« 雲林坊 川口店@川口 ~ 汁なし担々麺 | トップページ | 源来軒@喜多方 »

2017.10.19

【観戦記】ACL2017・準決勝第2戦:浦和 1-0 上海上港 ~ まさかまさかの完封勝ちで10年ぶり決勝進出!!

・浦和は第1戦をアウェーゴールを一つもぎ取ってのドローで終えているので、第2戦はとにかく相手に得点を許さなければ良いという若干有利な状況でしたが、そこは全くと言っていいほど守備に定評がない浦和。今年は毎試合毎試合失点を重ねに重ね、しかも実にくだらない形で点を取られることが多く、直近の神戸戦でも消化試合然とした塩試合を演じたばかり。

・ゆえに第1戦で得たアドヴァンテージなんてあってないようなもので、浦和は壮絶などつき合いに活路を見出すしかなかろうと思い込んでいたのですが、結果は全く予想だにしなかった浦和の完封勝ち。しかも早い時間帯にセットプレーで先制しただけでなく、その後もカウンターで上海上港に脅威を与え続けた一方、上海上港には前後半とも一回ずつしか決定機らしい決定機を許さず、トータルスコアで2-1。試合内容もタテヨコナナメどこからどう見ても浦和の完勝でした。

・「浦和は我々にボールを持たせてくれたが、スペースを消して守った。彼らの戦術が機能した」と語るビラスボアス監督。普段の惨状を見慣れている者としては「褒め殺し」としか思えないのですが(苦笑)、この日の浦和の守備はほぼ完璧でした。

・興梠とIHの片方がしつこく前からプレッシャー。プレスを交わされると4-5-1で自陣にリトリート。槙野がフッキにマンマークで付いているので、空きがちになる左サイドには武藤が、さらに長澤も下がって穴埋め。ボールを支配されて自陣深くに押し込められがちになった後半立ち上がりは興梠もプレスバックどころか最終ライン近くにまで下がって守備。

・槙野が前半のうちにイエローカードをもらってしまったので、後半はフッキに複数人で対応する場面が目立ちました。ゆえに上海上港はフッキを囮にして他の選手を使う方向、具体的には前半41分にアフメドフ→最前線でフッキポスト→フリーでアフメドフというピンチがありましたが、ああいう形を繰り返し作られていれば浦和は持ちこたえられなかったような気もします。

・ところがどういうわけか上海上港はフッキ個人の局面打開能力に頼り切ったような攻撃に終始。後半唯一の決定機すらフッキのミドルシュートからで、西川が前に弾いたところをエウケソンが詰めるも西川が身を挺して防ぎ、こぼれ玉を阿部が間一髪でクリア。阿部はこのプレーで青島ビール賞だったのかな?

・エウケソンもオスカルも不思議なほど消えてしまい、特にCKを全部フッキが蹴ってしまうのでオスカルは見せ場が全くありませんでした。もっともしっかりボールを回そうとしてもこれまたどういうわけかミスだらけでしたし、シンプルに浦和最終ライン裏を突こうにも上海上港には後方から高精度のパスを出せる選手がいない。

Dscn4033

・甚だ結果論になってしまいますが、上海上港といえども所詮外国人選手の個が強烈なだけで組織性は乏しい。とにかく個が強烈なのでちょっとしたミスは見逃してもらえないけれども、「個」に対して粘り強く対応していればなんとかなる。執拗にぐるぐるボールを回して浦和の守備網を揺さぶるような攻めは仕掛けてこないので、守る側もボールの奪いどころを絞りやすかったかと。ビラス・ボアスって欧州でも定評のある監督のはずですが、そんな監督でも出来上がりはこんなものなのか???

・先制点は11分柏木CKからラファエルがマーク役のアフメドフの前に入って豪快ヘッド!第2戦で早い時間帯に先制した点では昨年のCSと全く同じ。ところが昨年のCSでは先制点を取られたところで鹿島は「とにかく2点取らないといけない」状況にはなんら変わりなかったのでその先制点が全く意味がなかったのに対し、今回の先制点は上海上港の立場を「先制すれば俄然有利」から「2点取らないといけない」に追いやったので実に有意義でした。

・その後も浦和は機を見てカウンターで反撃。引いて守っているだけだと上海上港に一方的に殴られてしまう(第1戦はそれに近かった)ので、手数は少なくともとにかくカウンターをチラつかせることが肝要。実際先制直後の17分遠藤クロス→武藤どフリー(ヘッドは力なく枠外)、68分阿部クロス→興梠ヘッド(GKかろうじてセーブ)、80分武藤クロス→興梠合わせきれずと上海上港よりも得点に近い形を作って逃げ切りに大きく寄与。56分柏木CK→槙野ヘッドがバーを叩く場面も。

・ところがカウンター要員としてラファエルを右SHに配するも結局ラファエルの単騎突破による決定機は作れず。ラファエルなりに守備を頑張っていたので後半早々に消耗してしまい、カウンターの好機で余力が残っておらず、68分にズラタンとの交代を余儀なくされました。先制点をもぎ取ってくれたのでラファエルが悪く言われる謂れはありませんが、完勝だったこの試合でもやっぱりなんでラファエルがスタメンでズラタンがサブなのかよく判らず。

Dscn4034

-----興梠-----
武藤-長澤-柏木--ラファエル
-----青木-----
槙野-マウリシオ--阿部-遠藤
-----西川-----

(得点)
12分 ラファエル

(交代)
68分 ラファエル→ズラタン
82分 柏木→梅崎(梅崎は左SH、武藤がIHに回る)
90+3分 興梠→李

・槙野と遠藤は代表戦明け直後の神戸戦を休ませた甲斐がありました。特にフッキを完璧に封じた槙野の出来は出色。第1戦ではほんのわずかな隙を突かれてしまいましたが、この日はフッキにほとんど仕事をさせず、単なる迎撃機としてなら槙野はJリーグでは最強クラスであることを見事に実証。要するに迎撃機を対地攻撃に使うみたいな、変にあれこれタスクを課すのが間違いだったのか・・・するとミシャスタイル専用機との評価はなんだったのか?

・第1戦で俄然評価を上げた長澤はこの試合でも大活躍。とにかくフィジカルが強い、当たり負けしない選手がIHにいると実に心強い。あのポジションは巧いだけでは全く話にならない。相手も厳しく当たりに来るし、相手のボランチが上がろうとするところには厳しく行かないといけない。自陣でのファウルが多かったのが気になった以外は満点の出来。試合後は名前をコールされ、長澤もついに浦和の子になった気がしました。

・興梠は後半2度の決定機を決められず。神戸戦でも決定機を逃したことを思えば、仙台戦をピークに中断期間を挟んで調子が下降線に入ってしまったのかもしれません。しかし、この試合に関してはあれだけ守備をやっていれば決定機に余力がないのも致し方なく、興梠を責めるのも酷かと。

Dscn4038

・青島ビールはちゃんと試合を見てるなと思いました。とにかく守り倒せばいい浦和がそのミッションを完遂しての勝ちなので、決勝点のラファエルではなく阿部を選ぶセンスに脱帽。でもなぜか表彰の場に綺麗なねーちゃん達はは付いてこず、やって来たのは樹木希林みたいなオバハンでした。これには阿部も思わず苦笑い(ナイナイ)

・フッキはCKの度にちょこちょこ煽りを入れてましたが、どう見てもJリーグを懐かしんで楽しんでいるようにしか見えず。ファウルされたり、したりした後でも浦和の選手と短い会話を交わしていましたし。上手く行かずにイライラする場面もあったけど怒ってる場面はなかったような。

・上海上港に傷んだ選手が出たので審判が止めたのに、ボールを浦和に返さなかった場面だけは「お前ら、上海いなっくかよ!!!」と思いましたが、それ以外はカンフーキックみたいなラフプレーどころか変な挙動は全然なく、試合終了後も妙にサバサバ。やっぱり珍妙なのは韓国の田舎クラブだけなのかな???

|

« 雲林坊 川口店@川口 ~ 汁なし担々麺 | トップページ | 源来軒@喜多方 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65935268

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】ACL2017・準決勝第2戦:浦和 1-0 上海上港 ~ まさかまさかの完封勝ちで10年ぶり決勝進出!!:

« 雲林坊 川口店@川口 ~ 汁なし担々麺 | トップページ | 源来軒@喜多方 »