« 【観戦記】17年第13節:浦和L 2-0 伊賀 | トップページ | 黒亭@熊本・二本木口電停 ~ 玉子入ラーメン »

2017.09.04

【観戦記】17年ルヴァン杯準々決勝第2戦:浦和 2-2 C大阪 ~ 後半の猛追も及ばず、アウェーゴール差で敗退

・前半セットプレーでアウェーゴールを2つも奪われたのが祟り、後半の猛攻も及ばずアウェーゴール差でルヴァン杯敗退。とにかく3点以上取らないといけない状況に追い込まれて吹っ切れた側面もあるのでしょうが、後半の闘いぶりは称賛に値し、今後に大いに期待を持てるものでした。また双方駒落ちとはいえ、上位チーム相手でもなんとか勝ち負けになるところまでチーム状態が回復しているのは前向きに捉えて良いと思います。

・第1戦でアウェーゴールを奪えなかったのは清水戦から中2日で、しかもC大阪より日程が厳しかったことを考えれば致し方ないと思います。もちろん第2戦でアウェーゴールを取られれば試合は難しくなってしまいますが、それでもホームの大歓声を背に勝てばいいだけの話。にも関わらず、腰が引けたような闘いぶりに終始し、丸々無為に過ごしたような前半45分が非常に勿体なかったかと。点が取れないだけならまだしもセットプレーで2点も取られてしまうとは。

・前半の不出来は正直スタメン選考の失敗に起因するところ大だと思います。最大の謎は矢島をシャドーで起用したこと。清水戦から中2日・中3日と続く3連戦で3つともスタメンだったのは西川・遠藤・矢島の3人だけ。そこまで矢島を酷使しないといけないほど矢島は代えが効かない絶対的存在なのか?しかもなんとか様になりつつあるボランチで使うならまだしも、全くの未知数といっても差し支えないシャドーで使うのか??武藤の酷使を避ける趣旨なら、李や高木のシャドーのほうがベターではないのか?そして案の定矢島は何も出来ずに前半だけでお役御免。

・また不可解なのは堀監督が左WB菊池に拘り続けること。清水戦で故障明けの梅崎が予想以上のパフォーマンスを示したことから、スコアレスドロー已む無しな第1戦では梅崎を休ませて菊池を起用し、第2戦は梅崎で勝負に出ると考えるのがフツーでしょうに、実際の起用は逆。故障明けにも関わらず梅崎は中2日で連闘する羽目になり、大阪遠征に帯同すらせず休養十分なはずの菊池は非常に残念な出来で、高木投入まで左サイドは全く機能しないという大惨事に。

・堀監督就任後、ミシャ時代には出番がなかった選手を盛んに起用しはじめて、ベンチ組、さらにはベンチにも入れない選手達のモチベーションが上がりまくりなのは傍目にも明らかですが、ようやく巡ってきた出番で一定の成果を出せた選手もいればミシャが使わなかった理由が良く判る選手もいるのが事実。堀監督もルヴァン杯敗退という高い代償を払って使える目処が立った選手、まるで使えない選手の見極めが付いたでしょうに。

Dscn2368

・それにしてもしょっぱかった前半。C大阪はカウンターで一点取れれば良いと割り切っているのか、4-4-2で自陣にいったん守備ブロックを敷いてから、折を見て全体を押し上げるような構え。従って浦和がボールを支配する時間こそ長かったもののC大阪の守備ブロックは微動だにせず、7分遠藤からの縦パス一本で興梠が裏抜けしかかる決定機があっただけ。

・そしてC大阪が最初のCKを活かして先制。故障明けの山村はこの日も空中戦で絶大な威力を発揮し、このCKのチャンスでもニアで山村が田村を振り切って前でボールをスライスさせたところで半ば勝負あり。ファーではヨニッチのマークが完全に外れているという浦和には見慣れた光景が。

・得意のセットプレーでまんまとアウェーゴールを奪うことに成功したC大阪は一層前に出てこなくなってしまいました。浦和は長澤を基点に縦パスを入れ、左右にボールを散らして攻めてはいるが、C大阪の守備ブロックの周りでぐるぐるボールを動かしているだけで全くと言っていいほどシュートが打てず。

・C大阪のカウンターも34分ラファエルのボールロストから一度形になりかかっただけ。第1戦に続いて塩試合のまま前半終了と思いきや、バイタルエリアで遠藤が犯したファウルが仇になって44分丸橋にFKをぶち込まれてしまいました。西川が全く動けなかったのを見ると、丸橋が蹴ることを予想していなかったのかな?

・点取れる気配が全くないのに後半3点取らないといけないという超苦しい展開になって、堀監督はたまらず頭から矢島→武藤、橋岡→森脇の二枚替え。この交代が見事に奏功して右サイドがいきなり勢いづき、48分平川クロス→武藤ヘッドでまず一点。

・その直後C大阪のCKから立て続けにカウンターの好機。いずれも西川ロングキック→ラファエルという単純極まりない形ですが、終わってみれば50分エリア内で平川がフリーになった場面で決められなかったのが惜しまれます。

・完全に浦和ペースになったところでユン監督はスピードがなくてラファエルにやられまくった山下を諦め、ソウザを入れて5-4-1にシフトして火消しにかかるも依然浦和の攻勢は変わらず。浦和はいつもとは若干布陣を変え、武藤が下がってラファエルが前に出て3-4-1-2っぽい感じになっているのが効いている模様。58分長澤→武藤は惜しくも枠外、60分森脇→裏を取った興梠のシュートは角度がなくてわずかに枠外。70分森脇シュートのこぼれ玉をラファエル撃ちきれず。

・ここで堀監督は70分田村→高木の大博打を打ち、投入直後に高木CK→興梠ヘッドでついに同点。

・高木投入後のフォーメーションは阿部が最終ラインに下がりっぱなしで高木左SH、菊池左SBの4-4-2でしょうか。高木投入で左サイドからの攻撃もようやく様になりだし、82分高木がカットイン&ミドルシュートが枠を捉える場面がありましたが、GK丹野がセーブ。浦和も厳しい日程にも関わらず後半頭から飛ばしに飛ばしたせいか攻勢も次第に途切れがちになり、あと1点が奪えずにルヴァン杯敗退となってしまいました。

・結果は残念でしたが後半だけ取ってみれば悪い内容ではなく、リーグ戦に長居でボコボコにやられた醜態を思えば浦和もよくここまで持ち直したものだという気も。ルヴァン杯で得た手応えを続くリーグ戦&ACLになんとか活かしてもらいたいものです。

Dscn2365

-----興梠-----
--ラファエルー---矢島--
菊池-阿部--長澤-平川
-田村--遠藤--橋岡-
-----西川-----

(得点)
48分 武藤
71分 興梠

(交代)
HT 矢島→武藤
HT 橋岡→森脇
70分 田村→高木

・堀監督が不運だったのは第1戦でマウリシオが小破し、ただでさえ頭数の足りないCBの層が一段と薄くなってしまったこと。幸い森脇が戦列に復帰しましたが、いきなり無理はさせられないためか、右「CBに橋岡を入れて最終ラインは第1戦後半と同じ格好に。21歳以下枠を橋岡で埋めたため、気の毒に伊藤はベンチにも入れず。もっとも第1戦の出来を見ればマウリシオが故障しなくても橋岡を使った可能性が高いと思いますが。

・サプライズだったのは右WBに駒井ではなく平川を起用したこと。駒井も調子落ちして久しいため、やむを得ない起用だったのでしょうが、平川はその起用に見事に応えました。平川は個人での仕掛けには全く期待できませんがとにかく森脇とのコンビネーションが秀逸。森脇とボールを動かしながら、お互いにフリーでクロスを入れるタイミングを見計らっているのには感激しました。連戦が効かず、また守備に追われる時間が長いと90分持たないと思いますが、この出来なら今後コンスタントにベンチ入りしても何ら不思議はありません。

・阿部の相方に青木ではなく、堀監督になっても出番のなかった長澤を起用したのも驚き。長澤は前半攻撃の基点となり続け、後半武藤が下がってきたことでやや消え気味になってしまいましたが、ボランチ矢島と大差がない、あるいは守備がある程度計算できる分長澤のほうがマシといった印象を受けました。なんで堀監督の評価が矢島>>長澤なのか実に不思議。長澤のほうがパスレンジが短く、ある程度自分で持ち上がってからバスを出すタイプ(明らかに柏木ではなく、駒井ボランチ系)だとは思いましたが。

・何とも困ったちゃんなのはラファエル。2点ビハインドで気負ってしまったのか、またしても「俺が俺が」に逆戻りしてしまい、好機にわざわざ狭いところに突っ込んでボールロスト&C大阪のカウンターの基点になり続けてしまいました。ユン監督が山下を下げる羽目になった場面に象徴されるように、スペースがあれば活きるタイプですが、浦和のスタイルでは使い方が非常に難しい。スーパーサブが最適で、守備意識が低いことからシャドーが最も不向きだと思いますが、なんで堀監督がシャドーで使いたがるのかは謎。

-----柿谷-----
斧澤---山村---水沼
---木本--秋山---
丸橋-山下--ヨニッチ-松田
-----丹野-----

(得点)
10分 マテイ ヨニッチ
44分 丸橋 祐介

(交代)
54分 山下→ソウザ(木本と山村がCBに入って5バック化)
65分 斧澤→福満
89分 柿谷→澤上

|

« 【観戦記】17年第13節:浦和L 2-0 伊賀 | トップページ | 黒亭@熊本・二本木口電停 ~ 玉子入ラーメン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65749033

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】17年ルヴァン杯準々決勝第2戦:浦和 2-2 C大阪 ~ 後半の猛追も及ばず、アウェーゴール差で敗退:

« 【観戦記】17年第13節:浦和L 2-0 伊賀 | トップページ | 黒亭@熊本・二本木口電停 ~ 玉子入ラーメン »