« 【DAZN観戦記】17年第13節:川崎 4-1 浦和 ~ 生兵法は大怪我の基、そして崩壊。 | トップページ | 【展望】17年第18節新潟戦 »

2017.07.07

北海豚骨麺屋 銀鈴@谷在家 ~ 白味噌らーめん

004

 花の枝橋で芝川を渡り、高速川口線をくぐってすぐ。東川口よりは明らかに川口市っぽいところですが、住所は足立区加賀。近隣に西友あり。日暮里舎人ライナー谷在家駅が最寄ですが駅から近いとはいえず。なんと6年ぶりの再訪。先客2、後客3。

 数多くあるメニューの中から「札幌白味噌らーめん(780円)」を注文。スープは濃厚豚骨と魚介豚骨を選べるとのことだったので濃厚豚骨を選択。ランチサービスなし。

 しばらく来ない間に店の方向性がとんこつスープ推しに定まったようで、他に赤味噌、塩とんこつ、正油とんこつ等々。他にまぜそばやつけめん、魚だし正油らーめんなど。

 店内はL字型カウンターが12席と2人掛けテーブル1卓。厨房には店主といかにも新入りっぽいアシスタントが1人。

002

 店内の案内によると「18時間かけて煮込んだゲンコツ・豚ガラ・豚頭の豚骨スープとモミジ・鶏ガラで仕込む鶏白湯」にロース脂をそれぞれブレンドしたものですが、残念ながら非常にしょっぱくて参りました。スープ割りなり、ご飯なりが欲しくなるレベル。これだけしょっぱいと豚骨の旨味を味わうどころではありません。

 白味噌ベースの味噌らーめんって、実際は塩分が高いのに白味噌の甘さにだまされて(?)ついついスープを飲み進んでしまい、あとで後悔というのが通り相場ですが、初手からしょっぱいというのはさすがになぁ・・・ 「ニンニク油をお好みで」との貼り紙があったので途中で投入したところ、多少味わいがマイルドに。

 中華鍋でモヤシやねぎ等をスープを絡めながら炒める札幌スタイルのようですが、炒め物が少な目なせいか脂っぽさはさほど感じず。

 麺は太めの緩い縮れ麺。つるつる、もっちりとした歯ざわりで濃厚スープにも負けず。

 チャーシューは脂身が多くて崩れやすいタイプ。上にパブリカや三つ葉が載っていますが、スープがスープなんで見た目が綺麗なだけで味わいにはほとんど影響なし。最初から海苔がシワシワになってスープ中に沈んでおり、意味なし芳一。他にメンマ少々。

 この感じだとわざわざチャリこいでここまで来なくても、川口駅近の「満開屋」で十分という気が。

|

« 【DAZN観戦記】17年第13節:川崎 4-1 浦和 ~ 生兵法は大怪我の基、そして崩壊。 | トップページ | 【展望】17年第18節新潟戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65229424

この記事へのトラックバック一覧です: 北海豚骨麺屋 銀鈴@谷在家 ~ 白味噌らーめん:

« 【DAZN観戦記】17年第13節:川崎 4-1 浦和 ~ 生兵法は大怪我の基、そして崩壊。 | トップページ | 【展望】17年第18節新潟戦 »