« かつや@川口 ~ マヨぽんチキンカツ丼 | トップページ | 流。@十条(2) ~ アブラ煮干そば »

2017.09.18

【観戦記】17年第26節:磐田 1-1 浦和 ~ 駒落ちの割にはよくやった試合。それ以上でも、それ以下でもなく。

・中2日で天皇杯4回戦鹿島戦を控えるためか、堀監督は主力を一部温存。具体的には柏木と阿部をベンチスタートとし、ラファエルに至ってはベンチ外という思い切った手に出ました。その割にはフルメンバーの磐田に対して互角以上の闘いぶりで、倍以上のシュートを放ちました(13本対6本)。ただシュート数の割には相手を崩しきった場面は少なく、勝てた試合だったとは言い切れず。

・しかも磐田のストロングポイントであるセットプレーで早い時間に先制されてしまう辺りはルヴァン杯C大阪戦第2戦と全く同じ展開ですし、先制されて相手に引かれてしまうと攻め手に乏しい辺りは柏戦後半とほぼ同じ。同点になって以降どつき合いに転じるまで磐田にカウンターチャンスをほとんど与えなかったことは柏戦からの進歩と前向きに捉えて良いと思いますが、主力一部温存に成功した以外はそれくらいしか収穫がない試合でした。

・もっとも磐田も先制後は90分のアダイウトン→松浦の一発以外全く見どころがなく、正直塩試合。台風18号が迫りくる中をあえて観戦に出かけ、試合終了後はどちらのサポーターもぐったりと疲れてしまう試合でした。

・スタメンが発表された時点では、フォーメーションは前節同様4-1-4-1なのか、3-4-2-1に戻すのか見当が付かず。どちらかといえば守備に持ち味がある平川をSHで使うのはやや無理があり、またガチムチ系FWが並ぶ磐田相手に4バックのCBとして遠藤を使うのは柏戦の二の舞になりかねないことから個人的には3-4-2-1に戻すものと予想しましたが、蓋を開けてみればどう見ても4-1-4-1。

・柏戦で突如4-1-4-1を採用したのは4バックの相手に対して前からハメに行くのが主眼との話で、実際柏戦の前半は相手が面食らったのも相まってそれなりに機能していました。その理屈なら3-4-2-1の磐田に対して敢えて4-1-4-1を採用する必要はないはず。相手に応じてフォーメーションを変えるというミシャには出来なかったことをやり始めたのなら高く評価して良いと思いましたが、どうもそういう意味合いはなさげ。

・面子を落とし、かつ不慣れなフォーメーションで試合に臨むのは何とも不可解で、その結果攻撃はいかにも単調かつバリエーションが乏しいものに。執拗に磐田最終ライン裏を狙うくらいしか攻め手がなく、それもオフサイドの山を築くばかり。また攻撃力が低下した反面、守備力が格段に上がっているわけでもなく、またしてもセットプレー一発でやられてしまう。このままだと低位安定にしかならなさそう。そんな予感が漂う試合でした。

005

・磐田は当初5-2-3、やがて5-3-2といった形でリトリート主体の守備。前回対戦時と違って激しく前から追ってくる場面は少なかったと思いますが、最終ラインは高め。そんな相手に浦和は駒落ち&不慣れなフォーメーションゆえか、磐田の守備ブロックの周辺でぐるぐるボールを回すだけのなんとも冴えない立ち上がり。

・20分マウリシオが自陣深い位置での川又との競り合いでなぜかファウルを取られ、21分中村FKからの流れでムサエフに決められて失点。平川が高橋を離してしまったのが痛恨の極み。高橋に低い位置で飛び込まれ、西川は遠くへ弾き出せずにムサエフに詰められてしまいました。

・先制点を取られても全く慌てないのは堀監督の良いところ。序盤から高い磐田最終ラインの裏を狙ってはオフサイドの山を築くだけに終わっていましたが、31分右サイドでどフリーになった平川のクロスに2列目から矢島が飛び込む決定機。続いて33分遠藤縦ポン→矢島裏抜けは合わせきれず。35分平川クロス→エリア内で矢島は宇宙開発。矢島の動き自体は悪くないのですがIHで使うには得点能力に乏しく、堀監督の我慢の起用もどこまで続くのやら。42分遠藤→高木裏抜けもシュートは枠を捉えられず。

003

・後半頭から平川に代えて梅崎を投入。セットプレーでの過失は残念でしたが平川の出来自体は可もなく不可もなしといった感じだっただけにこの交代は現地では不可解と思いましたが、どうやら平川が小破した模様。ただこの交代後浦和の攻撃は単なる裏狙いの繰り返しだけでなく、サイドチェンジを多用しピッチをワイドに使うミシャ式の残り香のようなものが見られだしました。47分梅崎クロス→興梠ポスト→森脇シュートはバーの上、58分高木クロス→武藤裏抜けは惜しくもオフサイド。

・堀監督はクロスへのターゲットを強化する趣旨なのか、68分矢島に代えてズラタンを投入して興梠を左シャドーへ配転。同じタイミングで名波監督はファウルゲッターとしてしか役に立っていなかった川又を下げて松浦を投入し、5-4-1でドン引き&カウンター狙いに転換。

・こうなると浦和も単純な裏狙いは難しくなり、しかも関根離脱でサイドからの仕掛けも困難ゆえ攻撃はいかにも手詰まり。万事休すと思われましたが、79分青木→興梠の裏抜けがついに奏功して同点。磐田の縦パスを青木が高い位置で奪ったのが契機なので、磐田も引いてしっかり守備ブロックを作る暇がなかったのでしょう。後半の浦和は球際が非常に厳しく、何度も高い位置でボール奪回が出来ており、その努力が実ったと言ってもいいでしょう。

・こうなると磐田もただただ守っているだけというわけには行かなくなり、殊勲の青木の疲労が顕著でバイタルエリアがガラガラになる場面が目立ち始めたためか、終盤は絵にかいたようなどつき合いに。そこで堀監督はお疲れの青木を阿部や長澤に代えるものと予想しましたが、堀監督が放った最後の一手はなんと高木→菊池。残念ながら菊池はここでもバックパスを繰り返すだけの何とも残念なプレーに終始。

・90分には梅崎&森脇がアダイウトンに簡単にぶち抜かれ、おまけに浦和最終ラインが引きすぎてエリア内中央で松浦にどフリーでシュートを撃たれる大ピンチがありましたが、西川の好セーブで事なきを得。というか、西川の好セーブってめっちゃ久しぶりに見たような(>_<)

012

-----興梠-----
高木-矢島--武藤-平川
-----青木-----
槙野--マウリシオ-遠藤-森脇
-----西川-----

(得点)
79分 興梠

(交代)
HT 平川→梅崎
68分 矢島→ズラタン(興梠が左シャドーに下がってズラタン1トップ)
88分 高木→菊池

・ACL川崎戦から中3日で、柏木→武藤、ラファエル→平川、阿部→遠藤と3人入れ替え。

013

-----川又-----
--アダイウトン---中村--
宮崎-ムサエフ-川辺-小川大
-森下--大井--高橋-
-----カミンスキー----

(得点)
21分 ムサエフ

(交代)
69分 川又→松浦
84分 中村→山田
87分 小川大→櫻内

・名波監督は試合後「今日は正直いいゲームではなかったと思います。」と語っていますが、磐田はもともと守備から入って、セットプレー一発、できればカウンターで点を取って勝ちきるチームなので傍目にはこんなしょっぱい試合がデフォルトじゃないかと。それゆえ同点に追いつかれるまでは完全に磐田ペースの試合で、ただカウンターを放つ機会がほとんどなかったのが名波監督にとって不満なのかも。

|

« かつや@川口 ~ マヨぽんチキンカツ丼 | トップページ | 流。@十条(2) ~ アブラ煮干そば »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65806040

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】17年第26節:磐田 1-1 浦和 ~ 駒落ちの割にはよくやった試合。それ以上でも、それ以下でもなく。:

« かつや@川口 ~ マヨぽんチキンカツ丼 | トップページ | 流。@十条(2) ~ アブラ煮干そば »