« いちまる@長岡 ~ 越後長岡生姜醤油ラーメン | トップページ | 麺屋 清@東長崎 ~ (濃厚鶏魚介系)清そば »

2017.11.21

雨ニモマケズ@十条(2) ~ 蟹らーめん

007

 十条駅の西「十条銀座・西通りアーケード街」から続く仲通り商店街内。2年半ぶりの再訪。先客2、後客6。

 店内の券売機ボタン先頭は「つけめん」でしたが、2段目の「蟹らーめん(800円)」を注文。ランチサービスはありませんが、学生には終日中盛りorライス無料サービス。

 他に「鶏そば(醤油・塩)」も。また往訪時には期間限定で「重ね昆布水のつけそば」を提供しており、それを注文している客も2、3人いました。

 店内はL字型カウンター10席で若干手狭。水セルフ。客入りの割には厨房内は店主だけでちょっと大変そう。

005

 わずかにとろみがついたスープは「殻ごと粉砕したワタリガニ強火で炊き上げたスープを濃厚鶏白湯スープをブレンド」したとのこと。海老とか蟹とか甲殻類を売り物にした店はもはや珍しくなく、しかも往々にしてその味わいが前面に出過ぎて食べ手を選ぶくらいになってしまう店が少なくない中、ここはバランス感覚に優れ、万人受けする出来に仕上がっています。とは言っても、蟹が卓越していて鶏白湯は下支えの役回りに。

 また味噌ダレに甘口の信州味噌と中辛の越後味噌をブレンドしたようですが、前者の味わいが強いのか、スープは甘目。蟹の味わいと相まってともすればくどくなりそうなところを茹でキャベツや刻みタマネギが上手く救っています。チャーシューの上に生姜がちょこんと乗っていて、途中でこれを崩すと蟹っぽさが後退して味わいがマイルドになり、その変化を楽しむのも一興。

 麺は心の味食品製で太目のストレート麺。硬くはないもののしっかりとした噛み応えのある麺でスープとの相性も文句なし。麺量は150gとのこと。

 柔らかくて淡白な味わいのチャーシューはこのラーメンには合わないというか、ちょっと浮いた感じ。他に大ぶりのメンマ、海苔。

 レギュラーメニューでも年を重ねるにつれて味わいを変えているみたいなので、次は「鶏そば」で。

|

« いちまる@長岡 ~ 越後長岡生姜醤油ラーメン | トップページ | 麺屋 清@東長崎 ~ (濃厚鶏魚介系)清そば »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/65768963

この記事へのトラックバック一覧です: 雨ニモマケズ@十条(2) ~ 蟹らーめん:

« いちまる@長岡 ~ 越後長岡生姜醤油ラーメン | トップページ | 麺屋 清@東長崎 ~ (濃厚鶏魚介系)清そば »