« キッチンオニオン@川口(2) | トップページ | よつ家@竹ノ塚 ~ (横浜家系)ラーメン »

2017.10.15

【観戦記】17年第29節:浦和 1-1 神戸 ~ これぞ、まさしく消化試合(´・ω・`)

・試合開始早々にまたしても安い、安すぎる形で先制されるお馴染みの展開。なんとか同点に追いついたものの内容は攻守ともにさっぱり。終盤逆転勝ちの好機が2、3度ありましたがいずれもモノに出来ず。もっとも神戸の出来も低調で、ハイプレスが嵌っている分浦和よりマシでしたが、ボールを奪った後は何事も起こらず決定機は僅少。いかにも優勝どころかACL圏入りすら遠く、残留争いにも無縁というチーム同士の消化試合といった内容で、スタジアムが沸き返る場面は甚だ少なかったかと。

・堀監督就任後初めて試合間隔が大きく開いたので、練習を積んで何かしら成長の跡が見受けられるかと思ったのですが、どうもその期待もあっさり裏切られたみたいで。この試合で一番衝撃的だったのは神戸のハイプレスに対して浦和が満足にボールを繋げなくなってしまったこと(特に前半)。逆に浦和が前からボールを奪いに行っても奪いきれず、神戸にボールを回される時間帯が思いの外長く続きました。神戸にボールを回されて浦和が右往左往する羽目になるとはミシャ時代にはまるで考えられなかった展開。たった2ヶ月半でここまで酷くなるとは・・・

・堀監督に「ここんとこ、ちょこちょこっと修理してくれ!」って頼んだつもりが全パーツきれいに分解され、しかも全く組み立てられなくなって途方に暮れている状態に近いでしょう、もはやこれは。パーツ単品でも強力なのがあるので下位チームにはなんとか勝てるけれども中位チームには引き分け止まり。上位チームには手も足も出ない。実に判りやすい戦績が今の浦和の状態を雄弁に物語っています。

・この試合で「良かった探し」をすれば堀監督が代表組をちゃんと温存したこと。遠藤はベンチスタートで槙野にいたってはなんとベンチ外。仙台戦で故障持ちの柏木を無理使いしたくらいなのでこの試合でも代表組を酷使しかねないなと懸念していましたが、さすがに堀監督もここは中3日で迎えるACL上海上港戦にプライオリティーを置いてきました。

・右SHラファエルに代えてズラタンを起用した意図は計りかねますが、この入れ替えも「良かった探し」に入れて良いでしょう。少なくともズラタンの守備はラファエルよりずっとマシですし、しょーもないボールロストも少ない。縦への突破もある程度期待できる。「一人で出来た!」が期待できる一方数々の問題点を抱えているラファエルは終盤のスーパーサブ的な使い方が望ましいように思えます。また81分ラファエル投入後は武藤が右SHに回って4-1-3-2になっていたように見えましたが、ラファエルをFWで使うのもより妥当な策だと思いました。

・代表組温存自体は極めて妥当な策だと思いますが、大誤算だったのは槙野の代わりに左SBで起用された宇賀神が全く使い物にならなかったこと。怪我で長期離脱していた上に4バックのSB自体久しぶりという言い訳はあろうかと思いますが、それにしても酷すぎました。失点は神戸のゴールキックに対して宇賀神が小川に競り負けて裏を取られるという大失態から。その後もパスミスは連発するわ、対面の相手に簡単に振り切られるわと散々。左SBとしての槙野の出来がさっぱりなので巷では宇賀神待望論が巻き起こっていましたが、それがこんな無残な形で打ち砕かれるとは・・・

・一応矢島のゴールに絡んだとはいえ、宇賀神のあんまりな不出来には堀監督も堪らず前半だけで見切りをつけて平川を投入。左SBなんて遠い昔にやったっきりで宇賀神よりさらに難しい状況だったはずですが、平川はなんとか大過なく勤め上げてひと安心。さすがに平川に攻撃参加まで求めるのは酷でしょうし、スタメンで出来るレベルとも思いませんが、ここまで左SBの人材難が明白なのに堀監督が4-1-4-1に固執するのがそもそも不可解極まりない。

・一方遠藤に代わって起用された森脇は守備が怪しい反面(87分ポドルスキをフリーにした時は死ぬかと思った)、攻撃にはそれなりに関与といかにも森脇らしい出来。ズラタンと縦の関係で組むのは初めてでしょうが、案外連携もよさげ。18分森脇クロス→興梠、88分森脇クロス→興梠と2度決定機を演出し、この出来なら遠藤と比較して調子の良いほうを使うというやり方はありだろうと思いました。

・またIHには矢島が復帰し、一応超久しぶりに浦和でのゴールを記録しましたが、相変わらずあえて矢島を起用する必然性は見いだせない出来で、69分に梅崎と交代。ところが梅崎の出来も芳しくありませんでした。梅崎はむしろSHのほうがマシと見受けられる一方、IHが適任の武藤をなんでわざわざSHに置き、むざむざと得点源をゴールから遠ざけるのか、これまた堀監督の不可解極まりないところ。

・守備に回った時に前からプレッシャーをかけてもたいして嵌らないので左SHが最終ラインに下がり、IHや右SHも位置を下げて5-4-1になっている局面が結構ありますが、そうなった時に左SHが梅崎や高木では守備が不安過ぎるので武藤を使っているという超本末転倒なのか???

・現状多くを期待できない出来で甚だ頼りない代表組とはいえ、代表組を温存できたのが唯一の収穫らしい収穫だった消化試合然とした塩試合。2週間空いてもこれといった上積みは感じられず、むしろ着実に壊れつつあるような状態でACL上海上港戦を迎える羽目になってしまいましたが、そんな状態でも「火事場の馬鹿力」が出せるのが浦和だと信じて埼スタへ向かいます(`・ω・´)シャキーン

Dscn3932

-----興梠-----
武藤-矢島-柏木--ズラタン
-----青木-----
宇賀神-マウリシオ-阿部-森脇
-----西川-----

(得点)
19分 矢島

(交代)
HT 宇賀神→平川
69分 矢島→梅崎
81分 ズラタン→ラファエル

・良い形でボールを奪えず、前半はボールキープすらままならないので興梠は終始孤立気味。ゆえに神戸が興梠を潰しやすい側面はあったかと思いますが、興梠の出来は芳しくなくていつものような鬼キープは見受けられず、決定機もすべて外してしまいました。特にAT突入直後のGKキム・スンギュのパスミスで得た絶好機を決められなかったのには脱力。

・故障明けの青木の出来もこれまた良くはなく、14分には自陣深い位置でパスカットされて大ピンチも! 青木の無理使いが上海上港戦に祟らなければ良いのですが。

Dscn3933

--ポドルスキ--渡邉---
大森--------小川
---藤田--高橋秀--
三原-渡部-岩波--藤谷
-----キムスンギュ----

(得点)
4分 小川

(交代)
64分 大森→田中順
83分 三原→高橋峻
85分 渡邉→大槻

・神戸は前半を中心にハイプレスが嵌りに嵌っていたにも関わらず、結局のところシュート数も決定機も浦和に凌駕された印象で、こちらもさほど褒められた出来とは思えず。ポドルスキが自由に中盤を浮遊し、そこから高精度のパスを繰り出せるのが強みといえば強みですが、ポドルスキが下がってしまうとフィニッシャーがおらず、何だかんだと最後に体を張ってくる浦和守備陣を崩せない。こちらも現状では中位から抜け出せそうにないような気がしますが、浦和と違って来年もとんでもない補強がありうるクラブですからねぇ・・・

・この日の観客は29,931人と鳥栖戦に続いて3万人割れ。もっとも神戸戦の観客数は例年多くはなく、昨年(6/25/土)も29,462人と今年と似たようなもの。ポドルスキの集客力って皆無に等しいみたいで(苦笑)。使い道が間違っているのかもしれませんが、あれだけ金払ってあの出来だと割に合いませんなぁ・・・

|

« キッチンオニオン@川口(2) | トップページ | よつ家@竹ノ塚 ~ (横浜家系)ラーメン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65919300

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】17年第29節:浦和 1-1 神戸 ~ これぞ、まさしく消化試合(´・ω・`):

« キッチンオニオン@川口(2) | トップページ | よつ家@竹ノ塚 ~ (横浜家系)ラーメン »