« 薫堂@御徒町 ~ アゴだし醤油ラーメン | トップページ | 【観戦記】17年第28節:仙台 2-3 浦和 ~ へろへろの選手を酷使して勝つには勝ったが・・・ »

2017.10.01

國分ラーメン食堂@金町 ~ 中華そば・醤油

001_2

 常磐線金町駅北口から徒歩2~3分程度。駅北西の「金町一番街」内。先客8、後客4。

 券売機は無く、入店時にレジにて注文するシステム。メニュー先頭の「中華そば・醤油(720円)」を注文。ランチサービスはなし。メニューは他に中華そば・塩、鶏そば(醤油・塩)、つけそばなど。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター6席と4人卓×1。水セルフ。卓上には胡椒と一味だけ。店主どころかアシスタントの女性も恰幅が良くて厨房がやたら狭く見えました(苦笑)。

 開店直後にどっと先客がやってきたようで誰も食べておらず、しかも2杯ずつしか作れないようなので20分くらい待たされてようやく登場。

004

 スープはかえしは控えめに、鶏ベースと思しき出汁がじっくり味わえるあっさり系。表面の脂は程よくコクを加える程度。底のほうにわずか柚子皮。この出来ならついつい飲み進んでしまいます。スープが美味いので麩を浮かべたくなるのも道理。

 麺は太め、かつ手揉みの強い縮れ入りで、水気の多いつるつる、もっちりしたタイプ。この麺だとスープに対して少々強すぎる印象を受けました。大盛りを注文している客もいましたが、それだといかにもスープとのバランスが完全に崩れそう。

 麺とスープのバランスがもう一つなので、味がしつこくない程度にしっかり煮込まれてトロトロのチャーシューや鶏つくねで旨味を補完しながら食べ進むのが良さげ。ただ鳥つくねに黒胡椒をまぶすのは蛇足感ありあり。

 他に穂先メンマ、かいわれ、刻みネギ。

 細かい難点はありますが、この出来なら人気になるのも納得。

|

« 薫堂@御徒町 ~ アゴだし醤油ラーメン | トップページ | 【観戦記】17年第28節:仙台 2-3 浦和 ~ へろへろの選手を酷使して勝つには勝ったが・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65741328

この記事へのトラックバック一覧です: 國分ラーメン食堂@金町 ~ 中華そば・醤油:

« 薫堂@御徒町 ~ アゴだし醤油ラーメン | トップページ | 【観戦記】17年第28節:仙台 2-3 浦和 ~ へろへろの選手を酷使して勝つには勝ったが・・・ »