« 【観戦記】17年第10節:浦和 0-1 鹿島 ~ コレオに勝ち点が付かないのはおかしいだろう!(虚しい) | トップページ | 六代目けいすけ@湯島 ~ 肉そば・醤油 »

2017.05.06

つけめん 小半@蕨 ~ 中華そば

004

 蕨駅西口から徒歩5分ほど。約5年ぶりに再訪。屋号は「こなから」と読みます。先客ゼロと出足は鈍かったのですが、その後ぞろぞろと客がやって来て退店時には満席に。中を覗き込んで諦めて帰る方もいました。

 屋号やメニュー・券売機ボタンの配置を見るかぎり完全につけ麺推しの店ですが、「中華そば(780円)」を注文。並盛(140g)、中盛(210g)同値段で、並だといかにも寂しいので中盛で注文。他に「濃厚味噌つけめん」、数量限定で二郎ライクな「小半ラーメン」「小半つけ麺」、期間限定で「濃厚味噌つけ麺」など。

 店内は縦長カウンター10席のみ。郊外店らしく座席の間隔はゆったり目ですが、椅子がやや高いのは難。また厨房内は店主しかおらず、客入りからすれば明らかに人手不足。そのため「提供に時間がかかることがあります」と券売機横に断り書きが貼ってありました。

001

 揚げネギ油を入れた小壺と共に登場。スープはつけ麺メインの店にありがちな濃厚ドロドロ系ではなく、あっさり目の動物魚介。魚介系の出汁が若干強めに出ながらも、動物系出汁とのバランスが良く取れています。惜しむらくは飲み進むにつれてしょっぱさが気になりだし、それを上回るほど出汁の旨味に惹きを感じませんでした。またこのスープに刺激が強い刻みタマネギは合わないと思います。

 麺は三河屋製麺の心持ち細めストレート。スープとの相性は良く、つるつるとした食感もまずまず。中盛の麺に対してもスープに過不足感はありません。

 終盤に揚げネギ油を入れてみたところ味わい一変。コクが深まってなかなか面白いかと。もっとも揚げネギの香ばしさはだいぶ失われてしまった気もします。

 チャーシューは周囲に焦げが入っている一方で脂身も多くてイマイチ。他に海苔、刻みネギ、青菜。

 この感じだとやっぱり「つけ麺」が無難かも。「小半ラーメン」を試してみるのも一興ですが。

|

« 【観戦記】17年第10節:浦和 0-1 鹿島 ~ コレオに勝ち点が付かないのはおかしいだろう!(虚しい) | トップページ | 六代目けいすけ@湯島 ~ 肉そば・醤油 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/64960732

この記事へのトラックバック一覧です: つけめん 小半@蕨 ~ 中華そば:

« 【観戦記】17年第10節:浦和 0-1 鹿島 ~ コレオに勝ち点が付かないのはおかしいだろう!(虚しい) | トップページ | 六代目けいすけ@湯島 ~ 肉そば・醤油 »