« 六代目けいすけ@湯島 ~ 肉そば・醤油 | トップページ | 麺臣 とらとはと@高田馬場 ~ 濃厚豚骨らーめん »

2017.05.08

【観戦記】17年第7節:浦和L 7-0 ちふれ

・今年のGW、トップチームは大宮戦、鹿島戦とクソみたいな試合内容で連敗。さらに鹿島戦終了後には小笠原に因縁をつけられていたずらにスポーツ紙上を賑わせる始末で全く良いところなし。くさくさした気分のままGWも終わろうとしていたところを、レッズレディースが思いもよらぬゴールラッシュで救ってくれました。

・菅澤の怒涛の4ゴールを含む堂々7ゴール。奇しくも先月トップチーム仙台戦のスコアと全く同じ。しかもゴールに至るパターンが多彩だったのがなにより良かった。もっとも菅澤の個人能力じゃないと入らないであろうゴールも複数あったけれども、開幕から石原監督が取り組んでいたことがちょっとずつ結実しつつあるように伺えたのがなにより良かったと思います。

・ちふれは今年カップ戦で一度対戦している相手。手の内も判っていて、立ち上がりから双方最終ラインを高く押し上げてハイプレスの掛け合い。特にちふれのほうがより飛ばし気味に試合に入ったように伺えました。前回対戦時は前半双方選手が密集したエリアの中でパスミスが続出してどうにもなりませんでしたが、今回はそれなりに落ち着いてボールを回せるようになったのが大きな進歩。

・こうなるとビルドアップ能力の差が如実に出て早い時間帯から浦和が優勢に。6分の猶本のゴールは相手を押し込んだ場面でバイタルエリアから低い弾道のミドルシュートが決まったもの。59分の吉良のゴールも似たような形で、この辺は今年積極的にミドルシュートを狙わせていたのがついに実を結んだように思いました。

・これまでの試合ではミドルシュートをいくら放っても枠外だったり、GKが楽に処理できる範囲内だったりして、シュート数の割には決定機という感じはほとんどしませんでしたが、この日はなんと2本も成功。

・また浦和の攻撃は足元から足元へのパスが非常に多く、良く言えばボールを大事に、悪く言えば単調極まりない嫌いがあります。この日も後半半ばくらいまでそんな時間帯が少なくなく、やたら高いちふれの最終ライン裏を単純に突けばいいのにと歯がゆく思っていましたが、この日は珍しくそんな裏狙いが結実。

・43分の菅澤のゴールは筏井のロビングボールを受けて裏抜けに成功した菅澤がヘッドで叩き込んだもの。71分の菅澤のゴールも筏井(?)猶本のふわりとした縦パスで裏抜けした菅澤が飛び出してきたGKの鼻先でちょんと合わせたもの。共に菅澤じゃないと決まらない気がしますし、スピードがあるわけではない菅澤より吉良、あるいは途中投入の清家を使ったほうが良いように思いますが。

・さらに浦和の攻撃は両SHがやたら中へ絞って、しかも猶本まで上がってくるので絶えずバイタルエリアが渋滞気味。当然相手も中を固めてくるので崩すのは容易ではなく、ミドルシュートみたいな「かいしんのいちげき」じゃないとなかなか点が入りません。そこで相手守備陣を広げるべく重要になるのがサイド攻撃。62分の菅澤のゴールは左サイドからのクロス→吉良筏井スルー→菅澤というトップチームばりの見事な崩しでした。これが決まったのがこの日は何より良かった。

・SHがやたら中へ絞るのでSBの前には広大なスペースがあり、SBのクロスの精度が上がれば浦和の攻撃も多彩になるはず。59分の吉良ゴールの直後に栗島→吉良の決定機があり、吉良にはどちらかといえばこれを決めて欲しかった。IHからSBへの展開にミスが多く、しかもなんとか展開してもあまり良いクロスは入らないのが残念ですが。

・しっかりボールを繋げ!隙あらばミドルを撃て!裏も狙っていこう!サイドも使え!とあれやこれや言われても選手は消化しきれないでしょうし、今は前2者をこなすだけで精一杯なのでしょうが、ちょっとずつ攻撃のバリエーションを広げないとすぐに行き詰まるのも確か。戦術の幅がちょっとずつ広がってきたのが垣間見れただけでも今日は良しとすべきでしょう。

・64分高畑と79分菅澤のゴールは共にCKから。この辺はもうちふれの集中が切れているがゆえだと思いますが、高畑ヘッドはともかく、菅澤ニアで半身で受けていきなり右足振り抜いてゴールなんてフツーでけへんやん!半端なさすぎる!!!

・ピンチらしいピンチは前半FKで一度ヒヤリとしただけで、それも池田が難なくセーブ。前半木崎がかなりやられていましたが、クロスを上げた先には両CBが相手にしっかり付いているので何の問題もなし。5点取った後にはGK松本をデビューさせるという余裕のかましぶりで、しかも一切手を抜くことなく加点するという鬼の所業(苦笑)。

・上位陣にはたった勝ち点1しか取れませんでしたが、下位2チームにはいずれも大勝したことで本格的に残留争いに巻き込まれる事態は当面回避。これで大混戦の中位争いに自信をもって望めそう。

002

---吉良--菅澤---
-加藤------柴田-
---猶本--筏井---
木崎-高畑--長船-栗島
-----池田-----

(得点)6分 猶本、43分 菅澤、59分 吉良、62分 菅澤、64分 高畑、71分 菅澤、79分 菅澤

(交代)
66分 柴田→塩越
67分 池田→松本
78分 加藤→清家(清家がFW,吉良が左SHへ)

【今日のゆずほ】柴田に代わって右SHで割と長い時間起用されました。終盤ゆずほ→清家で惜しい場面があり、ゆずほ自身もエリア内に突入する場面もありましたが決定機には至らず。ボールが持てるゆずほとドリブルに切れがある柴田とでは持ち味が全然違うので比較しづらいものの、柴田はキャプテンとはいえさほど調子が良いようには伺えず、シュートレンジが広いゆずほが今の戦術に適しているような気がしますが、相手が強いと守備貢献で柴田が勝るのかな?

|

« 六代目けいすけ@湯島 ~ 肉そば・醤油 | トップページ | 麺臣 とらとはと@高田馬場 ~ 濃厚豚骨らーめん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65249168

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】17年第7節:浦和L 7-0 ちふれ:

« 六代目けいすけ@湯島 ~ 肉そば・醤油 | トップページ | 麺臣 とらとはと@高田馬場 ~ 濃厚豚骨らーめん »