« 【観戦記】17年ルヴァン杯準々決勝第2戦:浦和 2-2 C大阪 ~ 後半の猛追も及ばず、アウェーゴール差で敗退 | トップページ | ちゃーしゅうりき@西川口 ~ (横浜家系)らーめん »

2017.09.05

黒亭@熊本・二本木口電停 ~ 玉子入ラーメン

001

 熊本市電二本木口電停のすぐ北にある横断歩道を渡って東へ。熊本朝日放送を超えた先にあります。市電の乗客はひと駅手前の熊本駅前でほとんど降りてしまい、二本木口で降りる数少ない乗客のうち観光客風な人はだいたいこの店に吸い込まれるようです(苦笑)。

 9年ぶりの再訪で夕方の中途半端な時間帯にも関わらず先客8、後客8とそこそこの入り。いつもはシンプルな「ラーメン(680円)」を注文していましたが、今回は店お勧めの「玉子入ラーメン(900円)」を注文。店お勧めといってもいかにも観光客向けっぽいメニューで、地元客風の方はほとんどもっとシンプルなメニューを注文していました。

 店内はL字型カウンター7席と4人卓×4、2人卓×2。超人気店なのにテーブルが空いていると一人客でもテーブルを使わせる辺りが珍しい。店内には豚骨臭が強く立ち込めています。

019

 卵黄がなんと2個も乗った派手なビジュアル!自家特製ダレで炊いたチャーシューも4枚乗っていてなかなか賑やか。海苔が水没してぐだぐだになっているのはさすがにどうかと思いますが。

 ここのスープは豚骨ベースながら、焦がしにんにく油を多めに効かせて独特の渋みと香ばしさを出しているのが特徴。もっともスープ自体はビジュアルに反して意外にあっさり目。

 麺は若干細めのストレートで、心持ち硬めの仕上がり。スープの絡みは文句なく、刻みネギ、もやし、きくらげ、そして時折チャーシューも齧りながらまずは基本の味を一頻り堪能。

 店では卵黄をいきなりスープにかき混ぜて食べるのではなく、れんげで卵黄をすくってれんげの中で卵黄を割り溶き、そこに麺などを浸けて食べるのを推奨しています。まるですき焼きのようですが、こうすることで基本の味と卵でマイルドになった味の違いを楽しめます。もやしだけを麺に絡めると、これまたあっさり目の味わいに変わってこれまた一興。

 熊本も地方都市の通弊として美味いラーメン店が郊外に散在しがちになってしまいましたが、味は文句ない上に熊本駅からも気軽に歩いて行けるこの店は非常にありがたい存在です。

|

« 【観戦記】17年ルヴァン杯準々決勝第2戦:浦和 2-2 C大阪 ~ 後半の猛追も及ばず、アウェーゴール差で敗退 | トップページ | ちゃーしゅうりき@西川口 ~ (横浜家系)らーめん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65464703

この記事へのトラックバック一覧です: 黒亭@熊本・二本木口電停 ~ 玉子入ラーメン:

« 【観戦記】17年ルヴァン杯準々決勝第2戦:浦和 2-2 C大阪 ~ 後半の猛追も及ばず、アウェーゴール差で敗退 | トップページ | ちゃーしゅうりき@西川口 ~ (横浜家系)らーめん »