« 【観戦記】17年第10節:浦和L 0-1 I神戸 | トップページ | スージーハウス@四ツ谷 »

2017.05.30

若武者 草加分店  東北六縣堂@川口新堀 ~ 塩鶏中華そば

006

 東武伊勢崎線草加駅から西へ。新堀交差点を南へ。草加駅と見沼代親水公園駅との中間くらいのかなり不便な立地ですが、前面道路が拡幅の準備をしていて、それを当て込んだかのように周囲に飲食店がぽつぽつと並んでいます。先客ゼロ、後客2。

 福島のラーメン屋が首都圏に出てきた店のようで、「草加分店」を謳っていますが、住所はぎりぎり川口市内。

 店外の券売機でボタン先頭の「塩鶏中華そば(730円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に「醤油鶏中華そば」「福島濃厚鶏白湯」など。

 店内は厨房に向かってカウンター5席と4人掛けテーブル3卓、2人掛け1卓。郊外店らしいゆったりとした造り。がらがらなのでテーブルに通されました。

005

 大き目の丼で登場。黄金色に輝くスープは鶏出汁がよく効いたあっさり清湯。塩ダレが妙に尖ったりしないので実に飲みやすい。ぱっと見は表面の油が目立つもののコクを補う程度で、あっさり味を壊すほどではありません。ただ鶏出汁が効いているとはいえ、その旨味で最後まで押し切れるほどの惹きはないので、終盤やや単調なきらいがなきにしもあらず。従って卓上に何か気の利いた味変アイテムが欲しいところ。

 麺は細麺、ほぼストレート。わずかにざらざら、ごわごわした食感でスープとの相性には若干違和感を覚えました。もっともスープはよく絡むので大過はありませんが。

 チャーシューは薄いけれども豚と鶏が一枚ずつ。豚はやや醤油ダレが前に出すぎ、鶏は淡白すぎてイマイチ。他に鶏つくね、青菜、ナルト、メンマ、刻みネギ。食材は福島県を中心に東北各県のものに拘っているようです。

 再訪には微妙なレベルですが、これといったラーメン屋が全くないエリアなので、近所の方には重宝されるかも。

|

« 【観戦記】17年第10節:浦和L 0-1 I神戸 | トップページ | スージーハウス@四ツ谷 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65063723

この記事へのトラックバック一覧です: 若武者 草加分店  東北六縣堂@川口新堀 ~ 塩鶏中華そば:

« 【観戦記】17年第10節:浦和L 0-1 I神戸 | トップページ | スージーハウス@四ツ谷 »