« きかわ@川口 ~ 親子丼 | トップページ | 【観戦記】ACL2017・準決勝第2戦:浦和 1-0 上海上港 ~ まさかまさかの完封勝ちで10年ぶり決勝進出!! »

2017.10.18

雲林坊 川口店@川口 ~ 汁なし担々麺

003

 川口駅東口コモディイイダ前、「珍来」の横。「大門」の跡地に出来た店で先客4、後客8~9。「雲林坊」は都内の店で何度か食べたことがあり、「クォリティーは悪くはないけれども割高な店」というのが個人的な評価。激安中華料理屋だらけの川口で、ライスを付けると1000円を超えてしまうような価格設定ではお話にならないのでしばらく放置していましたが、「川口価格」に抗えずにとうとう大盛/ライス無料サービスを始めたのに気づいてようやく往訪。

 店外の券売機で「汁なし担々麺(880円)を注文。他に「汁あり担々麺」、「麻婆豆腐かけタンメン」、「海老と生海苔入り葱油かけ塩タンタン」など。注文は「汁あり」が優勢。

 食券を渡しても大盛/ライスサービスは店のほうからは特に聞いてきませんので、こちらから積極的に「ライス」を申し出。後客も大盛りを頼んでいるいる人が一人いただけ。また辛さや痺れの調節が可能なことに退店時になって気づきましたが。これらも店のほうからは特に聞いてきませんでした。あんまり客の細かい注文に応えようという姿勢が見受けられないのは残念至極。

 店内は「大門」とほとんど変わっておらず、厨房に向かって縦長カウンター6+2席と4人掛けテーブル2卓、2人掛け2卓。

001

 楕円形の浅い丼を斜めにすぱっと斬ったような変わった皿で登場。麺の上にはひき肉とナッツがどっさり。青菜が少々。丼の底にタレが溜まっているので一頻りまぜまぜ。

 麺は太目のほぼストレート系。どういうわけか食べ始めは担々麺としてはどうかと思われるほどゴワゴワと硬くて参りました。食べ進んでいるうちにタレに麺が馴染んできたのかわずかにもっちりしたような噛み応えに変ってゆきましたが、最初の悪印象は拭えず。

 タレが多めな割には担々麺としては拍子抜けするくらいに辛さも痺れも強くなく、ナッツや花椒が効いているのを除けば見た目的にも味わい的にも油そばのような感じがします。またゴマだれっぽい甘みは全く感じられず、代わりに酸味が強いのが特徴。これはこれで悪くは無いのですが、正直タレは濃すぎ。味が濃すぎてライスをつけてようやく食べやすくかなといったところ。量的にはライスを付けなくても十分でしたが。

 この出来だと「汁あり」のほうが無難そう。でも、それ以前に川口で長持ちするかなぁ???

|

« きかわ@川口 ~ 親子丼 | トップページ | 【観戦記】ACL2017・準決勝第2戦:浦和 1-0 上海上港 ~ まさかまさかの完封勝ちで10年ぶり決勝進出!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65671033

この記事へのトラックバック一覧です: 雲林坊 川口店@川口 ~ 汁なし担々麺:

« きかわ@川口 ~ 親子丼 | トップページ | 【観戦記】ACL2017・準決勝第2戦:浦和 1-0 上海上港 ~ まさかまさかの完封勝ちで10年ぶり決勝進出!! »