« 【展望】17年第14節柏戦 | トップページ | 【TV観戦記】17年第14節:柏 1-0 浦和 ~ 疲労困憊の中でやれることはやったが一点が遠かった »

2017.06.04

浜屋@西新井 ~ 濃厚和風エビ辛し中華そば

006

 東武伊勢崎線西新井駅西口近く。再開発と思しき大型商業施設が並ぶ一角と駅との間にある雑然としたエリアの中にあって、よそ者にはかなり判り難いのが難。約3年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客3。

 店内の券売機ボタン先頭は「つけめん」ですが、その下の「濃厚和風」群から「濃厚和風エビ辛し中華そば(750円)」を注文。他に「あっさり和風中華そば」「濃厚みそ中華そば」「汁なし中華そば」など。ランチサービスはありませんが、ランチセット(ミニチャーシュー丼)を100円で出しています。

 店内はL字型カウンター8席のみ。店左半分が製麺所になっているため、外観からすれば意外に小さい店です。

004

 深めの丼で登場。ぱっと見は「またお前か」的な濃厚動物魚介系のスープ(店内のウンチクによれば「鶏ガラ、豚骨、道南昆布、しいたけ、四種類の節を使用し、さらに瀬戸内海産と北九州産の煮干を使い」とのこと。)で、しかも動物系が支配的ですが、化学調味料不使用が肝なのか見た目と違ってくどさは一切感じられず、非常に味わいやすい出来。

 自家製の麺はやや平ためのストレート麺で、つるつる&心持ちもっちりとしたうどんに近い食感。これはこれでスープに合います。量は160gと多くはないのでランチセットを付けるのが正解かも。

005

 「エビ辛し」と呼ばれるエビを使った自家製の辛味香辛料が売り物でエビの香りがほんのり。しかもかなり辛くて味が劇的に変わってしまうので、途中から入れて味の変化を味わうのが吉。個人的には半分入れてちょうどいいくらい。全部入れるとやや辛すぎましたが、それでもスープの旨味は損なわれないのはたいしたもの。

 他に薄くて大き目のチャーシュー、細メンマ、刻みネギ、海苔。

 次はつけめんで。

|

« 【展望】17年第14節柏戦 | トップページ | 【TV観戦記】17年第14節:柏 1-0 浦和 ~ 疲労困憊の中でやれることはやったが一点が遠かった »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65085074

この記事へのトラックバック一覧です: 浜屋@西新井 ~ 濃厚和風エビ辛し中華そば:

« 【展望】17年第14節柏戦 | トップページ | 【TV観戦記】17年第14節:柏 1-0 浦和 ~ 疲労困憊の中でやれることはやったが一点が遠かった »