代)
62分 宇賀神→菊池
68分 李→青木(柏木がシャドーへ)

・ラファエルは次節上海上港戦に向けて万全を期したのか、前節に続いて今節もベンチ外。

・オナイウがリーグ戦で初めてベンチ入りし、得点差が大きく開いたのでオナイウの出番があるかと思いましたが、関根の負傷で交代枠を一つ使ったのが響いてか出番なし。もっとも関根は負傷しなくても上海上港戦を睨んで途中で駒井と代えたでしょうから、オナイウの出番はもともと限りなく想定外だったのかもしれません。でもミシャが敢えてオナイウをベンチに入れた理由をオナイウなりに咀嚼してほしいものです。

・これまで出番がなかった選手のテストという意味ではオナイウより先に機会を掴んだ菊池。終盤は駒井を酷使してのカウンター攻撃だらけになってしまったので、バランスを取って菊池は自重気味(といってもその陰で槙野が暗躍!)だったように見受けられましたが、最後の最後でついに大仕事。昨年加入の駒井も今の地位を得るまで随分時間がかかり、数々の失態を重ねてきました。菊池の道のりも楽ではないと思いますが、この大仕事が大きな一歩になることでしょう。

005

---梁---奥埜---
-----藤村-----
永戸-三田-富田-蜂須賀
-増嶋--平岡--大岩-
------関-----

(交代)
HT 藤村→クリスラン
68分 永戸→茂木
68分 蜂須賀→菅井

・便宜上3-4-1-2と記しましたが、そんな形になっている時間帯はなく、前半は完全に5-3-2。後半クリスランが入って3-4-2-1に戻した風でしたが、如何せん陣形ガタガタの前がかりなのでよく判らず。

・石原に代わってスタメン出場すると目された新外国人クリスランは依然コンディション不良なのか、ベンチスタートで後半頭から出場。最後の最後でハイボールに競り勝ってリャンに落とした場面を見ると、相手を押し込んだ状態ならクロスのターゲットとして使えるのかもしれません。でもボールを収めるのは得意ではなさそうで、石原の代役は不向きっぽい。

|

« 櫻坂@渋谷 ~ 魚出汁正油 | トップページ | 都内のお花見2017 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65122715

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】17年第6節:浦和 7-0 仙台 ~ 生兵法は怪我の元どころか爆死:

« 櫻坂@渋谷 ~ 魚出汁正油 | トップページ | 都内のお花見2017 »