« 【展望】17年第25節柏戦 | トップページ | 【観戦記】17年第25節:浦和 1-2 柏 ~ いい夢見させてもらったよ、あばよ!(柳沢慎吾風) »

2017.09.09

博多一幸舎 池袋東口店@池袋 ~ 博多水炊き鶏つけ麺

006

 池袋駅東口から明治通りを北へ。松屋の先を左折。「博多天神」や「節骨麺」などラーメン屋の並ぶ一角に立地。先客1、後客3。

 博多一幸舎は既に博多駅近くの博多本店で試食済。正直博多でもぶっちぎりに美味いわけではなく、しかも博多ラーメンとしては高いという印象しか残らなかったので、池袋に支店が出来た際もパスしていたのですが、「つけ麺」が出来たと聞いてようやく足を運ぶ気になりました。

 店内の券売機で、ラーメン、赤ラーメン、黒ラーメン、塩とんこつラーメン等の後にある「博多水炊き鶏つけ麺(850円)」を注文。並200g、大盛300gが同一価格サービスのようで大盛りでお願いしました。

 店内は入口近くにL字型カウンター8席、さらに店奥に相当座席を用意している風でしたが、暇な時間帯のため手前のカウンターだけが一人客で混雑。。

 つけ麺だけ提供する時間がかかるせいか、出来上がるまでの間につけ汁のベースとなっている鶏スープが出てきます。スープにはまさに鶏出汁だけで味が付いていないので、一緒に出された塩&柚子胡椒を微妙加えて見たところ、鶏の旨味全開で実に美味い! 

003

 10分くらいかかってようやくつけ麺が登場。若干とろみがついたつけ汁は「博多水炊き」の謳い文句に反して茶色く濁っており、しかも鶏出汁だけでなく。カツオ節、煮干し、うるめ干し、サバ節などをもブレンドしているとのこと。しかもその魚介系の味わいが思いのほか強くて、これを「博多水炊き」というのはなんか違う気が。

 ごく普通の鶏魚介つけ麺だと思えば違和感は全くありませんが、先に出てきた鶏スープが美味かっただけにちょっと拍子抜け。もっとも純然たる水炊き風鶏出汁だと麺に絡ませるつけ汁としては弱いのでこうなったのでしょうが。

 麺はこのメニュー専用に開発されたストレート太麺。小麦がぎっしり詰まったような、噛み応えの強い麺で気に入りました。

 具は鶏チャーシュー3枚、メンマ、海苔、薬味ネギ、つけ汁の中に鶏つくね3個。

 割りスープはカウンター上にポットで用意。スープ割りにするとつけ汁の甘さが引き立ちます。

 「博多水炊き」という触れ込みさえ気にしなければ、つけ麺メインではない店にしては上出来で割高感もありません。

 なお食後に替え玉サービス券をもらいました。やっぱりそれくらい付けないとラーメンは割高で思うように客足が伸びなかったのでしょうなぁ・・・

|

« 【展望】17年第25節柏戦 | トップページ | 【観戦記】17年第25節:浦和 1-2 柏 ~ いい夢見させてもらったよ、あばよ!(柳沢慎吾風) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65492870

この記事へのトラックバック一覧です: 博多一幸舎 池袋東口店@池袋 ~ 博多水炊き鶏つけ麺:

« 【展望】17年第25節柏戦 | トップページ | 【観戦記】17年第25節:浦和 1-2 柏 ~ いい夢見させてもらったよ、あばよ!(柳沢慎吾風) »